闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習志野市で清掃労働者の死亡事故 -大問題-

 本日(10/31)、『朝日新聞』の千葉版に重大な記事が載っていました。以下、全文を掲載します。

ごみ回収中事故 男性作業員死亡
習志野、ステップ乗車か

 習志野市の委託業者が資源ごみ収集車で回収中、男性作業員(67)が頭にけがをし、一週間後に死亡する事故があったことが30日、わかった。習志野署は禁じられているステップ乗車をして転落した可能性があるとみて、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)も視野に調べている。
 同署によると、8日朝、同市新栄1丁目のマンション周辺で作業員2人が資源ごみを収集車で回収していた際、この男性作業員が車から離れた後ろで倒れているのを、運転手の作業員(60)が発見した。病院に搬送されたが、頭を強く打っていて15日に死亡したという。
 作業員はいずれも市資源回収共同組合の加盟社の社員。同社は「ステップ乗車はしないよう指導していた」と話す。市は男性が死亡後、事故届を同社から受理したが、公表していない。宮本泰介市長は「市の業務従事者がお亡くなりになったことは重大だ。事実確認をしてから発表するつもりだ」と話している。


 一人の労働者が亡くなるという重大事故だ。
 委託業者や宮本市長のコメントを見ると、事故の責任を亡くなられた当該労働者や運転手におしつけ、自分たちにはないかのようにしようとしているのを感じる。
 そもそも、10月8日の朝に起きた事件について、習志野市は一切公表せず(ホームページに全く記載がない。10月31日9時現在)、『朝日新聞』が掲載する形で、事故が起きたことが知られるというのは、あまりにも不自然ではないか?
 宮本市長は、「事実確認をしてから公表するつもりだ」と言うが、事件からいったい何日が経過していると思っているのか。習志野市で生活する市民のためのごみ収集を行っていた労働者が死亡したのに、事実確認もせず、公表もしないとはどういうことなのか?
 この問題はけっしてあいまいにはできない。特に、労働者に責任をおしつけ、習志野市や委託業者が責任のがれをすることなど、断じて許さない!
 いまだ委託業者がどこなのかも不明だ。
 是非、この記事を読んだ方で、知っていることなどがあれば、メールなどで知らせてください。
スポンサーサイト

パワハラの責任は習志野市長・宮本泰介にあった!

 人事課の再任用Nさんに対する「10月から12月までの3ヶ月、雇用を更新」というパワハラ問題。
 再任用職員は1年の雇用更新なのに、Nさんだけ「3ヶ月更新」というやり方。これは、「早く辞めろ」という退職強要のパワハラです。
 重要なことは、この3ヶ月更新を誰が、どういう基準で、何のために判断したのかということです。
 わかっている事実としては、3ヶ月更新を判断したのは、任命権者、すなわち習志野市長の宮本泰介(41歳)ということです。
 つまり、Nさんに対する退職強要のパワハラの責任者は、習志野市長・宮本泰介にあるということです。
 これは大問題です。市長の勝手な判断で、「お前は1年更新」「お前は半年更新」「お前は3ヶ月」と決められるのです。こんなあり方を許せば、「お前は1カ月」「お前は更新しない」ということがまかり通ってしまいます。
 こんな市長の独断を絶対に許してはなりません。これは、Nさんだけでなく、すべての労働者の生活と未来がかかった問題です。市長の独裁を許さない声をあげていこう!
 習志野市長・宮本泰介(41歳)は、長年働いてきた労働者を大切にあつかえ!
 習志野市長・宮本泰介(41歳)は、どういう基準で、Nさんを3ヶ月更新にしたのかを明らかにしろ!

65歳まで働ける職場を!

