闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイシンジャー 異形編 (動画)


スポンサーサイト

国鉄闘争全国運動呼びかけ人・大野義文さんのアピール

自由・生存と人間の尊厳のための労働運動へ
大野義文(元安芸労働基準監督署長)

社会が壊れている。

 国から企業まで、理念やモラルを放棄して、無責任極まりない状況だ。「電力の必要性」を強調して大飯原発の再稼動を目論む輩たち。

 福島原発事故は、進行形であり、その原因も定かでない中、野田総理などが「安全」を確認したとして、電力不足の危機感を煽り、再稼動は必要だという。どのような根拠で「安全」としたのか、誰のために電力が必要であるのか、命に代えての「必要性」とは何か。「嘘とゴマカシ」の政府に付き合うのも疲れるが、ほっとけば、殺される。

 なにせ、福島原発事故という犯罪行為を犯した東京電力は、ゴルフ場から放射性物質の除染を求められた裁判で「放射線は原発から離れた無主物ともいうべき存在であり、もはや東電のものではない。仮に所有権をいうのであれば、現地の土に付合している以上ゴルフ場のものと言うべきである」と強盗の論理を厚顔無恥にも言い放ち、「電気料金の値上げは、我々の権利」であるとぬけぬけ言い連ねる輩と一蓮托生の政府である。

 毎日、90人弱の人たちを自殺に追い込み、失業者・半失業者は700万人を超え、年収200万円以下の人たちは1700万人、非正規労働者は2千万人に近い。個々バラバラに解体され、競争社会に投げ込まれている労働者はいまこそ、「能力主義」「自己責任論」の呪縛を解き放とう。

 国鉄分割・民営化はなんであったのか。
 当時、首相が「誰一人路頭に迷わさない」と国会で答弁しておきながら、後に「国労をつぶし、総評・社会党を解体することを明確に意識してやった」と明言した。国鉄分割・民営化は、所属組合で採用差別を行うという、明白な国家的不当労働行為であったのだ。

 分割・民営化の過程で、20万人の国鉄労働者が職場を追われ、200人が自殺に追い込まれているのだ。地域生活を破壊し、国家財産を強奪し、労働者とその家族の生存権・労働権を剥奪し、人間の尊厳を壊した人権侵害行為であったものだ。 国家とJRの犯罪行為を決して許すことなく、現在の労働者の不安定状況を打ち破る闘いにまい進したい。

 今こそ、労働者は、団結の中でしか自由と生存、そして、人間の尊厳を勝ち取れないことを再確認し、反原発の人たちとも、つながり、自由・生存と人間の尊厳を勝ち取るための労働運動をあらゆる職場に構築し、国と経済・資本の在り様を変革するため、全国運動に結集しよう!
 職場に団結を! 地域に連帯を!

増税首相なんか、メーデーに呼ぶなよ!

 4月28日、連合メーデーが行われた。そこに、なんと野田首相が来てあいさつ。税と社会保障の一体改革の実現を訴えた。許しがたい! 増税を訴えるメーデーとは何なのか! 原発再稼働と消費大増税に突き進む野田政権を支えているのが連合という腐りきった労働組合だ。
 そもそも、メーデーは5月1日だ。5月1日にメーデーをやらない連合は、労働者階級の立場にたった労働組合ではなく、資本の手先と化した労働組合だ。
 この労働組合の現実を変えないことには、世の中変わらない。闘う労働組合を職場からつくりだすぞ!

 ちなみに、闘うメーデーは以下のとおり。
 反原発・反失業 東京メーデー行動
 5月1日(火)午後6時30分から集会 8時デモ出発
 文京区民センター3A会議室

 主催 東京メーデー集会実行委員会

A君奪還!

ちば合同労組で、不当逮捕されていたA君が、釈放されました。大勝利!

4・19法大包囲デモ・逮捕の動画



ちば合同労組からお礼が来ました!

ちば合同労組から以下のコメントがありました。労働者の団結で、A君を取り戻そう!


ありがとうございました!
21日は抗議行動に参加してくださり、ありがとうございました!!

更なる延長を許さずに、必ず27日に奪還します!!

動画、ありがとうございます!!

さっそく、ウチの合同労組のBlogに使わせていただきました(*´∀`*)

必見! A君を返せ! 千葉中央警察署抗議行動の動画

 支援する会・習志野が作成した千葉中央警察署への抗議行動の動画です。
 A君(ちば合同労組)を返せ! 腐りきった警察に未来を奪われてたまるか!
  




