闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核武装国家に原発輸出だと!

 本日、野田首相がベトナムのズン首相と会談し、ベトナムの原発計画に対する日本の協力推進を確認した文章に署名した。日本の原発海外輸出を本格化させるものだ。しかもベトナムの原発で生まれた使用済み核燃料は日本が全部引き取ると言っている。日本の原発で生まれた使用済み核燃料も膨大にあり、最終処分することもできない(処分できないから、原発のプールに貯蔵されて、福島第一原発4号機で爆発した)のに、こんなデタラメをやっているのだ。ふざけるな!
 これに先立って29日、玄葉外相がインドのクリシュナ外相と会談し、日本とインドの原子力協定の締結交渉を進展させることで一致した。インドは核兵器を持っている国だぞ!
 原発の海外輸出など、絶対に許せない! 労働者人民はこんなことを認めた覚えはないぞ!
 野田首相は、TPP(環太平洋経済連携協定)への参加を11月に行われるAPECで表明するという。これも、労働者、農民、漁民、人民は認めた覚えはないぞ!
 野田政権は、原発再稼働、TPP推進、沖縄辺野古基地建設強行、大増税などを推進する超反動政権だ。
 そもそも、原発大事故を引き起こした連中が何一つ責任をとらず、だれも監獄にぶち込まれないで、権力を握り続けている。そして、再び、私たち労働者人民に大攻撃をかけてきたのだ。
 すべての原発今すぐなくせ! TPP絶対反対! 沖縄に基地を押し付けるな! 大増税を許さないぞ!
 11・6反原発・反失業の全国労働者総決起集会に大結集して、野田政権に怒りを叩き付けよう!

P1000117 (640x480)
1%の悪い奴を許さず、99%の労働者人民が社会の主人公になろう!
スポンサーサイト

10・29原発いらない福島の女たちの動画!

支援する会・習志野が作成した「10・29原発いらない福島の女たち」の動画です。




福島の女性たちを先頭に反原発デモ!

福島の女性たちを先頭にした反原発デモに参加してきました!
P1000088 (640x480)
怒りの福島隊の旗を先頭にデモが出発!


P1000124 (640x480)
支援する会・習志野は、「原発なくせ! ちばアクション」や動労千葉の仲間と一緒にデモ!


P1000096 (640x480)
支援する会・習志野の「のぼり旗」も登場!


P1000111 (640x480)
東京電力本店前を通過!


P1000117 (640x480)
ナイス!なプラカード!


P1000115 (640x480)
学生のプラカードはいいね!


P1000129 (640x480)
デモの後、経済産業省前に登場! 光り輝く支援する会・習志野の「のぼり旗」!


P1000134 (640x480)
人間の鎖で経済産業省を包囲! 原発なくせ!


P1000138 (640x480)
日比谷公園で集会。3日間の座り込みは大成功しました!

次は、11・6日比谷に大結集しよう!

福島原発は廃炉まで30年以上!

 昨日の『毎日新聞』で、内閣府原子力委員会が、福島第一原発の1~4号機の廃炉は30年以上かかるという報告書案をまとめたと報じられている。今でも溶けた核燃料棒がどこにどれだけあるかわからない。放射性物質は垂れ流し状態が続いている。30年で廃炉にできるかどうかも分からず、われわれはずっと被ばくし続けるのだ。原発大事故は、本当に取り返しのつかない事態なのだ。今すぐ全原発を止め、廃炉にするしかない。
 ところが、野田首相は、今月31日、ベトナムのズン首相と会談し、ベトナムへの原発輸出を正式表明するという。ふざけるのもいい加減にしろ! 自分の国の原発大事故を収束することもできずに、何が原発輸出だ! 今度はベトナムの民衆を被曝させるのか! 原発は日本だけでなく、全世界から無くそう!
 11・6反原発・反失業集会に世界の労働者や反原発運動団体が注目している。原発再稼働や原発輸出を許さず、全世界から原発をなくすために、11・6集会に結集しよう!

 昨日から、経済産業省前で、福島の母親たちを先頭にした座り込みが1000人以上の結集で闘われている。
 経済産業省に提出した要請書は、「①すべての原発を直ちに停止させ、廃炉とすること。②定期点検・トラブル等により停止中の原発の再稼働を行わないこと。③子どもたちをただちに国の責任において避難・疎開させること。すでに避難し、またはこれから避難する住民に完全な補償を行うこと。④原発立地自治体を補助金漬けにし、自立を妨げる原因となっている電源三法を廃止すること」という内容だ。生きていくためには、絶対に必要な内容だ。
 座り込み闘争は、今日と明日の10-15時も闘われる。
 明日は、11時30分に日比谷公園・内幸門に集まり、12時に東京電力本店に向けてデモをやります。
 明日は支援する会・習志野も行きます。福島の母親たちと怒りを一つにして、全ての原発を廃炉にし、子どもたちを放射能から守ろう! 