 人事課の再任用職員Nさんに対する「3ヶ月更新」の嫌がらせは、Nさんだけの問題ではなく、全ての労働者の問題です。年金支給年齢の引き上げによって、60歳以降も働くことが生きていくために死活的です。働きたい人には無条件で65歳まで働くことができるようにすべきです。
 習志野市では、60歳退職で、その後再任用で65歳まで働けますが、1年ごとの更新です。
 ところが、Nさんについては、今年4月から「6か月ごとの更新」とされ(これ自体が不当!)、9月末雇い止めにされそうになりました。9月末雇い止めを阻止しましたが、なんと次は「10月から12月までの3ヶ月、雇用を更新」となったのです。12月末の雇い止めが狙われています。
 こんなデタラメなやり方があるでしょうか! これでは再任用職員はいつ雇用が打ち切られるかわかりません。
 Nさんの雇用問題を通して、習志野市に対して、「65歳まで働けるようにしろ!」とみんなで要求していこう!
 そもそも、60歳まで働いてきた先輩たちに、こんな仕打ちをすること自体が理不尽極まりないです。感謝の思いをもって、頭を下げて、65歳まで働いてもらうことが本来のあり方ではありませんか。

福島県知事選にあたって訴えます

福島県知事選に対するNAZEN福島の声明を掲載します

「オール福島」に対して、ふくしま共同診療所を軸にした〈避難・保養・医療〉の原則と、たたかう労働組合の建設でたたかおう!

 本日10月9日告示、10月26日投票の福島県知事選は、「オール福島」の名のもとの福島圧殺・切り捨て攻撃との闘いです。安倍政権とそれに屈した既成の全党派・勢力によるこの攻撃は、「フクシマの怒り」を絶望と失望、敗北主義で粉砕しようというものです。「よりましな」誰かを選択するということではなく、「福島の怒りで安倍政権を打倒しよう!」が私たち福島県民の回答です。私たちNAZENフクシマは、この福島の怒りで、動労水戸をはじめとしたたたかう労働組合と、〈避難・保養・医療〉の原則をかかげるふくしま共同診療所を拠点とした生き抜く団結をつくり、10・16郡山国鉄集会-11・2労働者集会への大結集を訴えます。

 安倍政権は、福島の怒りの沸騰に恐れおののいています。福島県知事選では、自民党独自候補を下ろし、民主、社民、連合との相乗りで、「オールふくしま」を掲げる内堀前副知事を推薦しています。内堀候補こそ中間貯蔵施設を受け入れて引退した佐藤前知事の後継者指名を受けた人物であり福島切り捨ての張本人です。
 
 一方、日本共産党もまた独自候補の擁立をせず、「脱原発=代替エネルギー」を掲げる熊坂候補に相乗りし、「オール福島」を標榜しています。医師で、「甲状腺外来も経験」を押し出し、被曝問題を取り上げるようなポーズを取りながら、小児甲状腺がん多発には一言も言及せず、「福島の復興なくして日本の復興はない」を掲げる熊坂候補は、復興のためには「最小限」の被曝を受け入れろということが本音です。政策説明会で、県立医大やIAEAとの連携を表明したことにも明らかです。だからこそ「被曝など気にしないで生活しよう」と医大を支持する民医連が牛耳る日本共産党が、「オール福島」を声高に叫んで推薦を決定したのです。安倍と日本共産党は、県民にどちらの圧殺者が良いかを選択しろと言っているに等しいのです。実に醜悪で許し難いことです。

 これに対し、井戸川元双葉町長が「避難の権利と全面的補償、帰町運動絶対反対、政府と県、医大の被曝隠し弾劾」を掲げて立候補しています。被曝からの避難、移住は労働者人民の当然の権利であり、政府と東電は無条件に補償するべきです。しかし、それは200万県民、13万避難民と全国の労働者人民が団結し、闘う労働組合を軸とした主体的決起ではじめて実現できる闘いであり、「命より金」の社会=新自由主義を打倒する闘いです。現実の格闘を抜きにして、県知事選の政策としてのみ掲げることは真に階級的団結の道とは言えません。