千葉県警は、直ちにA君を釈放しろ!

2006年 動労千葉の幕張事故闘争の記録(動画)


1979年動労千葉分離独立(動画)


A君を返せ! 千葉中央署に怒りの鉄槌! (写真)

 本日(4月21日)、ちば合同労組の呼びかけで、A君に対する勾留延長を弾劾する千葉中央警察署への抗議行動が闘われ、ともに闘いました。

P1000601 (640x480)
ちば合同労組青年部を先頭に、千葉中央警察署を徹底弾劾!
「青年から未来を奪う警察を許さないぞ! 青年の闘いで未来を切り開く! その先頭で闘っているのがA君だ!」



P1000593 (640x480)
口汚くののしる態度の悪い極悪警察官。これが警察の正体。



P1000602 (640x480)
千葉県警の公安警察。目つき悪い!



P1000596 (640x480)
「署長出てこい!」であわてて出てきた自称責任者。署長は慰安旅行か?



P1000611 (640x480)
「A君、がんばれ! 必ず奪還するぞ!」
放射性物質をまきちらした東電社長や会長は逮捕せず、生きるために必死の青年労働者を逮捕する腐りきった警察官に怒りの鉄槌を下してきました!

A君への10日勾留延長弾劾!

 不当逮捕されていたA君(ちば合同労組)に対する10日間の勾留延長が決定された。絶対に許せない!必ずA君を奪還しよう!
 警察よ! 逮捕するなら、原発再稼働を決めた野田、枝野、藤村、細野、仙石を逮捕しろ! 福島原発大事故で放射性物質をまきちらした東京電力の社長と会長がなぜ逮捕されない! ふざけるな!
 生きようとすることが犯罪で、放射性物質をまきちらしても犯罪にならない、この国はなんなのだ! 

ショック・ドクトリンとは何か? (動画)

『ショック・ドクトリン』の著者ナオミ・クラインさんへのインタビューです。


福島原発作業員が実名で語る「過酷」(動画)


福島原発作業員の実態(ドイツのドキュメンタリー動画)


経済産業省前で、ハンストに突入!

 今日の『東京新聞』から。
PK2012041802100045_size0 (300x169)
経産省前 脱原発誓う ハンスト入り
 関西電力大飯(おおい)原発(福井県おおい町)の再稼働に反対する市民らが十七日正午、東京・霞が関の経済産業省前でハンガーストライキに入った。国内で唯一稼働中の北海道電力泊原発(北海道泊村)が定期検査に入る来月五日まで、三十人前後が交代で最大七日間のハンストを行う。この日は約十人が、経産省前のテントに並び、ハンストをアピールする横断幕を掲げた。
 会見した福井県小浜市、明通寺住職の中嶌哲演(てつえん)さん(70)は「大飯原発の再稼働が一点突破されれば、全国の原発もなし崩し的に再稼働されてしまう。原発の真の地元は、大量の電力を必要とする大都市圏。大都市の人たちも自分たちができることを考えてほしい」と訴えた。応援に駆けつけた作家の落合恵子さんは「政府が再稼働をさせるのは原発ゼロの状況を市民に経験させたくないからだ」、ルポライター鎌田慧さんは「政府はおおむね安全と言うが、人の命におおむねはない」と話した。

A君を取り戻そう! 勾留理由開示公判へ!

不当逮捕されたA君(ちば合同労組)の勾留理由開示公判が、4月20日(金)10時から千葉地裁714号法廷で行われます。9時、千葉地裁一階ロビー集合です。
大結集で、A君を取り戻そう!

民主党・仙石発言は、資本家の危機感丸出し!

 原発推進の民主党政調会長代行の仙石が「(原発を)直ちに止めた場合に、日本の経済と生活がどうなるか考えておかないと、これは、日本がある意味で、集団自殺するようなことになってしまうのではないか」と発言しました。ここに全原発停止に恐怖する資本家の危機感が示されています。「日本」を「資本家」と読み替えて読んで見て下さい。
 全原発停止で、死ぬのは資本家だけです。
 今が原発再稼働阻止の正念場です。再稼働に反対を言っていた大阪市長・橋下も「私は絶対反対ではない」と正体をあらわにしてきました。原発再稼働阻止の力は、労働者人民の怒りと闘いにあります。
 5月5日を全原発停止の日とするために、残り20日全力で闘おう!

