闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市長「5分の仕事を4分で」 これではまた事故がおきる

※昨日、千葉労働組合交流センター自治体労働者部会の仲間が『団結ニュース』第87号を習志野市役所前で配布したので紹介します。

習志野市の清掃労働者死亡事故
市長「5分の仕事を4分で」
これではまた事故がおきる


 習志野市の宮本泰介市長が「5分間でできる作業を4分でしよう。」と市長訓示で言っています(2月3日)。
 こんなことを実践すれば労働強化となり、大事故が起きます。
 宮本市長は、昨年10月に習志野市で起きた清掃労働者死亡事故を反省するどころか、再びくり返そうとしています。労働強化を許さず、労働者の命と安全を守るためにも、労働者の立場にたった闘う労働組合をつくりだそう。

2時間の仕事を1時間36分で出来るわけない!

 「5分でできる作業を4分で」を、1時間におきかえると「1時間でできる作業を48分で」となり、2時間におきかえると「2時間でできる作業を1時間36分で」となります。
 こんなこと不可能であり、本気でやろうとすれば仕事の安全は崩壊します。

清掃労働者死亡事故の原因は時間に追われていたからだ

 清掃労働者の死亡事故の直接の原因は、道路交通法で禁止されている危険なステップ乗車をやったからです。
 ゴミを回収する労働者が、ゴミの回収地点から回収地点に移動するとき、清掃車後部のステップ台に足をのせ清掃車につかまって移動するのがステップ乗車です。
 死亡事故は、清掃労働者が清掃車からふり落とされ、頭を強く打ったことが直接の原因です。
 なぜ、こんな危険なことをせざるを得なかったのでしょうか。それは、少ない人数で大量のごみを限られた時間で回収しなければならず、時間に追われて急いでいたからです。これが清掃労働者死亡事故の真の原因です。

市長訓示を実践すればまた死亡事故が起きる

 宮本市長の「5分でできる作業を4分で」を清掃労働者にたとえてみれば、「今まで2時間かけてゴミ回収していたのを1時間36分でやれ」ということになります。
 これでは、清掃労働者に危険なステップ乗車をさらにやらせ、大事故が起きることになります。
 宮本市長は、清掃労働者の死亡事故がなぜ起きたのか、くり返さないためにはどうしたら良いかなど、全く考えていないようです。
 死亡事故を痛切に反省すれば、「5分の仕事を4分で」などと、決して言えるものではありません。
 まともな市長ならば、習志野市で働いている労働者に感謝し、事故が起きないように人員を配置すべきです。
 ところが逆に「もっと働け」と言うのは、現場で働く労働者のことを全く考えていないということです。

腐った癒着関係が死亡事故を引き起こしたもう一つの原因

 清掃労働者の死亡事故から4ヶ月以上がたちますが、宮本市長は事故の全容を明らかにせず、隠ぺいしています。
 死亡事故を起こした熊倉商店は労災保険未加入のブラック企業です。
 熊倉商店は、死亡事故の労災かくしという犯罪まで行い、それを宮本市長は容認し続けています。
 熊倉商店の社長が宮本市長の後援会長だからと言って、熊倉商店の責任を問わないのはふざけきっています。
 習志野市は、事務所実態のないプレハブ小屋が本社事務所の習志野市資源回収協同組合と年間約3億7千万円の随意契約をし続けています。
 こうした腐ったあり方が死亡事故を起こしたもう一つの原因です。

労働者の団結が腐った市政を変えることができる

 こうした腐ったあり方がまかり通っているのは、労働者の命と安全を守る労働組合が存在しないからです。
 現場を動かしているのは労働者です。労働者が団結すれば、腐った市政を変えることはできます。市で働く労働者が団結できる労働組合をつくろう!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。