闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習志野市の清掃労働者死亡事故 「労災かくし」は許さない

※今朝、千葉労働組合交流センター自治体労働者部会の仲間が『団結ニュース』第81号を習志野市役所前で配布したので紹介します。

習志野市の清掃労働者死亡事故
「労災かくし」は許さない

 事故の経過
 10月8日、習志野市でゴミ回収中の清掃労働者が頭にけがをし、一週間後に死亡する事故が起きました。事故の原因は、禁止されているステップ乗車をして転落したと言われています。
 この問題について10月31日、『朝日新聞』が報道しました。
 習志野市は11月4日、「資源物収集運搬業務における事故の報告」をホームページで公表、7日に「労働災害防止の文章を習志野市資源回収協同組合代表理事に手渡す」としています。
 習志野市は「本件については警察の捜査が継続中であります。事実確認をした上で、過失等が判明した場合は、同組合に対して厳正に対処します」と言っていますが、11月27日の時点では、その後どうなったのか不明です。
 この死亡事故については、多くの疑問が浮かび上がっています。
 警察の捜査はまだ継続中か?
 第一に、10月8日の事故から1カ月半以上が経過しているのに、警察による捜査は継続中なのでしょうか?
 労働者が亡くなられているのに、あまりにのんびりしていませんか?

 事故を隠そうとしたのでは?
 第二に、事故が起きてから一カ月ほどたって、習志野市が公表したことです。『朝日新聞』が10月31日に報道してから、習志野市の見解が出たことは、習志野市が事故を知りながら隠ぺいしようとしていたのではないか、という疑念を持たざるをえません。

 労働基準監督署に届けたか?
 第三に、事故がおきて直ちに労働基準監督署に報告したのでしょうか?
 この点については全く不明です。労働基準法施行規則第57条及び労働安全衛生法規則第97条では、事業者は労働災害等により労働者が死亡又は休業した場合には、遅滞なく、労働者死傷病報告等を労働基準監督署署長に提出しなければなりません。
 厚生労働省も「労災かくしは犯罪です」と言っています。
 また、被災者・遺族に代わって労災保険の申請手続きを行ったかどうかも不明です。
 そもそも、委託業者(習志野市資源回収協同組合)が労災保険や社会保険に入っているのかどうかも不明です。労災保険に入っていないとすれば、そのような業者に業務を委託していること自体が大問題です。

 委託業者を処分したのか? 
 第四に、委託業者に対する処分がどうなっているのかが不明です。
 死亡事故という重大事故を起こした場合、普通は業務停止命令などが行われます。しかも『朝日新聞』ではステップ乗車という道路交通法違反による死亡事故の可能性が指摘されています。法律違反を行っていた委託業者が、死亡事故後もゴミの回収事業を行っているとすれば、習志野市の対応として極めて不適切だと言わざるをえません。
 また、委託業者に責任をおしつけ、習志野市が責任を回避することは許されません。本来は習志野市が直営で行うべきゴミ回収を、業務委託していることが問われなければなりません。

 労働組合は何をしているのか!
 第五に、労働組合(習志野市職員労働組合連合会)の動きが全く見えないことです。
 習志野市で働く清掃労働者が仕事中に死亡するという大問題は、労働組合が真っ先に問題にすべき問題です。労働組合こそが労働者の命と安全を守る責任があります。

 労働者が安全に働ける職場を!
 労働者が仕事中に死亡することなど、あってはならないことです。事実関係を全て明らかにし、習志野市と委託業者の責任をはっきりさせなければなりません。労働者が安全に働ける職場をともにつくっていきましょう!

<習志野市へのお願い>
①死亡事故を起こした委託業者を明らかにして下さい。
②事故を労働基準監督署に届け出たのか、それはいつかを明らかにしてください。
③委託業者にどのような処分を行ったのかを明らかにしてください。

情報提供をお願いします
 chibajichi@yahoo.co.jp
 情報提供者は必ず守ります。事故について知っている事を教えて下さい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。