警察よ! 恥を知れ! A君を返せ! 千葉中央警察署に怒りの抗議行動!(写真)

 不当逮捕されたA君(ちば合同労組)を取り戻すために、A君が勾留されている千葉中央警察署に怒りの抗議行動が行われ、ともに闘いました。

P1000586 (640x480)
A君が勾留されている千葉中央警察署。


P1000592 (640x480)
「A君を釈放しろ! 警察よ、恥をしれ! A君! 聞こえているか! 必ず、取り戻すぞ!」


P1000584 (640x480)
怒りの抗議に恐怖した千葉中央警察署は、門を閉じてマスクで顔を隠す。卑劣な連中だ!


P1000588 (640x480)
「署長出てこい!」と言って追及していたら、出てきたのは警備課長。署長は、のんきに休み。ふざけんな! 申し入れ署を受け取った警備課長は、逃げるように建物の中へ。



P1000582 (640x480)
合同労組の青年が闘いを牽引! 青年労働者の怒りがわかるか!



 全労働者の怒りで、A君を必ず奪還しよう!

ちば合同労組A君不当逮捕弾劾!

 ちば合同労働組合のA君が不当逮捕されました。絶対に許せない。必ず奪還しよう。
 ちば合同労組の声明を紹介します。

ちば合同労組・A君の不当弾圧弾劾!
闘う労働運動つぶしを絶対に許さないぞ!

 4月12日早朝、ちば合同労組・組合員のA君が不当逮捕されました。職場に出勤するためにアパートを出た矢先、待ち伏せていた千葉県警の警察官十数人が取り囲み、彼を拘束し、逮捕したのです。
 容疑は「電磁的公正証書原本不実記録」。〈転居先に住む意思もないのに虚偽の住所を記した転居先に住民票登録をした〉というのです。
 住む意思もないのに虚偽の住所!? 冗談ではありません。A君は手取り10万円ちょっとの非正規雇用の労働者です。住む意思もないのにアパートを借りるお金がどこにあるというのか。そんなことは常識で分かることです。A君は、家具や家電、炊事道具類を買い揃えるために必死でした。
 数年前まで日雇いの派遣労働者だったA君は、同じ世代の若い仲間と一緒に労働組合をつくりました。そして、ようやく派遣社員として働き始めた職場で解雇となりましたが職場の仲間とともに「偽装請負」を告発し、解雇を撤回させました。
 その後、A君は職場に復帰して契約社員として約3年働き、低賃金ながら親元から離れてアパートに引っ越し、自立した生活を準備しているところでした。
 そもそも警察がA君のアパートから押収した雑誌類の日付には、1月から4月の日付が入っています。はからずも彼が住んでいることを示しているのです。

 現在、パートタイムや契約社員、派遣労働者など全労働者に占める非正規雇用の割合は38・7%です。若者の2人に1人が非正規雇用の時代です。若者が親元から自立して生きていくことがどんなに大変なことか!
 A君は、同世代の仲間と一緒に労働組合をつくって、文字どおり生きるために就職し、解雇を撤回し、自立の準備をしてきました。これのどこが犯罪なのか! これは人間の尊厳にかかわる問題です。警察、そして逮捕令状を出した裁判所は、一人の若者が真面目に誠実に生きていくことを土足でふみにじっている。人間には絶対に侵してはならない領域があるのです。恥を知れ! と言いたい。

 A君を不当逮捕し、不当な取り調べを続ける千葉県警に抗議を集中して下さい。A君を取り戻すために多額の救援費用(弁護士、差し入れ費用など)が必要です。カンパを寄せて下さい。みなさんの激励と支援をお願いします。

 A君を取り戻すために支援・激励・抗議の集中を!
●救援カンパをお願いします!
 A君を取り戻すために、多額の救援費用(弁護士接見、差し入れの費用など)が必要です。ぜひちば合同労組にカンパの集中をお願いします!

 郵便振替 口座番号 00280-1-96870 ちば合同労働組合

●千葉県警への抗議の集中を!
 不当な逮捕、勾留、取り調べに対して、抗議の電話を入れてください!

 043-244-0110(千葉中央署)

「湾岸」さんからコメントがありました!