 福島の人々は3・11直後から、原発事故と被曝の現実と必死に格闘してきました。避難すべきことははっきりしているが生活のために離れられない現実、道一本で避難か否かを分けるようなすさまじい分断の現実があります。現在も県内外13万人の避難者、県外に避難した子どもたちは1万人以上、被曝の恐怖と不安、未来を奪われた生活で震災関連死は1700人を越えています。そして、小児甲状腺がんが103人、100万人に1人のはずなのに3000人に1人が発症し、6000人に1人がリンパ節転移など切除手術が必要なほどの状態にもかかわらず、「放射線の影響ではない」がくり返されています。

 環境省「東電福島第1原発事故に伴う住民の健康管理に関する専門家会議」(長滝重信座長)第4回会合(14・3・26)では、「年間1㍉シーベルト以上の場所にすんでいる人たちへの健診や補償を確約することが、この委員会がめざすべきものではないのか?」との崎山比早子さんの追及に、長滝座長は「今は1㍉シーベルトとかいう観念的な議論をしているのではない」と反論、ICRP委員でもある丹羽委員は「両親が離婚しても避けなくてはいけないほどのリスクなのか、というようなことをわれわれは議論しているのだ」と言い放っています。つまり、「政府が補償したらウクライナのように国家がつぶれてしまう。だから私が来た」と公言してはばからなかった山下俊一のように、政府は福島の被曝と健康被害を隠ぺいし、切り捨てようとしているのです。 

 だからこそ、私たちは全国の医師とともに診療所建設運動を起こし、ふくしま共同診療所を実現し、県立医大と対決しています。すでに1000人を越える甲状腺エコー検査受診者があり、子どもたちの未来と命を守る拠り所となっています。さらに、保養活動は医療と連携し、健康と命を守る重要な活動であり、また県内外の団結で生き抜く闘いでもあります。ふくしま共同診療所はこのような共同の闘いの中で、〈避難・保養・医療〉の原則を確立しました。「被曝ゼロ」を大原則として避難を薦めるとともに、福島の地で生きざるを得ない人たち、避難で困難を強いられている人たちとともに生きる医療をつくっていこうとするものです。

 そして、動労水戸の被ばく労働拒否の闘い、常磐線竜田延伸阻止の闘いは、闘う労働組合こそがあらゆる分断を打ち砕き、すべての労働者人民の団結を取りもどし、生活と未来を守る拠点となることを実践で示しています。9・11JR郡山総合車両センター包囲闘争は、外注化反対を真正面から掲げ、福島圧殺攻撃を職場生産点から打ち砕く闘いとして大成功をかちとりました。福島の怒りと安倍政権-葛西JR体制打倒の国鉄決戦を一つのものに押し上げました。外注化=多重下請け構造のもたらした究極の姿を福島原発事故という形で目の当たりにした私たち労働者人民は、外注化阻止の具体的な闘いのなかに労働者人民の未来を見ることができます。原発労働者が労働組合を作り団結して闘うなかにしか日本と世界の労働者人民の未来は絶対に展望できません。

 今、福島の怒りが為すべきことは、原発再稼働、原発輸出、そして戦争までやろうとしている安倍政権をうち倒すことです。県知事選で誰に私たちの未来を奪われるのかを選択するのではなく、人間としての根源的な怒りを解き放ち、団結して立ち上がるときです。「復興」一辺倒の「オール福島」のもとに階級性を解体し、資本主義・新自由主義の延命をはかろうといういっさいの動きに私たちは反対しなくてはなりません。告示直前まで行われた「候補者1本化」策動などの考え方そのものを粉砕し、激しい分岐を促進していくことこそが労働者人民の生きる道です。福島の怒りをとことん解き放ちましょう! 安倍政権打倒へ立ち上がりましょう!
                             2014年10月9日

職場の怒りがでたらめな雇止めをストップさせた!

※職場新聞『風雲』第19号を10月15日、発行しました。

「人として許せない!」職場の怒りが
でたらめな雇止めをストップさせた!
しかし当局は「3か月だけ更新」のいやがらせ!
 
