闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄県知事による辺野古沿岸部の埋め立て申請承認を弾劾する!

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題で、沖縄県知事の仲井真弘多は27日午前、政府が申請した移設先の同県名護市辺野古沿岸部の埋め立て申請を承認した。絶対に許せない!
 昨日の安倍による靖国神社参拝と一体の戦争・改憲に向けた許しがたい攻撃だ。
 沖縄県民を先頭にした労働者人民、全世界の労働者人民の怒りが安倍政権打倒・日本帝国主義打倒に向かって大爆発する。戦争・改憲に突き進む安倍政権を労働運動の力で打倒しよう!
スポンサーサイト

安倍首相による靖国神社参拝弾劾!

 安倍首相が12月26日の午前中、靖国神社を参拝した。絶対に許せない!
 靖国神社こそ、日本帝国主義による戦争で死んだ人間を神としてまつりあげ、国のために死ぬことを美化する戦争動員神社である。「死んだら靖国神社で会おう」などと言って、多くの青年労働者が国のために死んでいった。
 いま、靖国神社に参拝するということは、国のために死ぬことを美化し、正当化し、再び侵略戦争をやって、労働者人民を戦争に動員しようというものだ。
 特定秘密保護法や国家安全保障会議設置法を強行成立し、集団的自衛権の行使をできるようにし、改憲・戦争に突き進んでいることと完全に一体の攻撃だ。
 しかし、こうした安倍政権に対する労働者人民の怒り、国際的な労働者階級の怒りは不可避に爆発する。安倍政権は、完全に墓穴を掘った!
 戦争・改憲に突き進む安倍政権を打倒しよう!

「12・23パククネ退陣鉄道民営化阻止!民主労総不法乱入糾弾!」の動画


自衛隊による韓国軍への銃弾提供を許さない!

 安倍政権は23日、緊急の国家安全保障会議(日本版NSC)4大臣会合を開き、国連南スーダン派遣団に参加している韓国軍の要請を受け、陸上自衛隊の銃弾を国連平和維持活動(PKO)協力法に基づき国連を通じて提供する方針を決めた。PKO協力法に基づき国連に武器が提供されるのは初めて。
 戦争・改憲に突き進む安倍政権を労働者人民の怒りと、何よりも労働運動の力で打倒しよう!

反パククネロウソク3万人集会の動画


 韓国鉄道労組のストライキが11日目を迎えた12月19日、鉄道労組の組合員は全国からソウルに上京し、鉄道民営化攻撃を完全粉砕するまでストを無期限に継続するとの闘争宣言を行った。その数1万人。午後6時からは民主労総の各産別や市民団体も加わり、ソウル市庁前広場で3万人のロウソク集会が開かれ、鉄道ストを軸にパククネ政権との全面対決に突き進むことを宣言した。

12・18動労千葉総決起集会が行われました!

12・18動労千葉総決起集会
12・18動労千葉総決起集会が大結集でかちとられました。

 昨年10月1日に、車両の検査修繕業務や構内運転業務が千葉鉄道サービス(CTS)に外注化された以降も、動労千葉は外注化絶対反対で闘いぬいています。その中で、CTSのブラック企業としのて実態が次々と明らかになっています。
 一つは、JR東日本からCTSに発注された全般清掃について、実際には全般清掃が行われていない列車についても全般清掃を実施したとして、「完了」の印をおして報告されていることが明らかとなりました。しかも、全般清掃をやるべき列車の8割がやってもいないのに、全般清掃をやったことになっているというのです。やってもいない全般清掃をやったことにして、JRからの委託料をもらっているということは、完全な不正行為です。重要なことは、もしこれが車両の検査修繕業務でやられたらどうなるのか、ということです。車両の検査修繕業務について、やってもいないのに、やったことになったら、それこそ鉄道輸送の安全は崩壊し、事故に直結します。乗務員や乗客の命に係わる大問題です。CTSというブラック企業に、車両の検査修繕業務を外注化すること自体が間違っているのです。
 いまひとつは、CTSで清掃業務を行っていた動労千葉組合員のKさんが、過酷な勤務実態の中で、過労死した問題です。清掃業務では、一回の勤務で4~5万歩も歩いていることが明らかとなり、泊まり勤務は夕食をちゃんととる時間もありません。
 まさに、CTSは労働者には低賃金で過酷な労働を強制しながら、全般清掃をやっていなくてもやったことにして、金もうけしている極悪企業です。
 総決起集会では、JR東日本とCTSに対する激しい怒りが爆発し、ブラック企業=CTSをぶっ潰す決意が述べられました。
 また、JR貨物の年末手当が1・3ヶ月の超低額で、JR東日本(3・11か月分)との格差は広がるばかりです。JR貨物は、黒字決算するために、労働者の賃金を引き下げています。まさに、国鉄分割・民営化の大破綻の実態です。
 さらに、ライフサイクルによって、運転士が駅にたらいまわしにされていることについても、青年部長・北嶋君を来年2月1日に必ず奪還することを確認しました。
 動労千葉は、2014年をまたずに、2014年決戦体制に突入しました。動労千葉とともに闘う労働組合を職場からつくりだすために闘おう!

