闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国鉄闘争全国運動呼びかけ人・大野義文さんのアピール

自由・生存と人間の尊厳のための労働運動へ
大野義文(元安芸労働基準監督署長)

社会が壊れている。

 国から企業まで、理念やモラルを放棄して、無責任極まりない状況だ。「電力の必要性」を強調して大飯原発の再稼動を目論む輩たち。

 福島原発事故は、進行形であり、その原因も定かでない中、野田総理などが「安全」を確認したとして、電力不足の危機感を煽り、再稼動は必要だという。どのような根拠で「安全」としたのか、誰のために電力が必要であるのか、命に代えての「必要性」とは何か。「嘘とゴマカシ」の政府に付き合うのも疲れるが、ほっとけば、殺される。

 なにせ、福島原発事故という犯罪行為を犯した東京電力は、ゴルフ場から放射性物質の除染を求められた裁判で「放射線は原発から離れた無主物ともいうべき存在であり、もはや東電のものではない。仮に所有権をいうのであれば、現地の土に付合している以上ゴルフ場のものと言うべきである」と強盗の論理を厚顔無恥にも言い放ち、「電気料金の値上げは、我々の権利」であるとぬけぬけ言い連ねる輩と一蓮托生の政府である。

 毎日、90人弱の人たちを自殺に追い込み、失業者・半失業者は700万人を超え、年収200万円以下の人たちは1700万人、非正規労働者は2千万人に近い。個々バラバラに解体され、競争社会に投げ込まれている労働者はいまこそ、「能力主義」「自己責任論」の呪縛を解き放とう。

 国鉄分割・民営化はなんであったのか。
 当時、首相が「誰一人路頭に迷わさない」と国会で答弁しておきながら、後に「国労をつぶし、総評・社会党を解体することを明確に意識してやった」と明言した。国鉄分割・民営化は、所属組合で採用差別を行うという、明白な国家的不当労働行為であったのだ。

 分割・民営化の過程で、20万人の国鉄労働者が職場を追われ、200人が自殺に追い込まれているのだ。地域生活を破壊し、国家財産を強奪し、労働者とその家族の生存権・労働権を剥奪し、人間の尊厳を壊した人権侵害行為であったものだ。 国家とJRの犯罪行為を決して許すことなく、現在の労働者の不安定状況を打ち破る闘いにまい進したい。

 今こそ、労働者は、団結の中でしか自由と生存、そして、人間の尊厳を勝ち取れないことを再確認し、反原発の人たちとも、つながり、自由・生存と人間の尊厳を勝ち取るための労働運動をあらゆる職場に構築し、国と経済・資本の在り様を変革するため、全国運動に結集しよう!
 職場に団結を! 地域に連帯を!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。