 人事課の再任用職員Nさんに対する雇止め問題について、9月30日、人事課で再任用職員側(学校教育課 菊池と人事課 Nさん)と当局(総務部次長と人事課長)との間で交渉が行われました。結局「こういうやり方は人として許せない」という職場の怒りが当局を追いつめ、雇止めを断念させることができました。大勝利です。
 だがしかし!当局は今度は「3カ月だけ雇用を更新する」という新たないやがらせをNさんに行ってきました。まったく許せません。
以下、9月30日の交渉の内容です。

まずは公明正大な話し合いを要求した
次長  奥の部屋で話そう。
菊池  言った言わない、と後で問題になるので、密室ではなく、みんなが聞いている所で「公明正大」な話し合いにしよう。
※結局人事課の応接セットの所で話し合うことになりました

当局、いきなり「3か月のみ雇用更新」を通告
課長  「10月から12月までの3か月、雇用を更新します」(と、辞令を見せ、説明)
Nさん 4月の時には、「6カ月ごとの更新」と聞いた。
次長  そこまでは言っていない。1年を超えない範囲で更新する、ということになっている。

だれがこんなデタラメなことをやろうとしたのか
菊池  だれが「3か月更新」という判断をしたのか?
次長  「任命権者」(注:市長)だ。
菊池  市長が一人ひとり職員を見ているわけじゃないから、誰かが「こうしたい」って言ったんじゃないですか?
次長  いや、「任命権者」だ。
菊池  「3か月更新」なんて職員が他にいますか?
次長  いないです。

 課長の気分で勝手に決められる、なんておかしい
Nさん まさに「前代未聞」だ
菊池  到底納得できない。3か月にした客観的理由を明らかにして欲しい。でなければ課長の気分でいくらでも雇用期間を変えられるし、「こいつは嫌いだから」なんていう管理職の判断で勝手に決められてしまう。こうなった理由と、誰かの進言によってこうなった、などの経緯を明示して欲しい。
次長  伝えるか伝えないかも含めて、あとで伝える
菊池&Nさん (??)

 翌日から雇用が継続するかどうか前日(しかも「休日」)に伝える、なんてあり得ない
Nさん きょう(30日)は「勤務を要しない日」ですが、課長に来るように言われたので来ました。
菊池  (雇用が継続するかどうか)前日に言う、なんてことがあるんですか?
課長  29日に言おうとしたが、29日はNさんが「夏休み」なので、30日になった。
菊池  前日でも2日前でも同じでしょう。内示とかあるなら別だけど、前日に初めて次の日からの雇用が継続するかどうか伝えられる、なんて乱暴な話はない。今回の措置は「処分」みたいなものだから、本人の言い分を聞いたうえでやったなら別だけど、本人からの事情聴取もなく、当局が一方的に決める、なんて許されない。しかも根拠が薄弱、というか今のところ皆無ですよね。生活と人生がかかっているのに、こんなショッキングな内容を、前日に、しかも休日に呼び出して通告する、なんてドロナワもいいところだ。
Nさん もっと「血の通ったやり方」があるんじゃないですか?

 権力の乱用は許されない
菊池  管理職だ、ヒラだ、なんて言ったってお互い単なる一職員。それぞれの職員にリスペクトを持って接しないとまずい。権力を持っている、と言ったってタマタマそのポストにいるだけなんだから乱用は許されない。

 到底受け入れられない「3か月更新」
Nさん 「3か月更新」なんて考えもしなかったし、話が違う
菊池  「3か月更新」なんて話は今までどこからも出ていない。一人だけ特別扱い、というのは卑劣ないじめ、パワハラじゃないですか。人間を大事にする気持ちが全然ない。とにかく、今回の措置の理由と経緯を早急に明らかにされたい。(交渉終了)

今回の暴挙は氷山の一角。職場から不当な雇止め、パワハラ、いやがらせを一掃しよう!

市東さんが闘う決意!

20141012123658f39.jpg
萩原富夫さん

2014101212365976b.jpg
動労千葉の田中委員長

20141012123701ec4.jpg
市東孝雄さんが絶対に勝利すると宣言!

三里塚現地闘争スタート!

20141012120846778.jpg
反対同盟事務局長の北原さんの発言!