国境を越え、11・6集会への賛同が拡大

 動労千葉などが呼びかける11・6反原発・反失業集会に、全世界から賛同が寄せられています。
 以下紹介します。

●韓国 民主労総ソウル地域本部(17万人) イジェウン本部長 
「全世界の労働者は一つです。全ての解雇を撤回し、反戦・反核闘争を共に闘うことを決意し、11・6国際労働者連帯集会を支持します。11・6東京で会いましょう」

●韓国 金属労組キリュン電子分会
「利潤より人間を」

●韓国 労働芸術団ソノン
「労働者、民衆が作ってきた世の中!労働者、民衆が主人になる世の中を作りましょう! 

●韓国 投機資本監視センター

●ブラジル、コンルータス(戦闘的労働組合のナショナルセンター、約200万人)
 「11・6集会に参加したい」

●ILWUローカル21(伊藤忠などの巨大穀物輸出=TPP推進・労組破壊と闘う当該支部)ダン・コフマン委員長
「伊藤忠は、彼らの行為が世界中から監視されていることを知らねばなりません。私自身が、ILWUを代表して、11月5日、11月6日の両集会に参加します」

●UTLA(ロサンゼルス統一教組、4万人。全米第二の教員組合の単組)
「普通の人々が至る所で立ち上がりだしました。私たちは99%です。この精神でUTLAは、11・6労働者国際連帯集会と共に立ちます」

●アメリカ Freedom Socialist Party(自由社会主義党)

●ドイツ ゴアレーベン核廃棄物中間処理施設・最終処分場反対闘争
 (リュヒョー・ダネンベルク環境保護市民運動)
「この11月に高レベル核廃棄物がまたゴアレーベンに搬入されようとします。猛然かつ決然と決起し、私たちの抵抗を示したいと思います」

●トルコ 国際労働者連帯協会 
「我が政府は原発の建設契約にサインをしました。動労千葉の反原発署名を、私たちは1か月間で12,000筆集めることができました。ともに闘おう!」
  
●シブ・クマール(マルチ・スズキ従業員労組 インド)
(インドの乗用車の約半分を生産しているマルチ・スズキ社で新労組を結成し、奴隷労働と低賃金の改善を求めてストや大集会で闘っている戦闘的労組)

●ゲーリー・リベラ(フィリピン航空労組 フィリピン)
 2400 人の地上職の外注化、首切りとストライキで闘っている戦闘的労組

●ロン・カミンコフ(道労働者連帯 RWU アメリカ) 
 「RWUの10 月4日の月例会議で議決。動労千葉の闘いに勝利を!」

●CAMS(平和と正義のためのNPO アメリカ)
「CAMSは日本と世界の兄弟姉妹のみなさんと共に、労働者国際連帯集会を闘う」

●マルクス主義イニシアティブ(ドイツ)
 「原発とそれをもたらした資本主義にたいして一緒に立ち上がろう! 原子力産業を全世界で止めよう!」

●「原発とめよう」(反原発団体 ドイツ・ダルムシュタット市)
「私たちは、みなさんの闘いに連帯します。息長く闘ってください」

●怒れるおばあさん行動連盟(アメリカ・サンフランシスコ)
「心より11・6集会に賛同し、同じ日にサンフランシスコで連帯行動をします」

●シンディー・シーハン(反戦活動家 アメリカ・サンフランシスコ)

●フランク・ローゼンタール(航空整備士 アメリカ)
「強搾取をやめろ、戦争ではなく平和を、そしてすべての戦争を許すな!」

●グレゴリー・ソティア(元UTLA組合員 アメリカ)

●ルイス・カーレット(TOZEN 全国一般東京ゼネラルユニオン委員長)

●ボニー・ワインシュタイン(Socialist Viewpoint 編集者 アメリカ)

●キャロル・セリグマン(Socialist Viewpoint 編集者 アメリカ)

●ラーベン・ブロンシュタイン(日本の労働者と共に闘うベルリン連帯委員会)
 「世界の労働者は連帯し団結しなければなりません。団結! がんばろう!」

●ダグマー・ゴラース(年金生活者 ドイツ・キルヒゲラーゼン)
 「この集会を支持します。原発は子供と孫のために廃止されなければなりません」

●アンネリーゼ・シェレンベルガー(教師 ドイツ・ライプツィヒ)
 「私は、原発の即時停止と国鉄1047 名の解雇撤回に賛成します」

●ペーター・バッハ(鉱業・化学・エネルギー労組 ドイツ・ケルン)
 「皆さんの闘いに感動し三つの要求を強く支持します」

●サーシャ・クリンガー(ドイツ)
 「運動がますます発展することを願います」

●ハンセイン(ビルマ)
 「すぐに原発を止めるため、全力で頑張りましょう」

●メシティ・メヘディ(バングラデシュ)
 「原発は世界の全てと人類の問題ですから、今すぐ止めるべきです」

●フレッド・キベル(ウガンダ)
 「全ての企画は重要であり、闘うべき課題です。平和と安定に向かって共に闘う」


世界の仲間と団結して原発をなくそう! 11・6集会に集まろう!