法令違反4千社超す…厚労省ブラック企業調査

※『読売新聞』12月17日(火)配信

法令違反4千社超す…厚労省ブラック企業調査

 厚生労働省は17日、若者の使い捨てが疑われる「ブラック企業」対策のため、今年9月に実施した集中取り締まりの結果を公表した。調査対象とした5111社のうち、82・0%にあたる4189社で、賃金不払いや違法な時間外労働といった違法行為が確認された。各労働基準監督署が是正指導しており、従わない場合は書類送検する方針だ。
 5111社のうち122社は、離職率が産業別の平均より高く、いわゆるブラック企業の特徴に近いとして抽出し、残りは、労基署などに苦情や相談があった企業などから選んだ。
 違反の内訳では、「労使の合意を超えて時間外労働させる」などの労働基準法違反が43・8%(2241社)と最多だった。「正社員の多くを管理職として扱い、時間外の割り増し賃金を支払っていない」などは23・9%(1221社)、「給与や休日などの労働条件が明示されていない」も19・4%(990社)あった。1社で複数の違反が確認されたケースもあった。
 業種別の違反割合では、飲食店などの「接客娯楽業」が87・9%でトップ。タクシーなど「運輸交通業」が85・5%だった。

福島からの訴え!(64)

福島県いわき市から反原発官邸前行動に参加した女子高校生

 私は“みどり色”に嫌悪感を抱きます。みどりの葉、みどりの木――『この色には放射性物質が付着している。危険だ!』。そういう意識が福島県から離れたところにあるどんなに美しい自然を見ても潜在的に働いてしまうのです。私の妹は保養で北海道に行った際、雨の中、傘もささずにこう叫びました。『やった! 雨に当たれる。奇麗な雨だ!』と。
 夜中に地震が起きた際、福島第一原発に何か起きていないかと案じ、眠れなくなります。私はこんな思いはもう二度と誰にもしてほしくない。そんな気持や世論をよそに、今の政権は信じ難いことをたくさんやろうとしています。秘密保護法案の早期成立、原発の再稼働。秘密保護法が成立してしまったら、ここにいる命を削って活動していらっしゃる方々がまず弾圧されるでしょう。でも、私は何があっても国家のこのような蛮行に屈したくありません。
 私は韓国で、ある方にこう言われました。『原発事故によって、あなたは大変な経験をしている。でもあなたには“核廃絶”を訴えて実現させる可能性がある。だから自分のする活動に自信を持って』と。日本人には“核廃絶”を実現する可能性があると、私は信じています。国がいかに国民を監視し、規制をしても、私たちの思想そのものを変えることはできません。私も皆さんのように強い意志を持って巨大な権力に立ち向かい続けたいと思います!

12・18動労千葉総決起集会へ!

外注化粉砕、労災隠し・偽装請負のブラック企業CTS追及!
貨物賃下げ攻撃粉砕! ライフサイクル撤廃-北嶋君奪還!

12・18動労千葉総決起集会
12月18日(水)18時~ DC会館2階大会議室

以下、『日刊動労千葉』12月12日号より。

外注化粉砕-ブラック企業CTS追究貨物賃下げ攻撃粉砕!ライフサイクル撤廃-北島君奪還!
12・18総決起集会へ結集しよう

動労千葉は、12月11日、第1回支部代表者会議を開催し、この年末から来年にかけての取り組みを決定した。11日にはCTSの不正行為疑惑に対して緊急申し入れをおこなった。CTSは、構内業務や仕業検査の外注化を受ける資格も何も無いのだ。JRとCTSは、外注化を中止し出向者を直ちにJRに戻せ!以下、第1回支部代表者会議で確認された取り組みを掲載する。

