闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団交決裂! 新たな闘いに突入!

宮本市長による不当解雇に対する闘いは、団体交渉で、習志野市当局が解雇撤回を拒否して新たな闘いに入りました。
詳しくはユニオン習志野のホームページを見て下さい。
社会的注目も高く、『東京新聞』『朝日新聞』『読売新聞』『千葉日報』『毎日新聞』で報道され、『東京新聞』と『朝日新聞』は3回も報道しています。
宮本市長は、「障がい者差別ではない。能力によって解雇した」とほざいてますが、たった1人の人間の主観的評価で解雇した事は許し難い事であり、こんな事は絶対に通用しません。まして、障がい者枠で採用した青年を大切に育て、共に働き、共に生きていくのではなく、たった数ヶ月で仕事を奪い、放り出した事は絶対に許せません。
解雇撤回まで闘いぬきましょう!
スポンサーサイト

習志野市長は、Aさん不当解雇を撤回せよ!

ユニオン習志野が不当解雇撤回闘争にたちあがっています。機関紙6号、7号、8号に詳しく書かれています。
8号は、Aさん不当解雇撤回を求める団体交渉の報告です。

ユニオン習志野の機関紙第6号が発行されました

ユニオン習志野の機関紙第6号が発行されました。
近日中に第7号、第8号も更新される予定です。

習志野市では、障がい者枠で採用されたAさんが不当解雇される大事件が発生し、ユニオン習志野が解雇撤回闘争を始めています。詳しくは、ユニオン習志野のホームページを見てください。

ユニオン習志野の機関紙第5号が発行されました

ユニオン習志野の機関紙第5号が発行されました。
団体交渉報告です。
リンクからアクセスしてみてください

ユニオン習志野機関紙第4号が発行

ユニオン習志野の機関紙第4号が発行されました。
2016年春闘要求を市当局に提出し、団体交渉が行われます。
リンクからアクセスしてください。

ザ・ドキュメンタリー【追跡!ニッポンの過激派 “革命戦士”になったオレ】

 昨日の民主労総ゼネスト連帯集会で、全学連の坂野書記長から告知がありました

ザ・ドキュメンタリー【追跡!ニッポンの過激派 “革命戦士”になったオレ】
過激思想に走るニッポンの若者!閉塞感・格差?「絶望の国」で権力に社会に刃向う若者たちの衝撃実態に迫る!!.

2015年12月20日(日) 26時35分~27時05分 テレビ東京

※日曜日の深夜です。間違えないようにしましょう。

ユニオン習志野の機関紙第3号が発行されました

ユニオン習志野の機関紙第3号が発行されました。
ユニオン習志野のホームページから見ることができます。

ユニオン習志野の菊池委員長インタビュー

ユニオン習志野の菊池委員長インタビューがユニオン習志野のホームページに載っています。是非、読んでみてください。リンクで「ユニオン習志野」で見ることができます。

ユニオン習志野のホームページができました

ユニオン習志野のホームページができました。
まだ作成段階ですが、ユニオン習志野の機関紙などが見れます。
http://www.geocities.jp/unionnarashino/

ユニオン習志野のブログが開設!

 今年7月24日に結成された「ユニオン習志野」のブログが開設されました。
 http://unionnarashino.blog.fc2.com/

SEALDs暴力隊の動画


9・6徳島刑務所包囲闘争が大成功!

201509061638376b3.jpg
デモの前に集会。向こうに徳島刑務所が見える

20150906164014749.jpg
徳島刑務所を一周する包囲デモ。
参加者は700人を超えた。
「星野さーん! みんなで迎えに来ましたよー!」
「無実の星野さんを今すぐ釈放しろ!」
星野さんに声は届いたと思います。星野さんと一体になった闘争でした。
星野さんのように絶対反対を貫いて闘おう!

被曝労働絶対反対・帰還強制反対! 8・29いわき闘争!

201508291442061ca.jpg
8・29いわき闘争!
常磐線全線開通絶対反対!
楢葉町の帰還強制阻止!
被曝労働絶対反対!