これが職場の声だ!

『風雲』第3号から

これが職場の声だ!
この社会で何よりも大切なのは人間じゃないのか

ひどい非正規労働者の扱い
●非正規で働き始めた時、市役所に臨時雇用がこんなにいるのか、とビックリした。
●法律では臨時的任用職員も3年継続して働けば正規雇用にしなけらばならない。そのためわざと3月31日を空白にすることで、正規で雇わないようにしている。習志野市当局が法の抜け道を利用するようなことをしている。
●勤務時間が短い非正規職にも、休み時間に食い込んだ「研修」を強制している。
●非正規職にも窓口業務や金を扱う業務をやらせている。問題が起きたら、誰が責任をとるのか。
●指定管理者の職場で働いていると、あまりに労働条件がひどいので、「市民のために働く」なんて意識は全然なくなる。

保育所・幼稚園の民営化なんてダメ
●保育所や幼稚園で働いている者のことを全然考えない民営化なんて絶対ダメ。市で保育をやってくれるから税金を払っているのに、税金を取られた上、民営化保育所に高い保育料を払う、なんておかしい。、

みんなで立ち上がり、人員補充させた(学校教育課)
●1年中9時過ぎまで残業、という異常な状況をやめさせよう、とみんなで立ち上がり、臨採を1名補充させた。黙っていたら体も生活もボロボロになってしまう。職場で声を上げよう。

つくし幼稚園、実花幼稚園、若松保育所、袖ケ浦第二保育所民営化

『風雲』第3号から

つくし幼稚園、実花幼稚園、若松保育所、袖ケ浦第二保育所民営化→そして全部民営化

 市当局は、当面2幼稚園(つくし、実花)、2保育所(若松、袖ケ浦第二)を民営化、そして最終的に全保育所・幼稚園を民営化しようとしている。
 「もうけ」を最優先にする保育業者がドッと参入し、公立保育所・幼稚園は全廃、働いている保育労働者は全員解雇→労働条件を徹底的に切り下げられた「ワーキングプア」職場に変えられてしまう。一方、子どもを預ける労働者世帯にとっては命も育ちも金次第、①家から遠い保育施設に預けなければならない。②子どもに目が届かない、ぎゅうぎゅう詰めの教室でとっても危険③何をしてもらうにも、オプションで料金がドンドン加算され、高い保育料を払わされる、と三重苦が待っている。こんな民営化は絶対やめさせよう。

経費削減で洗濯機もこわれたまま、職員は泣いている

『風雲』第3号から

経費削減で洗濯機もこわれたまま、職員は泣いている
民営化=白鷺園「指定管理者制度」の恐るべき現実(その2)

 老人ホーム白鷺園では大型洗濯機が壊れたまま一年以上も放置されて業務に支障をきたしています。週3回の入浴日と週一度のシーツ交換日に出る洗濯量は半端ではありません。朝の業務開始から20時の遅番の終業時刻までフル回転で二台の洗濯機を回していても終わらないことがしばしばあるのに、業務用大型洗濯機がぶっこわれて残りの家庭用小型一台でまかなえるわけがありません。現場の職員は業務の遅延に泣いています。ふつうの老人ホームでは衛生上の問題で業者に出しているのに、白鷺園では職員が洗濯。しかも清拭(便や尿を拭き取ったタオル)も洗顔タオルもたった一つの洗濯機で洗わざるをえない。衛生面でも大問題です。即刻、購入すべきです。

『風雲』第3号発行!

『風雲』第3号を発行しました。
P1000084 (640x480)

大地震のトルコに原発輸出を狙う野田政権

 大地震が起きたトルコ。トルコは、地震大国だ。
 そのトルコに、原発を輸出しようとしているのが野田政権だ。「ふざけんな!」という怒りがわいてくる。こいつら、どういう感覚をしているのだろう。信じられない。人間なのか。
 だが、トルコのUIDIDER(国際労働者連帯協会)から反原発署名が12000筆も動労千葉に届けられた。トルコ政府は原発推進だが、労働者は原発反対だ。全世界の労働者の団結で、原発をなくそう。
 11・6反原発・反失業の労働者集会に先立って、11月5日、労働者国際連帯集会が行われます。午後1時から千葉市美術館講堂(千葉市中央区中央3-10-8)です。今年は、アメリカ、ドイツ、ブラジル、韓国、在日外国人が結集する。是非、参加を!
 ちなみに、昨年の国際連帯集会では、わが支援する会・習志野の会員が司会を務めました。習志野の闘いは、世界とつながっているのです!

