闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市長・橋下の陰湿なやり方!

 大阪市長・橋下が、市の職員のメールまで勝手に見ていたことが明らかとなった。許しがたい。完全な人権侵害であり、こんなことを思いつき実行する橋下の陰険で、陰湿な正体がどんどん明らかとなっている。およそ、労働者の感性とは全く逆だ。しかも、橋下は「組合・政治活動の解明」のためだという。労働者の団結を敵視する橋下。労働者の敵であることもますます明らかだ。
 メールのぞき見に先立って、橋下は職員全員に思想調査の団結破壊アンケートを実行した。だが、市職員の怒りによって、調査は中断されている。大阪府労働委員会は22日、この思想調査が不当労働行為にあたるかどうかの判断を下すまでの間、中断するように大阪市に勧告した。判断するもなにも、100%究極の不当労働行為だ。
 ちなみに、この思想調査について、堕落した日弁連ですら憲法違反と言っている。橋下は、メールのぞき見や思想調査について、「問題ない」と言っており、法律家としても、人権感覚としても弁護士や政治家を名乗る資格など全くない。
 しかも、橋下が掲げた「維新八策」では「統治機構を変える」として、憲法改悪が叫ばれている。崩壊の危機にたつ資本家ども(=1%以下)の救済のための政治をやろうとしているのが橋下であり、その最大の敵となる労働者・労働組合の団結を破壊するために「メールのぞき見」「思想調査アンケート」をやっているのだ。
 それにしても、「維新」とか「船中八策」とか、橋下の頭は明治維新で止まっている。坂本龍馬が聞いたら、泣くだろう。明治維新で例えるなら、橋下が言っていることは、「なんとか江戸幕府を守りたい」というもので、新しい時代をつくろうというものでは全くない。新しいものは何もなく、干からびたブルジョア思想でしかない。こんな時代遅れの考えなど、全く通用しない。労働者は過去ではなく、未来に向かって生きる。崩壊した資本主義にしがみつくのではなく、労働者は資本主義社会を変え、未来をつくりだすのだ。
 この間の橋下の乱調ぶりを見ると、大阪市職員の団結の前に、追いつめられていると感じる。労働現場を動かし、毎日働いているのは労働者であり、橋下ではない。団結して闘えば、「思想調査アンケート」などぶっ飛ばし、橋下を打倒することはできる!
 大阪市で闘う自治体労働者と団結して習志野市の自治体労働者も橋下打倒へ、闘うぞ!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。