明日は、安倍打倒! 国会包囲闘争!
10時、日比谷公園霞門
12時、衆議院第二議員会館前
集合です!

SEALDsの正体(動画)



 まるでゴロツキ! 

許しがたい! 習志野市の危機管理監が安保法制賛成でテレビ出演!

 7月14日のニュース23に、習志野市の元自衛官・太田清彦危機管理監が安保法制に賛成して出演していました。憲法違反の安保法制に賛成し、しかも習志野市危機管理監として登場することなど、断じて許せないことです。

習志野2
習志野市 危機管理監 太田清彦さん と紹介される!



習志野1
イラク侵略派兵に行ってきた侵略実績を語る許し難さ! イラク侵略派兵を光栄なんて思っていないぞ!


習志野3
安保法制について質問され・・・・


習志野4
自衛隊の活動の幅を広げるべきだと、安保法制に賛成を表明!


習志野5
自衛隊の侵略派兵が意味があることだとぬかす戦争屋

 安保法制に賛成し、自衛隊の侵略派兵を積極的に訴える人間が、習志野市の危機管理監をやっている。
 習志野市危機管理監を名乗って、憲法違反の自衛隊海外派兵を訴えるのを許せるか!
 宮本市長も事前にOKしたと思われる。
 ついに習志野市は、戦争賛成の立場に転落した。
 戦争絶対反対の労働組合をつくろう! 安保法制=戦争法案を粉砕しよう!

安保戦争法粉砕! 7・5大集会は1530人の大結集!

2015070623001324c.jpg
安倍政権打倒!

本日、市東さんの農地取り上げの反動判決弾劾!

20150612144811a19.jpg
本日、三里塚反対同盟の市東さんの農地取り上げ裁判の東京高裁判決が行われ、控訴棄却の反動判決が行われました。市東さんの農地を強奪して良いという決定です。しかし、最高裁判決を待たずに市東さんの農地を強奪しても良いという仮執行決定は下せませんでした。
反動判決を弾劾し、市東さんの農地を守り抜こう!

安保戦争法案絶対阻止! 6・9全国集会へ!

※今朝、千葉労働組合交流センター自治体労働者部会の仲間が『団結ニュース』第90号を習志野市役所前で配布したので紹介します。

安保戦争法案絶対阻止! 安倍政権を倒そう!
6・7全国労働者総決起集会に結集を!
6月7日(日)12時30分から 東京・日比谷公会堂

 自衛隊によるあらゆる武力行使(戦争)を可能にする安保関連法案の国会審議が行われています。
 安保関連法案は、憲法第9条を踏みにじり、日本が全面的な戦争に突入する戦争法案です。
 日本の戦後70年を根本からひっくり返し、「戦争する国」へと大転換する歴史の分岐点です。絶対に廃案にしなければなりません。
 6月7日(日)、動労千葉など闘う労働組合が呼びかけて、全国労働者総決起集会が行われます。安保戦争法案を叩きつぶすために大結集しよう!

■存立危機事態を宣言すれば戦争が可能に

 安倍政権が国会に提出した安保戦争法案は、計11法案で構成され、「平和安全法制整備法案」と「国際平和支援法案」にまとめられています。
 安倍首相は、「戦争法案などという無責任なレッテル張りは誤りだ」と言い、法案の名称に「平和」がついていますが、内容は誰が見ても戦争法案そのものです。
 安保戦争法案の核心は、政府が「存立危機事態」を宣言すれば、自衛隊による武力行使が可能になっていることです。「存立危機事態」とは、「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態」のことです。
 「存立危機事態」は抽象的な概念で、どうにでも解釈できるし、政府が「国の存立が脅かされた」「国民の生命が脅かされる危険がある」と勝手に判断すれば、あらゆる戦争が可能になるのです。
 実際、この間の国会答弁で、安倍首相は「電力不足も存立危機事態」と言っています。