不動産屋が老人ホームを経営する理由

 先週の支援する会・習志野の会合で議論になったこと。
 「なぜ、不動産屋が老人ホームを経営するんだろう?」という率直な疑問。
 これに対して、「入居者が亡くなったら、その人の土地や家を不動産屋に渡すという契約で入居させているんだよ」という意見が。「なるほど」と納得したが、同時に「じゃあ、早く亡くなったら、それだけ早く家や土地を手に入れることができるのか」と思い、恐ろしい事だと思った。
 ある老人ホームでは、「利益をあげろ!」と職員に言っているそうだ。老人ホームでどうやって利益をあげろ、というのか。
 今や、医療・福祉も企業の金もうけの手段となった。これが新自由主義の現実だ。
 お年寄りのためにと思う仕事が、職員が少ないためにやめたくなるような重労働となり、企業の利益をあげるための仕事になる。こんなことが、多くの職場で起きている。1%の人たちのための労働とは? 99%が社会を動かしているのに。
 労働者が胸をはって生きられる社会をつくるために、11・6反原発・反失業の労働者集会に集まろう! 全国全世界の仲間とつながって、元気をもらって、職場で闘おう!

空白の一日

 10月21日、支援する会・習志野の会合を持ちました。最近は毎週のペースで会合をやっています。
 養護老人ホーム「白鷺園」の実態を契機にして、職場から怒りの声が噴出しています。
 今回、臨時的任用職員から怒りの声が出された。4月1日から9月30日まで働き、10月1日から3月30日まで働き、再び4月1日から働くサイクルとなっている。それぞれ半年ごとの契約だが、わざと3月31日を空白にすることで、正規で雇わないようにしている。習志野市当局が脱法行為をやっているのだ。正規職と同じ仕事をやりながら、この仕打ち。本来正規雇用すべきなのに、長い人は十年以上も非正規のままだ。3年以上もこういう雇用形態を続けながら、低賃金のため、未来に展望を描けずにやめていく青年労働者も出ている。労働組合は何もやらない。支援する会・習志野として訴える。非正規職を撤廃しろ!
 正規・非正規の分断を許さず、「全員正規職にしろ!」という闘いを職場からつくりだそう。
 11・6反原発・反失業の労働者集会に結集しよう!

ついに・・・女たちは立ちあがりそして座り込む!

福島の女性たちが原発をなくすために、経済産業省前に座り込む闘いにたちあがります。
以下、その訴えです。共に闘おう!

原発いらない福島の女たち~100人の座り込み~ 
原発は、もう真っ平! 今すぐ止めたい! 
 これが、命を守る女たちの本音です。
 それなのに、泊では休止中原発の再稼動が強行されたし、
 総理は「脱・原発依存」を継承するのかどうか、はっきりしないし、
 事故は収束していないのに、まるでなかったことにされそうな危惧を感じています。
 なぜ未だに脱原発に思い切った舵が切れないのか、どうしても理解できません。
 こうなってはもう黙っちゃいられないと、わたしたちは立ち上がることにしました。
 立ちあがり、そして座り込みます。
 場所は霞ヶ関経産省前、日程は10月27日~29日(10時~15時) 
 もちろん「3日間のフル参加」ができなくてもOKです。可能な時間帯で参加ください。
 この話を聞いて、「よし! 100人の1人になるわ!」と思う方を募集します!

福島から11・6集会への参加の呼びかけ

子どもたちを放射能から守れ! 許すな原発再稼動! 震災解雇・非正規雇用化反対! 11・6全国労働者総決起集会を成功させ、全国のたたかう労働者の団結で、ただちに原発を止めよう!

9月19日、明治公園は「原発を今すぐなくせ!」という思いで集まった6万人もの人々であふれました。福島県内からは、1千人の隊列となってひとつに合流し、全体の先頭に立ちました。子どもたちを放射能から守る福島ネットワークの用意した『怒』のノボリ旗の下、初めてデモに参加したたくさんの母親、父親たち。全県から170名の結集を実現した福島県教組。「子どもの命を守れ」という、いてもたってもいられない思いが、これまでの労働組合や政党の枠組みを越えて、一人一人の深い深い怒りをあらわした6万人という大きな力となったのです。

野田新政権は、このフクシマの怒りに恐怖し、「事故の収束」と『復興』を必死にキャンペーンし、あくまで原発再稼働を狙っています。9月30日には、「事故の収束」と「安全」を装うために、福島原発から20㌔~30㌔圏の緊急時避難準備区域の解除だけが行われました。