 「湾岸」さんからコメントがありました。ありがとうございます。掲載します。


 4月7日の東京新聞で知った。木更津、習志野、四街道など15市町。
被災地を利用した金もうけ。放射性物質を全国にばら撒くのにがれき処理は日共も社民も賛成で助け合いましょうだと。ふざけるな。

野田政権による原発再稼働決定弾劾! 絶対許さん!

先ほど、野田政権が関西電力大飯原発3、4号機について、「安全性が確認出来た」として再稼働を決定した。地元の福井県やおおい町に再稼働を説得するという。絶対に許さん! 野田政権は万死に値する。福島原発事故は、収束どころか、4号機の冷却も止まり、さっきも地震があってどうなるか分からない。一握りの犯罪者たちが、原発再稼働を決めるなんて、ふざけるのもいい加減にしろ! 怒りの声をさらにあげ、原発再稼働を止めよう!

『団結ニュース』第65号!(習志野市は放射能汚染ガレキを受け入れるな!)

 昨日、千葉労働組合交流センター自治体労働者部会の仲間が、習志野市役所前で『団結ニュース』第65号をまいたので紹介します。

 原発再稼働絶対反対!
 習志野市は放射能汚染ガレキを受け入れるな!

◆原発再稼働で「第二のフクシマ」を許すのか!
 野田政権が、原発再稼働に突き進んでいます。原発再稼働のための「安全基準」をデッチ上げ、関西電力大飯原発3、4号機が、「安全基準に満たしている」と強弁しています。近日中にも、「再稼働に向けて、地元の理解を得る」と称して、経済産業大臣・枝野を福井県に派遣しようとしています。「地元の同意」が得られたら、政治判断で原発再稼働を決めるというのです。こんなことが許せるでしょうか!
 原発再稼働を認めるということは、「第二のフクシマ」を許すということです。古里を奪われ、家族を引き裂かれ、農地を失った福島の人たちの思いを踏みにじる暴挙であり、絶対に許すことができません。

◆原発推進の連中を全員監獄にぶちこめ!
 福島原発大事故は、収束どころか危機的状況が続き、放射性物質を放出し続けています。福島第一原発2号機の格納容器内の放射線量は、毎時7万2900ミリシーベルトを計測。その場に6分いれば死ぬ高い放射線量です。溶けた核燃料がどこにどれだけあるのか、どういう状態かも不明で、廃炉にする展望すらないのです。
 六ヶ所再処理工場や全国の原発に蓄積されてきた放射性廃棄物は、最終処分の方法すら確立されていません。原発を動かして、さらに放射性廃棄物を生み出し続けることは、絶対に許してはなりません。
 しかも、「再稼働のための安全基準」をつくったのが、「原発は安全。地震や津波に耐えられる」と言って原発を推進してきた経済産業省原子力安全・保安院です。彼らは、福島原発大事故の責任を何一つとらず、電力会社から大量の金をもらい続け、再び「原発は安全」と言っているのです。こんな大犯罪が許せるでしょうか!
 本来なら、原発を推進し、福島原発大事故を引き起こして放射性物質を世界中にまきちらした東京電力など電力会社、ゼネコン、経済産業省や文部科学省などの政府、国会、裁判所、マスコミ、御用学者など「原子力村」の連中は、全員逮捕し、監獄にぶちこまなければなりません。こいつらが、何の責任もとらず、「命よりも金もうけ」のために、原発を再稼働させるのは絶対に許せない!
 こんな腐った社会は変えなければならない!

◆経済産業省前へ! 再稼働阻止! 怒りの声を!
 首相官邸や経済産業省前には、労働者や市民が集まり、原発再稼働を許さない怒りの声をあげています。福島の女たちが、経済産業省前でハンストを闘っています。今すぐ、経済産業省前に集まり、原発再稼働を止めよう!

