闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故おこした熊倉商店社長  市の防犯協会会長だった!

※今朝、千葉労働組合交流センター自治体労働者部会の仲間が『団結ニュース』第89号を習志野市役所前で配布したので紹介します。

習志野市の清掃労働者死亡事故
事故おこした熊倉商店社長
市の防犯協会会長だった!


 半年たっても「警察による捜査中」

 昨年10月に習志野市で起きた清掃労働者死亡事故から半年がたちました。死亡事故の原因を明らかにし、死亡事故を起こした熊倉商店を処分するのは当然のことです。
 しかし、死亡事故から半年も経過するのに、習志野市の宮本市長は「警察による捜査中」を理由にして、いまだに事故原因を明らかにしていません。
 死亡事故を報道した『朝日新聞』(昨年10月31日)では、「習志野署は禁じられているステップ乗車をして転落した可能性があるとみて、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)も視野に調べている」とあります。
 ここまで具体的に報道された以上、事故原因はすぐに公表されると思っていました。

 「事故原因が不明」という不思議

 ところが、事故の原因は公表されず、月日だけがすぎていきました。
 私たちはステップ乗車による死亡事故を前提に、労働災害の問題、習志野市と習志野市資源回収協同組合との利害関係、死亡事故を起こした熊倉商店の社長が宮本市長の後援会長であることなどを問題視し、追及してきました。
 様々な利権構造が明らかになるうちに、「事故原因は誰が見ても明らかなのに、なぜ事故原因を公表しないのか」という疑問が生じました。
 この点の調査を進めてきました。

 防犯協会会長が「法律違反で死亡事故」はまずいということか?

 重要な事実が明らかになりました。
 死亡事故を起こした熊倉商店の社長は、習志野市の防犯協会会長であるということです。
 防犯協会会長が法律違反のステップ乗車をやって死亡事故を起こしたとなれば、習志野市を揺るがす大問題です。
 だから、法律違反のステップ乗車をやっていたかも不明(「捜査中」)という扱いにし、事故を起こした熊倉商店は行政処分も逮捕も書類送検もしないということではないのか?
 死亡事故は永久に「捜査中」となり、宮本市長は「捜査中」を理由に、自分の後援会長である熊倉商店を処分もしないし、ゴミ収集の委託をし続けて、甘い汁を吸い続ける関係を続けるということではないのか?
 こう考えると「死亡事故の原因を公表しない」という説明がつきます。
 『朝日新聞』の報道がなければ、事故が起きたことすら、表に出なかったかもしれません。

 労働者がいるから現場がまわる!

 私たちは、死亡事故問題をあいまいにすることはできません。
 習志野市で働く全ての労働者が人間が生活する上でなくてはならない重要な仕事をしており、一人一人が決定的な存在です。仕事における安全を守り、労働者が生き生きと働ける職場をつくることが必要です。
 清掃労働者の死亡事故に限らず、職場は長時間労働、人員不足、パワハラなどが起きており、メンタルになって休職、退職になる労働者も少なくありません。労働者をないがしろにしたあり方が、清掃労働者の死亡事故にまで行き着いたと思います。
 宮本市長は「5分でできる仕事を4分で」などと、さらに労働強化をあおることを平気で言います。
 しかし、現場を動かしているのは習志野市で働くすべての労働者です。宮本市長がいなくても現場は動きますが、労働者がいなければ習志野市は一日たりとも成り立たないのです。

 労働者の命を守る労働組合を!

 韓国の労働組合のナショナルセンターである民主労総は、4月からゼネラルストライキにたちあがります。
 労働者がストライキに立ち上がった時、社会を動かしているのが誰なのかがはっきりします。
 労働者が胸をはって生き生きと働ける職場をつくるためにも、労働者が団結して闘う本物の労働組合が必要です。死亡事故問題を決してあいまいにせず、労働者、安全、雇用を守る本物の労働組合をつくりだそう!
スポンサーサイト

4・5動労神奈川結成集会を開催!

201504061514539a5.jpg
4月5日、動労神奈川結成集会が172人の結集でかちとられました。
組合結成に対して、一ヶ月の雇い止め解雇を言ってきたJR関連資本に対して、ストライキを闘い、雇い止めを粉砕する大勝利をかちとりました。
写真で発言している人がストライキに立ち上がった動労神奈川の青年労働者。

人事課Nさんの一年間雇用をかちとったぞ!

 再任用で働く人事課のNさん。再任用は、普通は1年間の雇用ですが、昨年1年間は、宮本市長によるパワハラによって、6カ月、3カ月、3カ月の細切れでの雇用が続きました。退職勧奨のパワハラです。
 パワハラを許さないビラをまいて闘ったところ、2015年4月から1年間の雇用をかちとりました!
 大勝利!
 労働者の雇用と安全、命を守る労働組合をつくろう!
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。