闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公務員労働者首切り懇談会を許さない!

 野田政権は7日、行政改革懇談会の初会合を行った。これは、公務員労働者の首切り懇談会だ。報道でも、国鉄分割・民営化のために設置された第二次臨時行政調査会(土光臨調)の「平成版」などと言われている。土光臨調は、「増税なき財政再建」を掲げ、国鉄分割・民営化の強行を訴えた。国鉄労働者40万人のうち、20万人が職場を追われた(事実上、首を切られた)。今度は、公務員労働者360万人にやろうというのだ。
 メンバーも極悪人が集まっている。「利益なくして安全なし」などとぬかす稲森和夫。JALの労働者の首切りを強行した奴だ。極めつけは、JR東海会長の葛西敬之。こいつは原発再稼働を絶叫している。しかも、国鉄分割・民営化の時に、動労千葉や国労の労働者の首切りを指示した超極悪人である。労働者の首切りで、手が真っ赤にそまった極悪人を集めて、何をやろうとしているのかは鮮明だろう。
 許し難いのは、連合会長の古賀が、メンバーに入っていること。国鉄分割・民営化が動労革マルの裏切りによって実現できたように、連合の協力をえて、公務員労働者の首切りをやろうとしているのだ。
 この動きは、大阪市長・橋下による「全員解雇・非正規化」と一体の攻撃であり、消費大増税と表裏の攻撃だ。
 「自らの身を切る」などと言って、公務員労働者の首切りをやり、消費大増税を強行することなど許すな!
 政治家や高級官僚と公務員労働者は同じではない。政治家や高級官僚への怒りを公務員労働者に向けさせるのを許すな! 公務員労働者は胸を張って、首切り・非正規化攻撃と闘おう!
 職場から階級的労働運動をつくりだし、連合支配を打倒するぞ!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。