◆労働者と住民を被曝させるガレキ受け入れ反対!
 震災ガレキの処理について、習志野市が「条件付きで受け入れ可能」と言っています。
 私たちは、ガレキの受け入れに絶対反対です。
 第一に、セシウムなど放射性物質を含んだ汚染ガレキを運び、焼却処分すれば、そこで働く労働者と住民が被曝します。命のかかった大問題です。
 福島原発大事故以前、一キロあたり100ベクレルが検出された場合は、一般ゴミとは別扱いにし、放射性廃棄物として厳重に管理することになっていました。ところが原発事故後、政府は基準値を80倍も引き上げ、一キロ8000ベクレルまでは一般ゴミと同じ扱いで焼却処分や埋め立て処分をしても良いことにしました。こんなデタラメがあるでしょうか。殺人行為です。焼却しても放射性物質がなくなるわけではありません。焼却施設には、放射性物質を取り除く装置もありません。海岸にある芝園清掃工場で焼却処分すれば、清掃工場で働く労働者が被曝し、海からの風にのって芝園、茜浜、香澄、秋津、袖ヶ浦、谷津、津田沼、鷺沼の方向へ放射性物質がまき散らされます(※海も汚染される)。放射性物質を鼻や口から吸って内部被曝したら、細胞や遺伝子を傷つけ、ガンや白血病などの原因になります。特に、成長期で細胞分裂が盛んな子どもたちは、大変な被害を受けます。
 しかも、「この位なら被曝しても大丈夫」という基準はありません。低い放射線量でも細胞を傷つけ、ガンや白血病の原因になります。被害が出てからでは遅いのです。例えどんなに低い数値でも、放射性物質を含んだ汚染ガレキは、焼却処分をしてはなりません。しかも、一㌔8000ベクレルという殺人基準のガレキです!

◆福島への殺人基準を認めるガレキ受け入れ反対!
 第二に、汚染ガレキを受け入れることは、福島に強制されている「年間20ミリシーベルトなら被曝しても大丈夫」という殺人基準を認めることになります。
 原発事故前、被曝許容限度は年間1ミリシーベルトでした。政府は原発事故後、20倍に引き上げたのです。
 これと一体で、一㌔8000ベクレルという殺人基準を決定し、汚染ガレキを全国の自治体に受け入れさせようとしているのです。
「ガレキを受け入れて、被災地の痛みを分かち合おう」という声があります。間違っています。ガレキ受け入れは自分たちが被曝するとともに、福島県民への殺人的被曝を認めることになるのです。
 私たちは「年間20ミリシーベルト基準を撤回しろ。福島県民を殺すな! 子どもたちなど全員を東京電力と政府の責任で福島から避難させろ」と言うべきです。

◆大資本の金もうけのための「復興」は許せない!
 第三に、「ガレキがあるから被災地の復興が進まない」というのは大嘘です。ガレキ処理には、1兆700億円が使われると言います。被災地の人たちは、「そんな大金をガレキ処理に使うのならば、生活の再建、農業や漁業の再建のために仕え。仕事をよこせ」と言っています。
 政府がやっている「復興」は、大資本の金もうけです。農民や漁民に農地や漁業権を手放す方向に仕向け、大資本が農地を安く買いたたき、漁協から漁業権を取り上げ、大資本が大規模農業や水産業を経営する形態にしようとしています。5年間は法人税をゼロにし、企業に多額の補助金を出して、大資本を呼び込もうとしています。

◆大資本の金もうけのためのガレキ受け入れ反対!
 第四に、ガレキ受け入れで、大資本が金もうけしようとしています。昨年来、被災地から政府に対して、ガレキを地元で処理するための焼却場建設を求めてきました。これを政府は拒否してきたのです。
 ガレキ処理のための1兆700億円は、ガレキ処理に関わる民間企業や地方自治体にばらまかれます。除染(じょせん)ビジネスに続き、ガレキビジネスで、大資本が金もうけするのです。習志野市は、労働者や住民を被曝させて、こんなキタナイ金を受け取る気なのか!

◆自治体労働者はガレキ受け入れ反対で闘おう!
 第五に、「ガレキを受け入れろ」というのは、原発大事故を引き起こした連中を免罪し、反原発闘争を分断して、原発を再稼働するための攻撃です。自治体労働者と住民を分断する攻撃です。
 自治体労働者、特に清掃労働者は、汚染ガレキの焼却処分で被曝します。自治体労働者は、自分と住民の命を守るために、汚染ガレキの受け入れに反対しよう。自治体労働者が闘うことで、汚染ガレキの受け入れを止められます。今なら間に合う! 共に声をあげよう!

悪の巣窟にデモ!