当面する取り組みについて

(1)外注化粉砕に向けた闘い
① CTS清掃業務における不正と労災隠し、エルダー社員急死問題。
※全般清掃をやってもいないのに完了印を押し、JRに提出していた問題。
調査結果にふまえ、本日申し入れ。団交による追究を経て回答によっては告発へ、
※金子氏急死問題
交渉の中で「業務とは関係ない」と開き直るCTSに対し、職場で実態調査をおこなったところ過酷な勤務実態が明らかになった。申し入れをおこない追究するとともに遺族の要請に応え労災認定の申請を行う。
◆ブラック企業CTSに検修・構内業務を請け負う資格など全くないことを徹底的に追究し、外注化粉砕の闘いにする。これは仕業検査に置き換えた場合、単なる不正に止まらず、安全にかかわる重大問題と捉えなければならない。
また、告発に踏み切ったときには記者会見を行い社会問題化する。
②教育・訓練における偽装請負追究の職場抵抗闘争。
※別紙方針に則り全体化する目的で取り組むこと。
※労働省告示をどのように読んで訓練を実施しているのか等、基本に返り改めて申し入れを行い追究する。
③出向無効確認訴訟第5回公判
※ 1月22日(水)10:30  東京地裁527号法廷

(2)貨物における賃下げ攻撃粉砕に向けた闘い
-夏季1・1、年末1・3箇月に見られる限度を超えた生活破壊攻撃。年間3箇月は生活給として超低額回答を行っておきながら情勢が変わったから2箇月と言い換えるペテン。
※分割・民営化の破綻を塗り隠すための黒字化とそれに協力する日貨労の裏切りを追究し、今春過程画策された一律賃下げ攻撃に反撃する決意をもって14春闘の最大の焦点に貨物の闘いを据える。

(3)ライフサイクル撤廃-北島君奪還に向けた闘い
-12月17日に団交。本人と共に関係各支部からの参加を。
※来年2月で3年を迎える中、交渉による追究を行い運転士への復帰を確約させる取り組みを強化する。回答如何によってはストライキの配置を視野に入れ改めて申し入れを行う。よって本人をはじめ本線運転士によるストライキも含む闘いを年明けにも配置することを念頭に闘争体制を確立すること。

3 鉄建公団訴訟最高裁での解雇撤回・JR復帰に向けた新たな10万人署名の取り組みについて
※最高裁での26年に及ぶ闘いに決着を付け勝利に導くためにも最重要な取り組みであることから別紙指示に基づき組合員一人10筆以上を目標に全力で取り組むこと。この目標を貫徹するためにも支部執行委員会等を開催し、パンフレットを活用することをとおし家族、エルダー組合員及び他労組組合員に呼びかける意思統一を図ること。
◆第一次集約については1月22日の出稿裁判開催日に第一次最高裁提出行動を行うため、前日までに本部に提出すること。
また、2・16労働者集会を開催する。

「不当な配置転換」取り消し求めコナミ社員が提訴

※12月11日(水)『毎日新聞』から

<コナミ>社員が提訴 「不当な配置転換」取り消し求め

 退職に追い込むための配置転換は無効だとして、コナミデジタルエンタテインメント(本社・東京都)の50代の男性社員が11日、配転の取り消しなどを求め東京地裁に提訴した。
 訴状などによると、男性は1991年、コナミ工業(当時)に入社。ゲームソフトの開発などに携わり、2011年5月に子会社のコナミデジタル社キャリア開発グループへ配転された。
 配属後はカードキーを取り上げられて原則自宅待機となり、応援業務としてパチスロ機の製造業務などに従事した。賃金は780万円(10年度)から計234万円減額された。
 代理人の指宿昭一弁護士は「配転命令は退職に追い込む不当な目的で、ゲーム開発のキャリアとは無関係の業務を強いるなど権利の乱用であり無効だ」と話している。

「年賀状ノルマでうつ、自殺」 遺族が損賠提訴

 さいたま新都心郵便局(さいたま市中央区)で2010年、集配営業課主任だった男性(当時51歳)がうつ状態になって自殺したのは、年賀状販売ノルマなどのストレスが原因だとして、男性の遺族4人が12月5日、日本郵便に約8000万円の損害賠償を求め、さいたま地裁に提訴した。
 原告側は、男性が郵便局で年賀状や暑中見舞いはがき、ゆうパック商品の販売に過大なノルマを課せられていたと指摘。2008年、ストレスでうつ状態と診断され、2010年12月、勤務中に郵便局4階から飛び降り自殺した。
 男性が何度も異動を希望したのに、適切な措置をとらなかったのは安全配慮義務違反にあたるとも主張している。
 男性の妻は5日、記者会見し「年賀状の販売ノルマは7000枚だった。ゆうパック商品のノルマも一年中あり、夫は疲れ切っていた」と訴えた。ノルマのうち売り切れない分を自費で買う「自爆営業」もあったという。

 自爆営業は郵政民営化で激増した。「命よりも金もうけ」が民営化と新自由主義の正体だ。
 闘う労働組合をつくりだして、この許しがたい現実をぶっ飛ばそう!