本日、三里塚反対同盟・市東さんの農地裁判裁判です!

201410081416430cd.jpg
裁判に先立って、東京高裁包囲デモ!

10・5ちば労働者集会を開催!

10・5ちば労働者集会
 10月5日、「職場で殺されてたまるか! 戦争で殺されてたまるか! 闘いなくして安全なし! 安倍打倒! ちば労働者集会」が行われました。動労千葉の組合員とちば合同労組の組合員をはじめ、県内から闘う労働者が大結集しました。
 国鉄1047名解雇撤回闘争の勝利にむけて、最高裁10万筆署名を達成すること、11・2全国労働者総決起集会への大結集を確認しました。発言としては、動労千葉の田中委員長と合同労組の諸町委員長の発言、国鉄闘争全国運動呼びかけ人の金元重さん、動労千葉争議団の中村仁さん、10・1ストライキにたちあがった動労千葉幕張支部の半田さん、新たに動労千葉に加盟した3人の動労千葉組合員、動労千葉を支援する会の仲間からの発言がありました。
 ちば合同労組からは、新たに分会を立ち上げる発言や、追い出し部屋と闘う労働者の発言、また県内各地で闘う労働者の闘いの報告などもありました。
 支援する会・習志野は、9月末の雇い止めを粉砕した勝利報告を、当該労働者も参加して行いました。
 また、三里塚反対同盟の市東孝雄さんも参加し、10・8市東さんの農地裁判と10・12三里塚現地闘争への大結集を訴えました。無実の星野文昭さんを取り戻す闘い、裁判員制度を粉砕する闘い、福島から子どもたちを避難・保養させる取り組みを行っている団体からの発言もありました。
 大結集とともに、それぞれの発言がすばらしく、闘う労働者を主体とした労働者集会として大成功しました。
 この集会に支援する会・習志野として参加し、発言できたことは光栄です。
 9月末雇い止めを粉砕したとはいえ、習志野市当局は3ヶ月雇用と言っているので、闘いはこれからです。巨大な闘いをつくりだす中で、今こそ闘う労働組合を習志野でつくりだすために闘う決意です!

鈴コン完全勝利!

 9月30日、解雇撤回・現職復帰を闘う東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会の仲間が、東京高裁で、解雇撤回・現職復帰、期間の定めのない雇用をかちとりました。歴史的大勝利です。
 外注化阻止・非正規職撤廃へ、ともに闘おう!

9月末雇い止めを粉砕!

 人事課の再任用職員Nさんに対する9月末雇い止め攻撃は粉砕しました。
 しかし、習志野市当局は「とりあえず3ヶ月更新」とふざけたことを言っているので、大問題化して粉砕します!
 非正規職撤廃! 65歳まで働ける職場をつくろう!

10・1スト貫徹! 動労千葉総決起集会!

20141001154026f04.jpg
動労千葉総決起集会を開催!

動労千葉がストライキ突入!

20141001134557a91.jpg
ストライキに突入する幕張車両センターに向かってシュプレヒコール!

20141001134554f4b.jpg
正午になり、ストライキに入って車両センターから出てくる動労千葉組合員!

2014100113455680e.jpg
ストライキに入った動労千葉組合員とともにシュプレヒコール!

外注化粉砕ストライキに突入した動労千葉とともに闘おう!

雇止めは「解雇権濫用」という判決が出ている!

雇止めは「解雇権濫用」という判決が出ている!

2010年大阪高裁で下記のような判決が出ています(毎日新聞記事より)。また昨年の「高齢者雇用安定法」改正で希望者全員の65歳までの雇用が企業に義務づけられるようになりました。

