闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故の根本原因は民間委託

※今朝、千葉労組交流センター自治体労働者部会の仲間が『団結ニュース』第83号を習志野市役所前で配布したので紹介します。

習志野市の清掃労働者死亡事故
事故の根本原因は民間委託
習志野市の直営に戻すべき


 10月に習志野市で起きた清掃労働者の死亡事故。直接の原因は、道路交通法で禁止されているステップ乗車を行い、清掃車から振り落とされて転落したことにあると言われています。
 しかし、根本的な原因は、習志野市が本来、直営で行うべきゴミの収集や中間処理などを、民間業者に委託していることにあります。
 習志野市と熊倉商店の責任をはっきりさせるとともに、二度と死亡事故を起こさないために、ゴミ収集事業を民間業者にまかせるのではなく、習志野市が直営で責任をもって行うべきです。

市の直営なら事故は起きなかった

 習志野市が責任をもって人員を配置してゴミ収集を行っていれば、死亡事故など起きなかったはずです。
 毎日見かけるゴミ収集では、清掃車を運転する人ともう一人の労働者が、時間に追われながらやっています。
 運転手でない人がゴミ収集地点に走っていく姿は良く見かけます。
 ひどい自治体では運転手が運転とゴミ収集の両方をやっています。
 限られた時間で、広範囲な地域でゴミ収集を少ない人数でやろうとすれば、禁止されているステップ乗車をやらざるを得なくなるのでしょう。

事故責任を労働者に押しつけるな

 熊倉商店は、「ステップ乗車をやらないように指導していた」と言って、あたかも事故の責任が労働者にあるように言いますが、労働者には何の責任もありません!
 一切の責任は、ゴミ収集を民間委託してきた習志野市と少ない人数でゴミ収集をやらせていた熊倉商店です。この点をはっきりさせる必要があります。

 企業をもうけさせる民間委託

 習志野市議や市民の調査によると、習志野市と習志野市資源回収協同組合は、年間約3億7千万円の随意契約で①粗大ゴミ・資源物等の中間処理業務委託、②資源物収集運搬委託、③可燃物収集運搬委託の廃棄物処理業務契約を行っています。
 これに加え、集まった「粗大ゴミ・資源物等」を、習志野市が資源回収協同組合に格安で売却し、回収協同組合が最終処分業者に高く売っているという事が指摘されています。
 つまり、資源回収協同組合は①随意契約によって億単位の委託料金を得ることに加え、②資源物を処理することによってさらに利益を得ることができるのです。
 これでは、民間企業をもうけさせるための業務委託だと言われても仕方がないのではないでしょうか。

癒着関係があれば絶対に許せない

 熊倉商店の熊倉一夫氏は習志野市長・宮本泰介氏の後援会長をつとめているそうです。また、習志野市議会では、熊倉一夫氏と市の幹部が10年間にわたって、市の税金で中国旅行で大宴会をやっていたことが追及され、今年から中止になっています。
 仮に、民間企業と市長・議員・市の幹部が腐敗した利害関係があるのならば、それだけで刑務所行きの問題です。

随意契約を解除し市の直営に戻せ

 このような疑惑を払拭するためにも、ステップ乗車という道路交通法違反による死亡事故を起こした民間企業との随意契約を直ちに解除し、習志野市の直営でゴミ収集・処理事業を行う体制を取るべきです。
 その際、資源回収協同組合で働いていた全ての清掃労働者を習志野市の職員として正規雇用すべきです。

 民間委託反対の労働組合が必要

 清掃に限らず、市が行う公的事業のあらゆる民間委託と、それにともなう非正規雇用化に反対しよう。労働者の雇用、命、安全を守る本物の労働組合をつくりましょう。「労災かくし」を許さず、働きやすい職場をつくろう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。