闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島からの訴え!(4)

 福島県本宮市職員労働組合 富川和朋さん

 連れ合いが3・11の時に妊娠7ヶ月で、6月に出産予定日をひかえていました。12日に一号機、14日に3号機が爆発して、いつまた次の爆発が起きるかわからない状況で、「このまま福島にいてはやばい」と札幌の僕の実家に行くことを決めた。電車もストップ、高速道路も通れないしガソリンもない。14日に「福島空港から札幌への直通便は動いている」というニュースがあったので、15日朝一番に福島空港まで送って札幌に行かせました。
 連れ合いとはその後、ゴールデンウイークに福島に戻るかどうかの相談をしました。でもとても戻れる状態ではなかった。
 それで結局、6月に札幌で出産しました。こんな大変な状況なのに元気に産まれてきてくれて、本当にうれしかった。
 息子が産まれてから、僕は2ヶ月に1回くらいしか会っていません。飛行機一本で行けるけれど、しょっちゅう行くお金もない。でも今、「福島に戻そう」と判断できる状況にはない。
 「国と東電の責任で子どもたちをみんな避難させろ」というのは当然です。避難したくてしているわけじゃない。原発事故がなければ避難なんて考えたこともない。家族がばらばらにされて、生活は一変、しかも経済的にも大変です。
 許せないのは、避難した人も残っている人も、それぞれの判断任せにされていること。これはすごい分断です。しかも残っている人に「避難した人は逃げた」みたいに思わせて、対立するよう仕向けていることが一番許せない。
 国は「避難させない」という結論ありき。福島県民は郷土愛が強く、できれば残りたいという思いも強い。そういう郷土愛も使って、放射能汚染地域に子どもも妊婦も置き去りにしている。本当にむかむかします。
 原発事故以降、闘わなければ殺されると痛感した。もし仮に僕が福島の仕事を辞めて札幌の実家に帰ったとしても、30歳を過ぎているから、ほぼ間違いなく正規職にはつけないし、めいっぱい働けるバイトもないだろう。今20代、30代で就職しようとしている人たちは絶望しかないということを実感した。
 3・11で新自由主義の本性がむき出しになった。原発を絶対に手放さず、TPP(環太平洋経済連携協定)で農民も労働者も切り捨てる。人間のことを大事に思うなら原発も止めるし、みんな避難させるはず。土地なんてどこにもある。だけど人間のことなど考えず、資本が利益を増やすことしか考えていない。
 労働者を生きさせることもできないこの社会を変えるために、団結して立ち上がっていくしかない。再稼働阻止・全原発廃炉へ闘います。


 富川さんの訴えに応え、全原発廃炉と子どもたちを放射能から守るためにともに闘おう!
 12・11反原発・船橋デモへ! 
スポンサーサイト
コメント
難しい単語はよくわからないけど、
文章を読んで、涙が出そうになった。
思想とかなんとか主義とかはよくわからないけど、家族と会えない、普通のことが普通にできない、そんな文章になんとも言葉にいい表せない苦しさを覚えた。

富川さん、早く、ご家族と、普通に、ごく普通に過ごせる福島を取り戻せますよう。

息子さんとも、後々はキャチボールも外でしたいでしょ?

陰ながら、応援させていただきます。
2011/12/04(日) 23:30 | URL | #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。