私たちは、こうした動きに危機感をもち、9・19の6万人の力をさらに大きく拡大していく立場から、11月6日に日比谷野外音楽堂で開催される『反原発・反失業 11・6全国労働者総決起集会』への、結集をよびかけるものです。

それは、全国の労働組合が団結して政府と闘えば、原発は止められるし、放射能汚染から子どもたちを守ることも、労働者、農漁民、市民の生活を守ることもできるからです。

常磐線の広野駅までの運転再開と放射能に汚染された車両の検修を拒否して、地元いわき市に支部があるJRの労働組合・動労水戸がストライキに決起しました。

労働組合が、労働者の命、地域住民の命を守るためにストライキで闘っています。動労千葉は、ストライキで職場の外注化を阻止しています。それは大資本優先、労働者切り捨ての社会を労働組合の力で変革する闘いです。

3月11日の震災以降、被災地でも団結して生きることの大切さを本当に痛感しています。農林漁業者も、市民も学生も一緒になって、再稼動阻止! すべての原発をいますぐ止めよう! すべての原発を廃炉にしよう! ともに闘いましょう。

現在の「労働運動不在」とも言えるような状況や、失業と膨大な非正規職化は、1987年の国鉄(現JR)分割・民営化から始まっています。『新自由主義』といわれる政策のもと、解雇撤回を闘う労働組合が弾圧され、地方や農業が切り捨てられるとともに、非正規労働者による被曝労働抜きには一日も成り立たない原発が大量に増設されていったのもこの頃からです。

3・11の大震災と福島第一原発事故は、こうした社会のあり方が間違いであったことを誰の目にも明らかにしました。「社会を変えなくてはならない。そのためには労働組合が変わらなくてはならない」。9・19に集まった多くの労働者の思いです。今がそのチャンスです。

自分たちの行動で未来を選択するために、あらゆる立場の違いを越えて、広く広く闘いをつなげましょう!

清野和彦(福島県教組元執行委員長)

橋本光一(国労郡山工場支部書記長)

佐藤幸子(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク世話人)

中手聖一(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)

鈴木光一郎(酪農家)

市川潤子(ふくしま合同労組委員長)

渡辺馨(福島県労働組合交流センター代表)

ギリシャでゼネスト突入!

 財政破綻のギリシャで10月19日、公務員労働者を先頭にゼネストに突入した。
 ギリシャ政府は、国家財政の破綻のツケを、公務員労働者の首切り、増税、年金削減などを労働者におしつけている。これに対する怒りの爆発だ。ストライキに突入した労働者は、国会前で大規模デモにたちあがった!
ギリシャゼネスト (500x335)

白鷺園の施設を改善しろ! 人を増やせ!

 『風雲』第二号で紹介したとおり、指定管理者で民営化された老人ホーム「白鷺園」は、恐るべき実態だ。エアコンがないため、昨年今年の猛暑の中で、熱中症や脳梗塞で倒れる老人が続出し、救急車で搬送される老人が2年間で10人。うち何人も亡くなっている。約50人の入居者のうち、「5人に1人が暑さで亡くなる」というのはとんでもない現実だ。
 習志野市当局は、昨年の夏に何人もの老人が救急車で搬送される事態に対して、エアコンを入れると約束しながら、「3・11東日本大震災の影響で、備品が入らない」などと言って、エアコンを入れなかった。その結果、今年の夏も倒れる老人が続出したのだ。こんな許しがたいことがあるだろうか。
 洗濯機も壊れたままなど、民営化された施設は劣悪な状況だ。
 こういう現実は、白鷺園で働く労働者に矛盾が押し付けられる。劣悪な施設の中で、少ない人数で多数のお年寄りを相手にする中で、クタクタになって働かされている。結果、働いてもすぐにやめる人が続出。職員が安心して、誇りと余裕をもって働けなければ、それは思わぬ「事故」となってお年寄りが犠牲となる。
 習志野市の責任でやるべきことを、民間企業に丸投げ外注化していることが、今の現実を引き起こした。民間企業は、金儲けしか考えない。雇用を増やしたり、設備を充実させるのは後回しだ。
 起きていることは新聞に載るような大問題だ。
 習志野市の責任で、今すぐ人を増やして雇用状況を改善し、施設を充実させるべきだ。
 支援する会・習志野は、この件について社会問題化し、徹底的に闘っていく!

全世界14000カ所!

「ウォール街を占拠せよ!」という闘いは、ロイター通信によると世界14000カ所に広がっているという。
「われわれは99%だ!」を合言葉にする闘いは、資本主義の核心をつく闘いだ。
ウォール街を占拠せよ! (400x259)
全世界を99%である労働者、農民、漁民、学生の手に取り戻す日は近い!

