闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動労水戸が被曝労働強制を許さないストライキ!

 動労水戸が3月23日、被曝労働強制を許さないストライキを闘いました。
 3月22日に発行された『動労水戸』(522号)を紹介します。

 1回の常務で15μSv!
 被曝労働強制と全面外注化・非正規化反対!
 3/23動労水戸はストライキで闘う

 JRで働くみなさん。青年労働者のみなさん。
 福島第一原発から20キロ地点に迫る常磐線広野・久ノ浜までの行路に乗務する際には、会社から積算線量計が持たされているが、今年2月、女性車掌Aさんは一回の乗務で15マイクロシーベルト浴びていたことが判明した。Aさんは後日区長に対し、「将来子どもを産むのにすごく不安です」「広野に行く行路に乗りたくないです」と訴えた。ところが、区長は「持別扱いはできない。わがままは通らない」と、Aさんの訴えを一蹴した。放射能を浴びさせないでほしいという彼女の訴えが「わがまま」なのか?
 さらに、区長は「広野から通っている学生や広野で働いている人もいるんだよ」「Aさんだけそういうふうに不安と言われてもね」と続けた。放射能について声を上げる者の方がおかしいと言わんばかりだ。このやり方こそ、福島県民の怒りを押しつぶそうとする分断攻撃そのものだ。
 そればかりではない。
 区長はそれ以降、Aさんが広野方面に乗務する際には毎回、管理職を添乗させている。Aさんが線量計を改ざんしてはいないか、監視しているかのようだ。声を上げた本人に重圧をかけ、ロをふさごうというのか。
 これに対し、動労水戸は3月14日、水戸支社に対する団体交渉を行い、会社を追及した。
そこでは、会社側はJR常磐線で働く労働者が今後どれだけ被曝するのか試算もしていなければ、浴びた線量を管理することもしていないことが明らかとなった。単に線量計を持たせるだけ、管理などしていない。単なるポーズ、責任逃れであり、社員の安全など真剣に考えていないのだ。

 東京電力と政府の責任回避に手を貸すJR

 なぜ、JR東日本はこのように乗務員に被曝を強制してまで原発近くまで運転再開を強行するのか。それは、政府の「事故収束宣言」とそれを合図とする高線量地域への住民の帰還強制のお先棒をかつぐためだ。
 昨年10月、動労水戸は、広野・久ノ浜間の営業運転再開とK544の広野駅から勝田車両センターへの移送・検査強制に対し、ストライキで闘い、検査を中止させたが、12月にもJRは、「事故収束」の演出のためだけに、相馬-原ノ町間の運転再開を強行した。
 分割・民営化以来、営利のために安全を徹底的に切り捨て、闘う労働組合を攻撃してきたJRが行き着いたのが、政府・東電とグルになって原発推進のために労働者・利用者・住民の安全をも売り渡す現実だ。

 労働者とすべての人々を守る新しい労働運動を作ろう

 今、福島で行われていることは、「除染で帰れる」と大キャンペーンし、高線量地域に帰還させ、それをもって東電と政府の責任を不問にし、補償も原発事故も終わりにするという攻撃だ。来月からの避難区域再編は、それが狙いだ。4月末にも全停止する原発を再稼働させ、原発輸出に突き進むために政府・経団連の支配者たちはJRを先兵にして全力を挙げている。
そのために、乗務員をはじめJR労働者も被曝させられているのだ。現在、JRが狙っている全面外注化・非正規化も、被曝労働強制も、労働者、利用者、住民の安全を守るという鉄道会社としての社会的責任を放棄したものであり、それにより労働者が犠牲になることは許せない。
 動労水戸は、3月23日全組合員ストライキで闘う。労働者とすべての人々を守る新しい労働運動を作ろう。
 すべての仲間は動労水戸に結集しともに闘おう。


 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。