■労働者人民の絶対反対を恐れる安倍首相

 安倍首相は、「自衛隊がかつての湾岸戦争やイラク戦争に参加するようなことはけっしてない」「自衛隊は他国の領土、領海、領空で武力行使はしない」「例外的に中東のホルムズ海峡での機雷掃海を行う場合がある」と言います。
 安倍首相は、安保戦争法案が成立しても、日本は戦争しないかのように言います。これは大ウソです。安倍首相は、労働者人民が安保戦争法案に反対して立ち上がることに恐怖しているのです。
 安保戦争法案を読めば、存立危機事態を認定すれば、自衛隊による武力行使=戦争が可能となっているだけで、「他国の領土では武力行使はできない」とか「空爆はやってはいけない」と言った禁止事項などは一切ありません。どのような戦争をやるかは、政府の判断で決められるのです。

■日本が主体的に戦争する安保戦争法案

 安倍首相は、「アメリカの戦争に巻き込まれることは絶対にありえない」と言います。これを言い換えれば、安保戦争法案はアメリカが世界中でやっている侵略戦争を日本が主体的に支援し、他国への武力行使も日本の判断で主体的にやるということです。
 
■「自衛戦争」の論理であらゆる戦争が可能に

 安保戦争法案では、政府が存立危機事態を認定すれば、自衛戦争の論理で戦争することになります。機雷掃海や他国への後方軍事支援はもとより、他国の基地を攻撃することや空爆作戦など、存立危機事態を宣言すれば自衛隊によるあらゆる武力行使が「自衛戦争」としてやれる仕組みになっているのです。
 
■「日本国民を守る」の大ウソ
 
 安倍首相は「日本が武力を行使するのは日本国民を守るためだ」と言います。これは戦争をやるための口実であり、真実ではありません。
 戦争は、労働者を支配している資本家や、資本家の利益を守る国家を守るために行われるのであり、労働者にとって戦争は一ミリも利益などありません。むしろ、他国の労働者と殺し合いをさせられ、戦争によって命を失い、生活が破壊されるのは労働者人民です。
 アジア侵略戦争と第二次世界大戦でも、天皇や財閥(資本家)の利益のために、労働者人民が犠牲になりました。
 安倍首相は、再び「戦争のできる国」にして、労働者人民を戦争の地獄に引きずりこもうとしています。
 安倍政権がやっている沖縄辺野古新基地建設、福島県民切り捨てと原発再稼働、労働法制改悪による8時間労働制解体・残業代ゼロ・過労死促進などを見れば、安倍政権が「日本国民を守る」どころか、労働者人民に犠牲を押しつける政権であることは明らかです。
 労働者人民は、安倍や資本の利益のための戦争に絶対反対し、むしろ安倍政権や資本を打倒して、労働者が主人公の新しい社会をつくることが求められています。
 
■迫りくる日本経済の大崩壊

 アベノミクスで、年金積立金、ゆうちょ銀行やかんぽ生命の資金、公務員の共済基金など、あらゆる公的資金(私たちが積み立ててきたもの!)を株式運用につぎ込み、株価だけを釣り上げている安倍政権。
 すでに、株価の時価総額は、バブル期の最高値を超える水準になり、株価と国債の暴落は時間の問題です。日本経済の大崩壊は目の前です。
 日本経済の大破局を前に、再び戦争のできる国となって、かつての大惨事をくりかえし、労働者人民の生活と命を破壊しようとする安倍政権。
 今こそ労働者人民が怒りをもって闘いにたちあがる時です。
 
■ストライキを闘う労働組合をつくりだそう!

 韓国では、民主労総という労働組合のナショナルセンターがパククネ政権打倒を掲げて、ゼネラルストライキに突入しています。
 4月の第1波ゼネストには27万人の労働者がストライキに決起しました。
 第2波ゼネストは韓国鉄道労組も加わり6月末から7月冒頭に闘われます。
 この韓国鉄道労組の仲間が動労千葉の呼びかけに応えて、6月7日の全国労働者総決起集会に参加します。
 今こそ、国境を越えた労働者の団結で戦争を止めよう。韓国の労働者のように日本でもゼネストをやろう。
 そのためにも、ストライキを闘う労働組合をつくりだそう。労働者の生活と雇用を守り、民営化や非正規職化に反対し、戦争を絶対に許さない労働組合を習志野市につくりだそう。
 職場から6・7全国労働者総決起集会に集まり、習志野市に闘う労働組合をつくりだそう!