次は11月6日だ!

『風雲』第2号より

9・19明治公園反原発6万人集会、すごかった!次は11月6日だ!

<茨城では> 汚染列車を走らせるな、とスト
JR東が、常磐線で、原発から20km圏内で半年以上放置された車両を、除染も行わずに運転再開させた。JR労働者も利用者も被曝してしまう!JRの労働組合、動労水戸が「被曝労働強制」に反対し、ストライキに立ち上がっています。

<東京では> 福島のお母さんたちの座り込み
子どもたちを放射能から守れ!福島を返せ!ついに女たちはたちあがり、そして座り込む!
福島のお母さんたちが「原発を止めろ!」と霞が関や東電前で10月27~29日座り込みを行います。

全国で労働者・農漁民・市民が怒っている!怒りを力に!
反原発・反失業

国鉄1047名解雇撤回!非正規職撤廃!
11・6 全国労働者集会に職場から集まろう!
11月6日(日)正午から、東京・日比谷野音にて

これが職場の声だ!

『風雲』第2号から

これが職場の声だ!
この社会で何よりも大切なのは人間じゃないのか

人減らしで「過労死」寸前の職場にしておきながら「残業はするな」?

●人数が減って仕事が終わらないので残業したいと言ったが、サービスでもダメだと言われた。その話を聞いて、私たちは必要とされていない、と感じた。
●人数が減って残業はダメだとされれば、業務を縮小することになる。しかし待っているのは公務員バッシング→非正規職化=民営化だ。
●人減らしで窓口に正規のフルタイム勤務職員がいなくなり、「窓口崩壊」になる、というマンガみたいな人事が行われている。(学校教育課:菊池)
●他市で2人以上でやっている仕事を1人でやらされている。毎日9時過ぎまで残業、過労で体調を崩したり、病気になる職員も出ている。このままでは殺されてしまう。

いつも犠牲になるのは下の人間ばかり

●上司に様々な問題を指摘しても、直接の上司ではそのままにされてしまう。だから、その上から対応してもらうしかない。
●上司の中には、おいしい仕事だけやる人もいる。ややこしいのはスルーして、私達のところに。

現業を大事にしろ!
非正規=ワーキングプアなんて許せない


●現業職は現場だからと、事務室だとさぼるといわれ、ほとんど外にいる状態だ。わたしも人間なんだ。
●民間で、ひどいことになっている。非正規職だといっても、24時間もずうっと働くときがある。それでぎりぎりの生活費しか稼げない。

民営化の恐るべき現実

『風雲』第2号から

保育所・幼稚園民営化でも恐るべき現実が待っている

 今政府が進めようとしている「子ども・子育て新システム」は、公設民営というようなレベルを通り越して、保育所と幼稚園を、文字通り全面的に、あますところなく民営化する攻撃だ。公立保育所や幼稚園はすべて廃止される。自治体は公的保育から撤退する。保育を企業に丸投げするという攻撃であり、保育公務員30万人首切りをめぐる一大決戦に突入した。「新システム絶対反対」で闘おう。

新システムは、戦後の公的保育制度を解体

 新システムは、「公的資金を使って市町村が保育事業を公的に責任を負う」という戦後の保育制度を大転換し、解体する大攻撃だ。
 新システムでは、戦後保育制度の根幹にあった国や地方自治体の「措置責任」や「実施責任」が最終的に投げ捨てられ、自治体は、利用者と保育事業者との間をとりもつ、斡旋者、ブローカーに成り下がってしまう。
 保育を保育業者の「金もうけ」の道具にし、業者は利益をあげるため、保育労働者の人減らし、ピンハネを行う。労働条件が悪すぎるから、退職が多い。先生がしょっちゅう変わって子どもが不安定になる、などの問題も出ている。
 八千代市では「指定管理者」に移行した保育所で、職員のクビを切るため、「保育労働者が園児を虐待した」というデッチ上げを行う、という悪らつな攻撃が行われた。

白鷺園の恐るべき現実

『風雲』第2号から

民営化=白鷺園「指定管理者制度」の恐るべき現実(その1)

 今年の夏は猛暑のため熱中症で倒れた人が沢山出ました。当然エアコンなしでは過ごせない状態でしたが、「指定管理者」で民営化された老人ホーム「白鷺園」では、一部を除いてエアコンが設置されておらず、入園者のお年寄りが次々に倒れる、という異常な事態が起こっています。本来こうした福祉施設は市が責任を持って運営するのが当然です。そのために市民(労働者)は税金を払っている。
 それなのに民間企業に丸投げし、市は責任放棄。丸投げされた企業は「利益」をあげるため、労働者を過酷な条件で働かせ、エアコン設置など当然やらなければいけないことをサボる。こうした悪循環が福祉、教育の内容をどんどん低下させている。
 だから民営化反対!みんなで声をあげ、こんな悲惨な職場を変えていこう。

P1000083 (640x480)

『風雲』第2号発行!