秘密保護法粉砕! 12・6行動の動画

支援する会・習志野が作成した「秘密保護法粉砕! 12・6行動」の動画です!



特定秘密保護法成立直前、警察がむきだしの弾圧体制!

昨日、特定秘密保護法が強行成立しました。国会前で採決強行弾劾を闘いました。闘いはこれからです!

3国会前
国会前はすごい数の労働者人民が結集!


国会前4
採決前になると、機動隊のバスが並び、議員面会場前を封鎖

国会前5
強行採決直前、私たちの前を警察が阻止線をはってきました。これが特定秘密保護法の正体です。

特定秘密保護法成立弾劾! 戦争・改憲に突き進む安倍政権を打倒しよう!
問われているのは、労働運動を職場からつくりだすことです。
闘う労働組合をつくりだすために闘うぞ!

特定秘密保護法粉砕! 今すぐ国会前へ!

国会前に来ています。すごい大結集です!
特定秘密保護法粉砕のために、今すぐ国会前に来て下さい!

本日、秘密保護法成立阻止へ、国会前に大結集を!

 昨日、特定秘密保護法案に対して労働者人民の怒りが大爆発して国会を包囲し、参議院本会議での採決を阻止しました。今日が大決戦です。採決阻止へ、国会を巨万の人民で包囲しよう!
 正午から参議院議員会館前へ!
 18時30分から日比谷野外音楽堂で「STOP!秘密保護法 12・6大集会」と銀座へのデモがおこなわれます。
 同じく18時30分から参議院議員会館前で「特定秘密保護法~成立させない! 絶対させない! 永田町大集会」が行われます。
 日比谷公園~国会前を巨万の人民で埋め尽くし、特定秘密保護法成立を粉砕しよう!

特定秘密保護法案の参院委での強行採決弾劾!

 本日午後、特定秘密保護法案が参院国家安全保障特別委員会で自民、公明両党の賛成多数で強行可決された。絶対に許せない!
 戦争・改憲に突き進む極悪政権=安倍を打倒しよう!

11・3労働者集会の発言27 憲法と人権の日弁連をめざす会代表・高山俊吉さん

11・3労働者集会の発言27

憲法と人権の日弁連をめざす会代表 高山俊吉さん

 暴れまくった新自由主義攻撃はついに、終焉(しゅうえん)の時を迎えています。弁護士の世界でも、弁護士激増のためのロースクール、法科大学院が今、どんどんつぶれています。新自由主義攻撃が現実にその足元から崩れてきました。
 そして裁判員制度です。裁判員制度はついに心的外傷後ストレス障害の患者を生んでしまった。自分はなぜ裁判員になったのか。その苦しみの中から、自分にこのようなことをさせる国は許せないと国家損害賠償訴訟を提起する人まで出てきました。私どもはこの闘いに連帯していきたい。
 国家安全保障会議設置法とは何か。特定秘密保護法とは何か。この一つひとつが、現に進む改憲そのものです。
 裁判員制度廃止に向けた闘いの戦列に、ぜひみなさん、さらにもう一歩前に出ていただけないだろうか。
 11月14日には日比谷公園霞門に結集して昼デモを行い、最高裁に断固、裁判員制度廃止を要求します。ぜひ一緒に加わっていただきたいと思います。
 新自由主義攻撃、改憲と戦争、これを「絶対に許さない!」という闘いは勝利的に前進しているということに腹の底から確信をもって、さらに邁進(まいしん)したいと思います。

