闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道輸送の安全を守る動労千葉とともに闘おう!

 動労千葉は、車両の検査修繕業務の10・1全面外注化を阻止するために以下の闘いを呼びかけています。
 動労千葉の呼びかけに応えて、大結集することを訴えます!

 外注化阻止・非正規職撤廃・強制出向粉砕!
 検修・構内業務の10・1全面外注化阻止!

 動労千葉総決起集会
 7月14日(土)18時開場
 千葉市生涯学習センター(JR千葉駅東口から徒歩8分)


 JR東日本は、車両の検査修繕部門(メンテナンス部門)という鉄道輸送の安全にかかわる重要な仕事を千葉鉄道サービスに10月1日から全面外注化しようとしています。千葉鉄道サービスは、JRの車両などを掃除する清掃会社です。車両の検査修繕を行う能力は全くありません。したがって、JR東日本は、車両の検査修繕を行っている社員を千葉鉄道サービスに出向させ、やがては転籍させようとしています。狙いは、コスト削減=人件費削減です。しかしこれは、偽装請負となり法律違反です。しかも、鉄道輸送の安全を脅かす重大な問題です。
 本日、2005年4月に起きた尼崎列車事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された元社長・井手など3人に対する初公判が行われました。井出らは、「事故は想定外だった」などと言って無罪を主張しました。許せません。
 国鉄がJRに分割・民営化されてから、JRは鉄道輸送の安全よりも、利益追求に走りました。JR西日本は、「稼ぐ(かせぐ)」というスローガンを掲げ、露骨に利益追求に走りました。スピードアップ、過密ダイヤ、車体の軽量化、ATS(自動列車停止装置)はつけない(コストがかかるから)、ミスした労働者への日勤教育といったJR西日本の「利益追求」のあり方が、107人が亡くなった尼崎事故を引き起こしたのです。
 今、これを繰り返すのかが問われています。JR東日本は、スイカなどの電子マネー業務や、駅の大幅改修による駅ナカビジネスに経営戦略の重点をおき、車両の検査修繕業務は「もうからない」ということで、アウトソーシング(外注化)して、コスト削減しようとしています。
 動労千葉は、こうしたJR東日本のあり方に絶対反対を貫き、10年以上も車両の検査修繕業務の外注化を阻止してきました。
 しかし、JR東日本は、10月1日に外注化しようとしています。
 動労千葉は、10・1全面外注化阻止をかけて、7月からいつでもストライキに突入できる体制に入っています。
 動労千葉とともに、10・1全面外注化を阻止するために闘おう!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。