職場新聞『風雲』第2号が発行されました。

P1000082 (640x480)

10・16ちばティーチイン開催!

原発なくせ! ちばアクションが主催する「10・16ちばティーチイン」が開かれました。
P1000079 (640x480)
会場のDC会館は満員。初めて参加、という人も多かったです。
 ①食の安全と放射能、②原発と労働、③再稼働阻止のアクションの三つのテーマで問題提起があった後、それぞれのテーマごとに分かれてグループ討論。活発な討論が行われました。
 各グループからの報告の後、原発再稼働を止めるために、11・6反原発・反失業の労働者集会に参加することを全体で確認しました。

明日、「ティーチインちば」に集まろう!

明日、「原発のない社会を! 子どもを放射能から守ろう! 知ろう! 語ろう! つながろう! 10・16ティーチインちば ~福島原発事故と放射能汚染 3・11以後の社会の価値観を変えるために~」が行われます。
14時から東千葉駅前のDC会館です。
テーマは、①食と放射能、②原発と労働、③原発再稼働阻止のアクションです。
考えていること、疑問に思うこと、やりたいことなどを語り合って、つながろう。ご参加を!

動労千葉冬季物販にご協力を!

 動労千葉の冬季物販が開始されました。ご協力をお願いします!
 国鉄1047名解雇撤回まで、ともに闘おう!

P1000072 (500x375)

動労水戸がストライキに突入!

 本日、動労水戸(国鉄水戸動力車労働組合)が10月8日に続いて、ストライキに突入しました。
 JR東日本は10月3日、常磐線久ノ浜駅(福島県いわき市)~広野駅(福島県広野駅)間を10月10日から運行再開すると発表しました。これは、野田政権が9月30日、福島第一原発から20~30キロ圏の緊急時避難準備区域の指定を解除したことを受けたものです。
 JR東日本は「除染は必要ない」「国が安全を確認したのだから、JRが対策をとる必要はない」と言って、10月10日に運行再開を強行したのです。しかも、JR東日本は、3・11以来、広野駅に放置されていた汚染車両を、放射能測定や除染も一切せずに、車両を検査・修繕して、再び使うために10月9日に勝田車両センターに強行移動させたのです。そして、10月13日に、車両の検査・修繕を行うと通告してきたのです。
 こうしたJR東日本の暴挙に対して、動労水戸は列車を動かす労働者や車両の検査修繕を行う労働者が被曝することや、乗客や周辺住民が被曝することを許さないために、10月8日と13日にストライキにたちあがりました。動労水戸のストライキは、JRで働く労働者や乗客、周辺住民に対する被曝を許さない、命をかけた闘いです。
 10月8日のストライキは、JR東日本が運行発表したのが10月3日のため、ストライキ通告をして10日をまたずにストライキに突入するため、それだけとれば「違法スト」になります。JR東日本はそれを取り上げ、「違法ストをやめろ」と言ってきました。しかし、労働者や乗客や住民を被曝させているのはJR東日本であり、違法を行っているのはJR東日本です。JRは除染をちゃんとやれ! 労働者を被曝させるな!
 動労水戸は、労働者としての誇りと命をかけてストライキにたちあがりました。そして本日のストライキで、車両の検査修繕を行わせない大勝利をかちとりました!
 動労水戸のストライキは、労働者と住民の「安全」を守るための正義の闘いです。労働者が闘わなければ安全は守れない。「闘いなくして、安全なし」です。
 動労水戸の闘いは、私たち自治体労働者にとっても進むべき方向を示しています。習志野市でも、汚染された稲藁を食べた牛を使った学校給食が出された問題がありました。今後、放射能被害が広がる中で、「安全」を守ることが出来るのは、労働者の闘いです。給食、清掃工場、土木、公園管理、浄水場など、放射能汚染と闘い、被曝労働を許さず、地域住民の命と生活を守るために、労働者と住民が一つになって闘っていきましょう!

ウォール街を占拠せよ!

 先月から、アメリカの金融資本の中枢であるウォール街で、青年労働者を先頭にした「ウォール街を占拠せよ!」という闘いが爆発し、闘う労働組合も合流し、闘いは全米へと拡大している。
 「金融ゲームにうつつを抜かす1%の大金持ちのせいで、私たち99%が苦しんでいる」
 「われわれ99%は、富裕層である1%の人々の強欲と腐敗をもはや許さない」

ウォール街を占拠せよ! (400x259)

 「われわれは99%だ!」

 日本も同じ。たった1%にも満たない政治家・官僚、電力会社幹部、ゼネコン幹部、マスコミ、裁判所、御用学者など「原子力村」が原発利権に群がり、福島原発大事故を引き起こし、99%以上の労働者、農民、漁民、学生の命と生活を脅かしている。社会を動かしているのは我々99%だ!
 11・6反原発・反失業集会で、99%の力を見せてやろう!