5・17沖縄県民集会は3万5千人の大結集!

201505182007422de.jpg
観客席は埋まり、人があふれた。

20150518200744bf5.jpg

20150518200739134.jpg

20150518200740d65.jpg
県民大会後、デモに出発!

20150518200737ae9.jpg
長蛇のデモ隊!

県民大会参加者に6・7国鉄集会を呼び掛けるビラなど三種類のビラが総計5万枚も配布されました。
革共同の機関紙『前進』も数十部売れてました。
デモに手を振る人、沿道からデモに合流する人多数!
ゼネストで安倍を打倒し、全ての基地を撤去しよう!

「復帰43年」5・16沖縄集会!

20150516200946cb4.jpg
三里塚反対同盟の萩原富夫さん


2015051620094571a.jpg
基調提起を行う沖縄の青年労働者

JR東日本でまたも事故

東北新幹線の高架橋からコンクリ片が落下

日本テレビ系(NNN) 5月7日(木)19時12分配信
 7日朝、宮城県大崎市の東北新幹線の高架橋からコンクリート片がはがれ、下の農道に落下しているのが見つかった。ケガ人はいなかった。

 コンクリート片が落下したのは、大崎市三本木の東北新幹線の高架橋。JR東日本によると、はがれ落ちたのは防音壁のコンクリートのうち、幅40センチ、高さ50センチの部分で、重さは約9.7キロ。7日午前8時頃、近くを通った人が落下したコンクリート片を発見した。ケガ人はなく、新幹線の運行にも問題はなかったという。

 JR東日本では、防音壁のコンクリート内に入りこんだ水が凍結し膨張したことが原因とみている。この場所を去年7月に定期点検した時には問題はなかったということだが、JR東日本では高架橋の下を人が通る場所については今月末までに緊急点検するという。.

事故おこした熊倉商店社長  市の防犯協会会長だった!

※今朝、千葉労働組合交流センター自治体労働者部会の仲間が『団結ニュース』第89号を習志野市役所前で配布したので紹介します。

習志野市の清掃労働者死亡事故
事故おこした熊倉商店社長
市の防犯協会会長だった!


 半年たっても「警察による捜査中」

 昨年10月に習志野市で起きた清掃労働者死亡事故から半年がたちました。死亡事故の原因を明らかにし、死亡事故を起こした熊倉商店を処分するのは当然のことです。
 しかし、死亡事故から半年も経過するのに、習志野市の宮本市長は「警察による捜査中」を理由にして、いまだに事故原因を明らかにしていません。
 死亡事故を報道した『朝日新聞』(昨年10月31日)では、「習志野署は禁じられているステップ乗車をして転落した可能性があるとみて、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)も視野に調べている」とあります。
 ここまで具体的に報道された以上、事故原因はすぐに公表されると思っていました。

 「事故原因が不明」という不思議

 ところが、事故の原因は公表されず、月日だけがすぎていきました。
 私たちはステップ乗車による死亡事故を前提に、労働災害の問題、習志野市と習志野市資源回収協同組合との利害関係、死亡事故を起こした熊倉商店の社長が宮本市長の後援会長であることなどを問題視し、追及してきました。
 様々な利権構造が明らかになるうちに、「事故原因は誰が見ても明らかなのに、なぜ事故原因を公表しないのか」という疑問が生じました。
 この点の調査を進めてきました。

 防犯協会会長が「法律違反で死亡事故」はまずいということか?