 京都府向日市の倉庫会社を60歳で定年退職後、同社に再雇用された大津市の男性(62)が、1年での雇用打ち切りを不服とし、同社に対し賃金の仮払いなどを求めた仮処分申請の抗告審で、大阪高裁は再雇用継続に対する男性の「期待権」を認め、仮払いを命じる決定を25日付で出した。65歳までの雇用確保を義務付けた改正高齢者雇用安定法(06年施行)を踏まえ、前坂光雄裁判長は「男性が雇用継続を期待することには合理性があり、雇い止めは解雇権の乱用に当たる」と判断した。
 決定などによると、男性は67年、親会社に就職し、08年6月の定年まで子会社の倉庫会社で働いた。同社は同年、同法に基づき64歳までの再雇用制度を導入。男性も1年ごとに契約を更新する前提で再雇用されたが、09年6月、業績不振を理由に打ち切られた。
 高裁は、男性以外の被再雇用者の契約は更新されたことなどから「会社は雇用継続の努力を尽くしていない」と指摘。男性が定年まで勤め上げたことも考慮し、打ち切りは不適当と判断した。

…戦時中の「敵性語」ってヘンだよ…

どうでもいい雑学コーナー  …戦時中の「敵性語」ってヘンだよ…

「花子とアン」終わっちゃいましたね。
ところで、戦時中は、英語はもちろん「敵性語」という名の言葉狩りが行われ、本当にヘンな世の中でした。「恋」という言葉は「チャラチャラしている」ので公共のメディアでは使えなくなり、童謡の「たき火」は「戦時下でたき火をしたら敵に場所を教える」から、と放送禁止。「サンデー毎日」は「週刊毎日」という週刊誌なのか日刊紙なのかわからない名前にされ、「サイダー」は「噴出水」、「コロッケ」は「油揚げ肉饅頭」。日本がまたヘンな世の中に戻るのはゴメンですね。

えっ?そんな理由で雇止め?あり得ない!

※職場新聞『風雲』第18号を発行しました(9月29日)。

えっ?そんな理由で雇止め?あり得ない!
 去る9月18日、総務部次長と人事課長が人事課の再任用職員Nさんを呼び出し、「10月1日以降も働く気があるのか?」と雇止めをほのめかすような発言をする、という「事件」が起こりました。
 さらに人事課長からは「話すことがあるから、9月30日は出勤日ではないけれど職場に来てくれ」と休日に呼び出されています!あまりに異様な対応です。一体人事課で何が起こっているのでしょうか?
今年の夏は異常な暑さで夜眠れなかったこともあり、疲れたNさんが仕事中うつらうつらしてしまったことを当局は「人事課なんだから、そんなことがあっては他の課に示しがつかない」と問題にしているそうです。
そんな重箱のスミをつつくようなことをして職員をいじめるより、管理職ならもっと他にやることがあるだろう! 職場の仲間はあきれています。

職場の声  この社会で何よりも大切なのは人間じゃないのか

今年の夏はヒラも管理職も暑くて眠れなかった
今年の夏は死ぬほど暑かったので夜眠れなかった。だから管理職でも時々ウツラウツラしていたし、定年後の再任用職員だったらよけい疲れやすいに決まっている。
こんなことで雇止めをほのめかすなんて、いじめ、パワハラだよね。同じことをされたらみんな怒っちゃうよ。

人間を大事にしない職場ってやだね
職場を回しているのはオレたち職場の労働者だ。一人ひとりをいたわり合い、「きょうもみんなで楽しくがんばろう」という職場にしなけりゃいけないのに、逆に職員をいじめているようじゃ話にならない。暗い職場になって仕事もうまく回らなくなる。

長年習志野市を支えてきた大先輩に何てことを
Nさんは元々習志野高校の先生で、26年間教鞭をとった後、今の総合教育センターで働き、定年を迎えた。習志野高校時代の教え子が市役所職員の中に何人もいるし、長年習志野市を支えてきた大先輩。その大恩人に対し、こんな失礼きわまりない扱いをするなんてダメよ、ダメダメ。

在職中の病気で障がいを持つようになったのに
Nさんは習志野高校在職中の病気がもとで、身体に障がいを持つようになった。市役所は民間の模範となるよう、障がい者雇用率が民間企業の雇用率を下回ってはいけない、とされている。それなのに、突然こんなヒドい扱いをする、なんて自治体として恥ずかしい。


プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。