習志野市も復興特区だった!

 政府は、東北や関東など221の市町村を「復興特別区域(復興特区)」に指定し、大資本(大企業)の好き勝手にさせようとしていますが、実は習志野市も復興特区の対象となっていました。千葉県では、習志野市を含め、千葉市、銚子市、船橋市、松戸市など18市9町が対象です。
 復興特区とは、日本経団連などの経済界(資本家)の立場からいえば、「復興のために」と称した「金儲けの大チャンス」ということです。経団連は、復興特区と合わせて、TPP(環太平洋経済連携協定)を結べと言っています。
 復興特区に指定された市町村では、様々な「特例」をもうけて資本への規制を取っ払い、資本をどんどん呼び込み、資本に利益を上げさせることになります。「復興特区では法人税はゼロ」と言っています。
 例えば、農地を安く大資本が買いたたき、大規模経営農業を行うことができる。TPPは、「例外なき関税の撤廃」なので、格安の農産物が外国から入ってきます。個別農家では太刀打ちできずに絶滅します。日本経団連は、TPPを結ぶと同時に、大規模経営農業で、外国と渡り合おうというのです。そこには、低賃金で働く農業労働者は存在しても、個別農家はいません。全部、大企業(大資本)の利益のための「農業」です。
 漁業も、大資本(大企業)が漁協と同等に漁業権を取得し、大資本が漁業を牛耳ってっていく。
 重大なことは、賃金、労働時間、残業時間、雇用形態など、労働に関する様々な規制を取っ払おうとしていることです。日本経団連は、「日本はアジアに比べて賃金が高い。アジア並みにしろ」「アジア並みの賃金にしたら、資本は外国に逃げていかない。雇用機会が生まれる」と言っています。要するに、圧倒的な低賃金の非正規雇用の労働者を今以上に大量につくりだそうというのです。これもTPPを見据え、低賃金でつくった製品で外国資本と渡り合おうとしているのです。当然、利益をあげるのは大資本(大企業)だけです。
 自治体の仕事や港湾業務などあらゆる公的業務、医療や教育なども、全部を民営化し、大資本(大企業)の金儲けの手段にしていくことが狙われています。
 すでに、仮設住宅の建設をめぐって、大手資本がぼろ儲けしているという話を聞きます。
 労働者には、「復興のため」と言って大増税を強制し、増税してふんだくった金を大資本が奪いあう。そして、復興特区をもって、圧倒的多数の労働者を非正規職に突き落とす。
 まさに、被災地をはじめとした全面的な外注化・民営化、非正規職化の大攻撃が始まったのです。
 しかも、「復興のためには電力の安定供給が必要」と言って、原発再稼働まで進めようとしています。
 「復興」と言って、政府や財界がやろうとしていることは、被災地のためではなく、これをチャンスに、さらにボロもうけしてやろうというものです。犠牲になるのは労働者、農民、漁民、学生です。
 「いいかげんにしろ!」という怒りの声を上げよう!
 11・6反原発・反失業の大集会に集まろう!

な全・フクシマ結成!

10月10日、「すべての原発いますぐなくそう!全国会議・フクシマ」の結成集会に参加してきました。

P1000063 (640x480)
「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の佐藤幸子さんは、「フクシマは日本政府が落とした三度目の原爆だ。放射能は見えないが、敵はそれよりも大きな見えない力で結びついている。私たちも結びつこう! 今すぐ原発を止めよう。絶対にこんな事故を繰り返してはならない」と訴えました。

P1000061 (640x480)
フクシマの怒りと一つになって、すべての原発をいますぐ止めよう!

P1000056 (640x480)
会場近くの小学校。削った土をかぶせたブルーシート。しかし、目の前にいって見てみると、土はなくなっていました。全体的に土を削った分、校庭が低くなっている気がしました。体育館では運動会をやっていたようです。

10・16ティーチインちばに集まろう!

 原発なくせ!ちばアクションが主催する「知ろう!語ろう!つながろう!10・16ティーチンちば」に参加することを訴えます。
 原発をなくし、子どもたちを守るために何ができるのか、みんなで真剣に議論し、みんなで力を合わせよう。しっかり討論する場として、今回の企画が設定されています。テーマは、①食と放射能、②原発と労働、③原発再稼動阻止のアクションの三つです。自分の意見を思い切って言ってみよう。ちばアクションは、一人一人の意見を大切にする人たちの集まりです。いっしょに参加しましょう!
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。