 重要な事実が明らかになりました。
 死亡事故を起こした熊倉商店の社長は、習志野市の防犯協会会長であるということです。
 防犯協会会長が法律違反のステップ乗車をやって死亡事故を起こしたとなれば、習志野市を揺るがす大問題です。
 だから、法律違反のステップ乗車をやっていたかも不明(「捜査中」)という扱いにし、事故を起こした熊倉商店は行政処分も逮捕も書類送検もしないということではないのか?
 死亡事故は永久に「捜査中」となり、宮本市長は「捜査中」を理由に、自分の後援会長である熊倉商店を処分もしないし、ゴミ収集の委託をし続けて、甘い汁を吸い続ける関係を続けるということではないのか?
 こう考えると「死亡事故の原因を公表しない」という説明がつきます。
 『朝日新聞』の報道がなければ、事故が起きたことすら、表に出なかったかもしれません。

 労働者がいるから現場がまわる!

 私たちは、死亡事故問題をあいまいにすることはできません。
 習志野市で働く全ての労働者が人間が生活する上でなくてはならない重要な仕事をしており、一人一人が決定的な存在です。仕事における安全を守り、労働者が生き生きと働ける職場をつくることが必要です。
 清掃労働者の死亡事故に限らず、職場は長時間労働、人員不足、パワハラなどが起きており、メンタルになって休職、退職になる労働者も少なくありません。労働者をないがしろにしたあり方が、清掃労働者の死亡事故にまで行き着いたと思います。
 宮本市長は「5分でできる仕事を4分で」などと、さらに労働強化をあおることを平気で言います。
 しかし、現場を動かしているのは習志野市で働くすべての労働者です。宮本市長がいなくても現場は動きますが、労働者がいなければ習志野市は一日たりとも成り立たないのです。

 労働者の命を守る労働組合を!

 韓国の労働組合のナショナルセンターである民主労総は、4月からゼネラルストライキにたちあがります。
 労働者がストライキに立ち上がった時、社会を動かしているのが誰なのかがはっきりします。
 労働者が胸をはって生き生きと働ける職場をつくるためにも、労働者が団結して闘う本物の労働組合が必要です。死亡事故問題を決してあいまいにせず、労働者、安全、雇用を守る本物の労働組合をつくりだそう!

4・5動労神奈川結成集会を開催!

201504061514539a5.jpg
4月5日、動労神奈川結成集会が172人の結集でかちとられました。
組合結成に対して、一ヶ月の雇い止め解雇を言ってきたJR関連資本に対して、ストライキを闘い、雇い止めを粉砕する大勝利をかちとりました。
写真で発言している人がストライキに立ち上がった動労神奈川の青年労働者。

人事課Nさんの一年間雇用をかちとったぞ!

 再任用で働く人事課のNさん。再任用は、普通は1年間の雇用ですが、昨年1年間は、宮本市長によるパワハラによって、6カ月、3カ月、3カ月の細切れでの雇用が続きました。退職勧奨のパワハラです。
 パワハラを許さないビラをまいて闘ったところ、2015年4月から1年間の雇用をかちとりました!
 大勝利!
 労働者の雇用と安全、命を守る労働組合をつくろう!

「安全管理が足りなかった」ことすら認めない宮本市長

※3月13日、千葉労働組合交流センターの仲間が習志野市役所前で『団結ニュース』第88号を配布したので紹介します。

習志野市の清掃労働者死亡事故

「安全管理が足りなかった」ことすら認めない宮本市長

 昨年10月に習志野市で起きた清掃労働者死亡事故から5ヶ月がたちました。3月の習志野市議会でも、死亡事故についての質疑が行われています。
 「今回の事故で安全対策に問題があったのではないか?」との質問に、石井クリーンセンター所長が「今回の事故については、安全管理の部分で足りなかった所はあると考えております」とと答弁しました。この認識は重要です。

宮本市長がクリーンセンター所長の答弁を訂正!