 昨日、悪の巣窟=国会に対するデモに参加してきました。雨にも関わらず、原発再稼働を許さない多くの労働者人民が結集しました。

P1000579 (640x480)
悪党どもが巣食っている国会。いかにも悪そうな雰囲気をかもしだしていました。
原発を推進し、福島原発大事故を引き越して、誰も責任を取らない国会議員ども。
国家財政がピンチだから消費大増税、と言いながら、何百億円も政党助成金を懐にいれる悪党ども。
再び、「原発は安全」と言って関西電力大飯原発3、4号機の再稼働を狙う野田や枝野などの極悪人。
早く悪党どもを打倒し、労働者人民が主人公の社会をつくろう! 

野田首相のデタラメを許さない!

野田政権は、子どもや孫たちのために財政再建が必要、だから消費大増税が必要であるかのように言う。子や孫に負担を残すな、と。じゃあ、最終処分方法も決まらず、全国の原発に蓄積された放射性廃棄物はどうなんだ。子や孫の世代にこれ以上、放射性廃棄物を残して良いのか。原発を動かせば、放射性廃棄物は増える。それでも原発再稼働に突き進む野田政権。こいつらが言う子や孫のため、というのは大ウソ。全部、資本家のためだろ!
いまから、再稼働阻止の緊急闘争です!

福島からの訴え!(15)

 原発いらない福島の女たち呼びかけ人/子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
 椎名千恵子さん

 経産省前で「未来を孕(はら)む女たちのとつきとおかのテントひろば」を12月1日に始めて、今日でちょうど4ヶ月がたちました。
 このテントがいろんな人たちとのつながりの核になり、「原発いらない福島の女たち」も各所で行動してきた中で、今回のハンストの呼びかけにいたりました。
 再稼働を許すかどうかということは、再びの「福島」を許すのかどうか、という問題です。過去を知り、歴史を学んでこそ、未来は展望できると思います。福島を絶対に繰り返させないためには、再稼働を止めなければならない。
 このテントから経産省をにらみつけ、再稼働を絶対に阻みたい。5月5日を廃炉記念日とできるように、みなさんとつながっていきたい。テントにもいらしてください。  

緊急行動! 再稼働阻止! 4・11反原発アクションへ!

 野田政権が、原発再稼働に向けた動きを強めています。野田政権は、今週にも関西電力大飯原発3、4号機の再稼働を政治判断し、経済産業大臣の枝野を地元の説得のために派遣しようとしています。
 原発再稼働阻止の正念場です。以下、緊急行動が呼びかけられています。結集を!

 原発ゼロへ! 止めよう再稼働 4・11アクション
 4月11日(水)午後6時 日比谷公園中幸門集合
         午後7時 デモ出発
   

福島からの訴え!(14)

 原発いらない福島の女たち呼びかけ人/ハイロアクション福島
 黒田節子さん


 4月1日、川内村では正式に役場機能が再開されます。郡山市は川内村から避難している人も多いので、避難している若いお母さんたちともよく話します。村に戻っても仕事はないし、大きな病院は閉鎖されお店も開いてない。みんな、本音では帰りたくないんです。
 だけど行政の方針に従わないと、「残る人は勝手にしろ」と何のサービスも受けられなくなる。しかも仮設住宅暮らしだと「あんたたちはいずれ帰るんでしょ」と正規雇用の仕事にもつけない。小さい子どもを抱えた若い人は、特に厳しい状況に置かれています。
 郡山市や福島市は子どもたちはすぐ逃げ出して欲しいほど高線量。子どもたちが日々被曝しています。国やマスコミが「除染すれば大丈夫」と大宣伝しているからです。本当に犯罪的です。殺人行為です。この現実の中で運動しているわけですから、正直、焦っています。
 にもかかわらず、一体どうして再稼働を考えるのか。はらわたが煮えくりかえります。再稼働は絶対に許しません。
 私たちは昨年4月、ほんの10人くらいで集まるところから動き始めました。それが3月11日には「原発いらない!」を掲げて1万6千人の集会が実現できた。大きな力になってきていると感じています。だけどまだ1けた足りない。もっと大きなうねりをつくりたい。
 リレーハンストを全国に発信したら、数えきれないほどの人が名乗りをあげてくださいました。
 福島の問題は福島だけでは解決しません。放射能は県境も国境も越えます。自分たちの子どもや孫のこととして、一緒にやっていきましょう。
 リレーハンストは、泊原発がとまって全原発がストップする5月5日まで続けます。廃炉に向けてがんばりましょう。

大阪・橋下の団結破壊アンケート粉砕の大勝利!

