闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍超反動政治に鉄槌を!

 昨日、衆議院が解散され、12月2日告示、14日投開票の衆議院選挙が行われることになった。
 安倍は2015年10月実施予定の消費税10%化を2017年4月からに先送りし、アベノミクスの是非を問う選挙であると言っている。
 安倍政治の2年間の是非を問う選挙戦となった。
 アベノミクスに加え、集団的自衛権の発動、原発再稼働、TPP、沖縄辺野古基地建設、特定秘密保護法、消費税10%化、労働者派遣法改悪など、あらゆる問題が焦点となる。自民党は選挙公約に安倍反動政治の全てを盛り込み、選挙で過半数を得て、「全てが承認された」と称して、こうした戦争と民営化の超反動政治を進めようとしている。
 そういう意味では、超反革命的なクーデター的な極悪な意図に貫かれた解散・総選挙である。

 しかし、今回の解散・総選挙は、安倍が満を持して行っているわけではない。
 自民党・公明党で326議席(衆議院)を保持する安倍政権は、見かけ以上に激しい危機と労働者人民の怒りに直撃され、上記政策を行っていくことが不可能となり、解散・総選挙で「信任された」という形をとる以外にないところにまで追い詰められているのである。
 安倍は8月ごろには年末の解散・総選挙を描いていたという。これも、7・1集団的自衛権行使の閣議決定に対する労働者人民の怒りに直撃され、集団的自衛権行使のための関連法制を行うためにも、解散・総選挙で過半数を得て、「集団的自衛権行使は承認された」という形をつくらざるを得なかったということだ。

 安倍政権を追い詰めているのは、世界大恐慌の爆発による帝国主義間・大国間の争闘戦が戦争化する段階に突入しウクライナ、イラク・シリアで戦争が火をふき、むきだしの軍事力で資源・市場・勢力圏を奪い合う段階に突入したこと。さらには、3・11福島原発大事故による福島を先頭にした労働者人民の激しい怒り、特定秘密保護法や集団的自衛権に対する労働者人民の怒り、何よりもアベノミクスなる資本家の延命のための階級戦争が労働者人民を生きていけないどん底に突き落としていることへの労働者人民の激しい怒りだ。そして、その先頭に動労千葉をはじめとした階級的労働運動が国鉄1047名解雇撤回闘争を掲げ、階級的労働運動の全面的な創造をかけて闘いぬいていることである。
 議会の数で政治は決まらない。労働者人民の激しい怒りと団結した行動が安倍政権と対決し、安倍を解散・総選挙という大反革命に打って出なければならない所に追い詰めたのだ。

 しかも、安倍は沖縄県知事選挙で沖縄県民の怒りに直面し、7~9月期GDPがマイナス1・6%(年率換算)という誰が見てもアベノミクスの大破産を突きつけられている。
 安倍は、解散・総選挙で一発逆転を狙っているが、完全に墓穴となるであろう。
 解散・総選挙ですべての反動政治の承認を得ようなどということが通用するわけがない。
 必ずや、衆院・解散総選挙で安倍は労働者人民の怒りの鉄槌を受けるであろう。

 今や、衆院・解散総選挙で、労働者人民の真の代表が登場するときをむかえた。
 いま必要なのは、階級的労働運動の巨大な前進と、それと一体で進む本物の労働者の党である。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。