11・3労働者集会の発言26 とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長・西川重則さん

11・3労働者集会の発言26

とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長 西川重則さん

 本集会の呼びかけ文を読み、心から感動しています。26年におよぶ国鉄闘争によって、国鉄1047名採用差別事件が国家的不当労働行為であったことがついに暴かれた。闘うみなさんに心からの敬意をまず申し上げたいと思います。
 私たち百万人署名運動は、今新たな決意で安倍内閣に直面しています。憲法改悪をめざす安倍内閣の政治姿勢を絶対に許すことはできません。
 臨時国会で「特定秘密保護法案」や「国家安全保障会議設置法案」その他”戦争に道を開く”悪法の審議が始まりました。それは、日米軍事一体化路線の強化による集団的自衛権の実現、憲法第9条を破壊して戦争に突き進む戦後最大の悪法の制定です。憲法が保障している諸権利を破壊し、すべての市民・労働者の自由を奪い、私たちの生きざまを根底から破壊していくことです。
 今日は改憲と戦争を阻止する大集会です。この闘いを国際連帯で展開しようではありませんか。
 最後にもう一度、声を大にして呼びかけます。改憲阻止! 戦争絶対反対! 特定秘密保護法反対! 集団的自衛権絶対阻止! 世界の労働者の団結、国際連帯を!

11・3労働者集会の発言25 合同・一般労組全国協小竹運輸グループ労働組合委員長 中村信幸さん

11・3労働者集会の発言25

合同・一般労組全国協小竹運輸グループ労働組合委員長 中村信幸さん

 私たちは中堅の運送会社で働く運転手です。
 今から2年前、少しでも働きやすい職場にしようと労働組合を結成しました。会社は結成当初から組合つぶし攻撃を仕掛けてきました。あくまで闘う組合員には露骨な配車差別をしてきました。
 昨年11月、同僚が会社構内で心筋梗塞(こうそく)で亡くなっているのが発見されました。会社は労災隠しに必死になりました。私たちは真正面から闘うことを決意し、遺族と協力して、今年5月に労災認定をかちとりました。
 会社はトレーラーなどを次々と子会社に移し、全社員にいったん解雇・転籍・1年契約を迫ってきました。転籍を拒否した私たちを追い出し部屋に押し込み、賃金は十数万円になりました。
 上部団体の建交労は何もしないので、9月に脱退し、合同・一般労組全国協議会に加盟しました。10月21日、裁判提訴と記者会見を通して社会に広く訴えています。
 私たちは公道が仕事場です。安全の確保は社会的責務です。小竹運輸の攻撃は国鉄を始め全国の労働者への攻撃と同じです。ともに闘います。

12・1星野全国集会は680人結集で大成功!

星野さん
演壇には、星野文昭さんの弟の修三さんが描いた星野文昭さんの似顔絵が飾られ、星野文昭さんも集会に参加しました。


星野暁子さん
再審の扉を開き、来年こそ、無実の星野文昭さんを取り戻して、文昭さんと一緒に集会をかちとろう。
星野文昭さんのメッセージを読み上げ、自ら闘う決意を述べた星野暁子さん


2014年こそ、100万人の労働者人民と結びつき、無実で獄中39年の星野文昭さんを取り戻す年にしよう!
 

自民党幹事長・石破が「デモ絶叫はテロと変わらぬ」と大暴言!

 自民党幹事長の石破茂が11月29日付の自身のブログで、特定秘密保護法案に反対するデモについて「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます。人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはない」と言い放った。絶対に許せない。
 これが特定秘密保護法案の正体だ。権力者の本音であり、労働者人民の怒りへの恐怖の表現だ。
 労働者人民は特定秘密法案が戦前の治安維持法と同じ、労働者人民に対する弾圧法案であることに怒りと危機感をもってデモにたちあがっている。まさに、石破が言うように、権力者どもはテロとデモを同一視して、デモにたちあがる労働者人民のあらゆる情報を公安警察などを使って掌握し、それを「特定秘密」として秘匿し、逮捕などの弾圧をしかけてくるのだ。特定秘密とされる「テロに関する情報」は、権力者どもにとってみれば、労働者人民の全ての闘いのことをさしているのである。
 これは、いかに権力者どもが、労働者人民の闘いに恐怖しているかを示している。石破の暴言も、特定秘密保護法案に対する労働者人民の闘いが急速に爆発を始めたことに対する焦りと恐怖だ。
 今週は、会期末に向かって、参議院での強行採決が狙われている。今こそ、石破発言に怒りを爆発させ、奴らを恐怖のどん底に叩き込むような、デモでの大絶叫をかましてやろう!
 石破は、「人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはない」とぬかすが、だったら、沖縄県普天間基地などで、米軍が日々やっていることは何なのか!

 本日、無実の星野文昭さんを取り戻すために、12・1星野全国集会が行われます。
 13時、星陵会館(永田町駅下車すぐ)です。集会後、デモもあります!
 大絶叫しまくろう!
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。