 大阪から大勝利の報告が!
 昨日(4/6)、大阪市長・橋下が大阪市で働く自治体労働者に行った団結破壊アンケートについて、労働組合立ち会いのもと、開封せずに廃棄された。大勝利だ!
 そもそも、このアンケートは、労働者に組合活動などについて密告を奨励する陰険かつ陰湿なもので、究極の不当労働行為であった。橋下は、「市長の業務命令」「正確な回答がなされない場合には処分の対象」とまで言っていたものだ。廃棄したとは言え、橋下の政治責任は極めて重い。自称弁護士のくせに、法律のなんたるかも理解せず、不当労働行為だと訴えられたら廃棄してしまう、全く腰の座っていない橋下。はっきり言って、労働者が団結したら、極めて脆弱で、無様な奴である。しょせん、強がりを言って、それに黙って従う人には、さらに強気にでるが、闘う者には弱い橋下。これが新自由主義の正体である。
 橋下は、公務員を攻撃して、あたかも社会が悪いのはすべて公務員労働者のせいであるかのように言い、公務員労働者の首切りと賃下げをやって、実は自治体の全業務を民営化して、資本が金もうけしていくことを狙っているのだ。
 公務員と言っても、政治家や高級官僚と、現場で働いている公務員労働者とは全く別である。一緒くたにしないでもらいたい。政治家や高級官僚は、天下りや政治利権で、国家財政や自治体財政に寄生して、金もうけしてきた連中だ。これに対する労働者人民の怒りは激しい。だが、自治体労働者(公務員労働者)は、奴らとは別だ。現場で毎日必死になって働いている公務員労働者は、民間で働く労働者と同じ、賃金労働をやっているのだ。
 公務員は優遇されている? それは政治家と高級官僚だけだ。公務員労働者と民間で働く労働者の賃金水準で、民間の側が低いのは、それだけ労働運動が後退して、民間の労働者が攻撃されてきたからだ。公務員労働者の賃金をさらに下げたら、民間で働く労働者にはもっと賃下げが襲いかかる。公務員バッシングは、公務員労働者と民間労働者を分断し、結局は、政治家や高級官僚、大資本といった連中が、金もうけしていくのだ。
 民間で働く労働者が社会のあらゆるものを生産し、社会を動かしているのと同じように、現場で働く自治体労働者がいるからこそ、世の中が回っているのだ。公共交通機関を動かす労働者、ゴミの回収をやる労働者、市役所で様々な窓口業務を行う労働者、上下水道の管理を行う労働者、学校給食をつくる労働者など、多くの職種の自治体労働者がいるから社会がまわっているのだ。
 だが、そうした現場で働いている労働者こそが一番強い! 現場で働く労働者が仕事をやめたらどうなるか? ゴミの回収をやめれば、街にはゴミがあふれる。バスや地下鉄の運転をやめたらどうなるか。会社や学校に行けずに、社会は止まる。簡単な事実である。
 最大の無駄は、資本と結託して、自治体労働者を攻撃し、金もうけを狙う橋下である!
 自治体労働者は、誇りをもって闘おう! 自分の仕事に誇りをもとう! 自治体労働者の仕事を橋下はやれないのだ!
 支援する会・習志野は、同じ自治体労働者として、大阪市で働く自治体労働者と心を一つにして、橋下打倒へともに闘う! お互い、闘う労働組合を甦らせるために闘おう! 

国鉄闘争全国運動6・10全国集会へ!

 国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動(国鉄闘争全国運動)が、国鉄闘争全国運動6・10全国集会を呼びかけています。
 呼びかけ文を掲載します。大結集しよう!

