闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島からの訴え!(12)

 「原発いらない!3・11福島県民大集会」に2万人の結集を実現しよう

 国鉄労働組合 郡山工場支部

 「収束」?「再稼働」? 信じられない!!

 東日本大震災が起きた日、3月11日は決して忘れることができない日です。そして福島原発事故は、私たちから、平穏な日常と、希望ある未来を奪い去ってしまいました。1年が過ぎようとする今なお、海に、山に、田畑にまき散らされ蓄積された放射能が、日々私たちの健康をむしばんでいるのです。15万人を超える人々が避難生活を余儀なくされているほか、原発自体、放射性物質の流出が一向におさまらず、原子炉から溶け落ちた核燃料を取り出す術すらないのです。それなのに政府・東電は、「収束『ウソ』宣言」をして、原発の早期再稼働ばかりか、原発の海外輸出まで進めようとしています。本当に信じられません。

 「被曝労働」を許さない運動を

 政府は「復興」のためにと言い、被曝することを承知の上で、除染作業に住民をかり立てています。私たちの働く郡山総合車両センターでも、高い放射線に被曝しながらの労働を、この1年間強いられてきました。JR東日本は、「復興への期待にこたえる」と言って、昨年10月に常磐線広野までの運転を再開。それにともない放射能に汚染されている車両を、勝田車両センターに入れて整備させています。また、常磐線原ノ町~相馬間の運転再開のための車両を、多額の費用をかけ郡山総合車両センターにトレーラーで運び込み、検査修繕させています。このように、運転再開を急ぐJR東日本の姿勢には、政府・東電と一緒になって原発事故の「収束」を演出し、原発政策を推進しようとする強い意思を感じます。

 2万人結集すれば情勢は動く

 「さようなら原発集会」の6万人結集や「沖縄県民大会」10万人結集が、政治を動かす大きな力となったように、労働組合と市民がひとつになり、福島と全国の怒りが一つになって、開成山公園に2万人が集まれば、政府・東電に責任を取らせる闘いや、原発をとめる闘いの大きな力になっていくはずです。職場での議論をつくり運動をつくり、組合旗を掲げて開成山球場に結集してください。原発再稼働阻止!すべての原発をなくそう!という2万人の声が、3月11日、全国に響き渡ることを願ってやみません。

 2012年2月17日
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。