 ところが! 宮本市長がたちあがり、「今のは訂正でございます。まだ原因が特定されておりません」と答弁し、担当部署の責任者も認めた「安全管理の部分で足りなかった所はある」という考えを訂正=撤回したのです。
「安全管理が足りなかった」という答弁を訂正する必要などあるのでしょうか。事故の原因が何であれ、労働者が仕事中に事故を起こし、亡くなっているのです。誰が考えても、安全管理が足りなかったのは明らかです。それとも、宮本市長は「安全管理は十分されていた。労働者が勝手に死んだんだ」とでも言いたいのでしょうか。

ステップ乗車が死亡事故の原因だ

 清掃労働者死亡事故で、一番最初に報道した『朝日新聞』では以下のように書かれています。
「ごみ回収中事故 男性作業員死亡 習志野、ステップ乗車か」
「作業員2人が資源ごみを収集車で回収していた際、この男性作業員が車から離れた後ろで倒れているのを、運転手の作業員(60)が発見した。病院に搬送されたが、頭を強く打っていて15日に死亡したという」


 この記事から読み取れるのは、数日後に死亡するほど頭を強打する事が起きたということです。また、ゴミ回収の移動に際して、死亡した男性は助手席に乗って移動していなかったということです(車から離れたところで倒れていた)。『朝日新聞』が小見出しで出しているように、道路交通法で禁止されているステップ乗車を行い、収集車に振り落とされて、頭を強く打ったと考えるのが普通です。運転手から事情を聴けばすぐにでもわかる話です。

宮本市長は、労働者の命より後援会長の方が大切なのか?

 宮本市長が「安全管理が足りなかった」ということすら認めようとしないのは異常としか言いようがありません。
ここには死亡事故に対する反省や、労働者が亡くなっていることへの痛苦な思いなど全く感じられません。
 宮本市長の姿勢から感じるのは、死亡事故を起こした自分の後援会長である熊倉商店の責任を追及したくないという政治的思惑だけです。
 労働者の命より後援会長が大切な市長だから、死亡事故が起きているに、「5分の仕事を4分でやれ」などと、さらに労働強化をあおるのでしょう。
 習志野市は職員を極限的に削減し、一人で行う仕事の量が多くて大変な状態です。
 労働者は市長のために働く消耗品ではなく、人間です。こんな市長の下では、労働者は命と安全を守って、働くことができません。

労働者の団結が全てを変える!

 職場では、パワハラがおき、メンタルになる職員が増えています。
 民間業者と癒着して金もうけするような腐敗した市政の下で、職員は日々の仕事量の多さに追われています。
 労働者の命と安全を守り、必要な職員の数を要求し、パワハラをなくし、労働者が生き生きと働ける職場をつくっていきましょう。それができるのは宮本市長ではなく、現場で働く労働者です。一人の労働者の力は微力かもしれませんが、無力ではありません。職場を動かしている労働者が団結した時、職場の状況を変えることができます。そのためにも、労働者の命と安全、雇用などを守る労働組合をつくろう!

3・14すき家ストライキの動画

支援する会・習志野が作成した「すき家スト再び! 2015.3.14」の動画です。


動労水戸支援共闘結成!

20150316000944a12.jpg
3月15日、動労水戸支援共闘が結成されました!
動労水戸のみなさん! 家族のみなさん!

本日、すき家ストライキに突入!

2015031407443852a.jpg
本日(14日)、すき家に肉をおろす工場で働いているちば合同労組の諸町委員長がストライキに突入しました!
動労千葉のストライキと連帯したストライキでもあります。
ちば合同労組は、すき家に団体交渉を求めてきましたが、すき家は拒否し続けてきました。
しかも、すき家は、ちば合同労組のビラを名誉毀損だとか言っています。
団体交渉を拒否するブラック企業に守るべき名誉などありません!
安倍が中東参戦するなかで、動労千葉とちば合同労組はストライキに立ち上がりました。
ストライキを闘う労働組合を習志野でもつくろう!

3・13動労千葉総決起集会!

201503132048466fc.jpg
動労千葉は本日から15日まで48時間ストライキに突入しました。

すき家まだワンオペやってた!

今日の朝、3・15動労水戸支援共闘結成集会のビラを習志野市役所前で配布した後、朝食を食べようとして、すき家に入りました。
店員は一人だけ。客はうちらも含め7人。
こちらが「まだワンオペやってるの?」と聞くと、店員が「まだやってますよ」。
この店は24時間営業。午前9時前の忙しい時間にワンオペとは!
店員さんは、ちょっと疲れた感じ。
すき家は、相変わらずブラック企業だった!
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。