国鉄闘争を軸に新自由主義と闘う労働運動つくりだそう
 1987年4月の国鉄分割・民営化から今年で丸25を迎えます。国鉄分割・民営化は、戦後最大の労働組合破壊の攻撃でした。のみならず、その後の20数年で実に1千万人以上が非正規雇用に突き落とされるなど、日本における新自由主義の出発点でもありました。
 1047名の国鉄労働者の「解雇撤回」「原職復帰」を求める闘いは、総評解散など労働運動の後退という厳しさの中でも、新自由主義に対する大きな対抗軸となってきました。
 2010年4月9日の1047名闘争をめぐる政治和解にあたり、当時の前原国交相は、「1047名は万全の雇用対策を講じてきたにもかかわらず結果として解雇された方々」「民営化は大成果」「国鉄改革の完遂に全力あげる」などの答弁や談話を繰り返しました。
 1047名解雇撤回闘争は、あれほどの国家的不当労働行為に手を染めた政府にこのようなことを言わせるために25年闘ってきたのでしょうか。「政治和解」という形で、解雇撤回も政府による謝罪もないまま、国鉄分割・民営化が正当化され、1047名の20数年に及ぶ苦闘が否定されようとしたのです。
 JRの現状は、分割・民営化の「完成」とはほど遠い代物です。分割・民営化の行き着いた先は2005年4月の尼崎事故に象徴される安全の崩壊であり、業務の外注化と労働者の非正規化による労働者への果てしない攻撃です。尼崎事故をめぐる裁判では、JR西日本の山崎前社長に無罪判決が出されるなど、1047名問題だけでなく、国鉄分割・民営化で起きたすべてを隠蔽し、正当化する動きが台頭しています。
 国鉄闘争全国運動は、これに対抗せねばならないという必死の思いで「国鉄闘争の火を消すな」と訴え、2010年6月に国鉄闘争の新たな全国運動としてスタートしました。国鉄分割・民営化こそ20数年間の新自由主義の出発点です。この問題をあいまいにせず、国鉄闘争全国運動を無数の地域・職場に組織し、労働運動の復権・再建を目指したいと考えています。
 JR東日本では現在、検査修繕・構内業務の全面外注化をめぐる闘いが正念場を迎えています。検査修繕職場における7~8割の業務の外注化と1000人以上の労働者の強制出向が狙われています。
 動労千葉は、全面外注化攻撃を「第2の分割・民営化攻撃」と位置づけ、10年以上にわたり外注化阻止の闘いを展開してきました。この中で他労組も含め職場全体が外注化反対となり、平成採の若者が動労千葉に加入するなどし、4月1日の実施を阻止しました。
 国鉄闘争全国運動は2012年3月現在、26人の個人、2労組、韓国の民主労総傘下の主要な労組・連盟の代表32人が呼びかけ人となり、41の地域・職場に支援・共闘組織がつくられています。
 国鉄闘争全国運動は次の4つの性格を持っています。
①労働運動の後退・労働者の権利喪失の原点となった国鉄分割・民営化攻撃をあいまいにすることなく、1047名の解雇撤回をめざす。
②労働運動の総屈服状況に抗して、全国の労働者の団結、新自由主義攻撃に立ち向かう政治的な力をつくりだす。
③全国の職場・地域に無数の支援・共闘組織をつくることを通して、あらゆる職場・産別・地域から自主的な闘いを組織化する。
④被解雇者の闘いと生活を支える支援基金を募る。
 世界的な恐慌と長期不況、昨年の3・11大震災と原発事故、1千兆円に及ぶ財政赤字などの深刻な危機の中で、原発再稼働や復興特区、大阪・橋下の攻撃など新自由主義の攻撃が激化しています。国鉄闘争全国運動は、国鉄闘争を基軸に新自由主義と闘う労働運動をつくり出すことを呼びかけます。
 6月10日、文京シビックホールで全国集会を開催します。多くの結集をお願いします。

 6月10日(日)午後1時
 文京シビックホール

世界大恐慌下で、資産を倍増させた資本家の正体!

 世界大恐慌下で、資産を倍増させた資本家がいる。以下は、米Forbes(フォーブス)が発表した日本の長者番付・億万長者ランキングから(※為替レートは当時のもの)。

 2007年では36億ドル(4320億円、1ドル120円で計算)の資産で、日本の富豪第8位だったが、2012年では106億ドル(8692億円、1ドル82円で計算)の資産で、日本の富豪第1位にのし上がった資本家。さあ、だれでしょう?


 答えは、柳井正。ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長(ユニクロなど)だ。
 世界大恐慌の中で、膨大な労働者人民が生きていけない状況に叩き込まれているのに、なんと資産を倍増させているのだ。
 ユニクロは、生産を中国に外注化している。まさに、中国の低賃金労働者から搾取しまくって、資産を築きあげているのだ。
 これが資本主義の正体だ。労働者の手にすべてを取り戻そう!
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。