闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7・14動労千葉総決起集会の報告

 昨日(7/14)、動労千葉総決起集会が行われ、支援する会・習志野も参加しました。報告します。

田中委員長
動労千葉の田中委員長
「10・1外注化を妥結したJR東労組と国労本部は絶対に許せない。10・1検査修繕業務の全面外注化を絶対に阻止する。動労千葉は、80人が強制出向拒否の集団訴訟を準備している。動労千葉はなぜ、12年間も外注化を阻止してきたのか。電車のメンテナンスを外注したら、安全が崩壊するからだ。車両の掃除だけをやっている会社に外注化して、安全は守れない。再び、尼崎事故が起きる。安全が崩壊するのがわかっていて、外注化するなんて許せない。かつて、保線の外注化で、レールが破断した。動労千葉は、千葉支社管内のレールを全部変えさせた。外注化したら、雇用が崩壊して、全部、非正規に突き落される。外注化したら、出向、転籍、非正規に。野田政権は、40歳定年制も言いだした。こういうことを労働組合が認めている。JRで止めないといけない。止めないと、労働者の9割が非正規になる。外注化阻止の闘いで労働組合を甦らせる。首相官邸前では、15万人、20万人が集まって、反原発で闘っている。労働組合がつぶされ、ダメになっても、怒りの労働者の声が集まっている。この時、労働組合が力を取り戻したら社会は動く。労働者が胸をはって生きられる社会をつくれる。6月29日に1047名解雇撤回の裁判があった。反動判決だった。しかし、動労千葉12人が停職6か月か、停職2回で採用しないという採用基準をつくられたことについて、これを不当労働行為だと認めた。この採用基準がなければ、採用名簿にのって、JRに採用されていただろう、とまで言っている。しかし、ここまで言って、解雇撤回せず、慰謝料ですませている。25年間、解雇撤回で闘ってきて、解雇撤回の一歩手前まできた。1047名闘争にも決着をつけよう。国鉄分割・民営化で、労働者が非正規に突き落された。国鉄1047名解雇撤回、外注化阻止で、決着をつけよう!」


山田支部長
幕張支部の山田支部長
「青年が外注化を止める思いで、動労千葉に入った。この思いに応えて、絶対に外注化を止める。本人承諾がなければ、出向はできない。外注化は阻止できる」

京葉支部の青年労働者
「東労組は、役員だけ知っていて、現場には知らされていない。動労千葉組合員全体でがんばっていきたい」

木更津支部の代表
「自分の子、孫にも胸をはれる闘いをしたい」

車両技術分会の代表
「外注化したら、請け負った仕事しかやらなくなる。たとえ、悪い所をみつけても、手出しができなくなる。これでは安全は守れない」

動労千葉青年部
「青年は、外注会社に行きたくないので、動労千葉に来た。東労組にいたら、ゴマすりでつまらない人生だった。外注化阻止決戦を、青年部先頭に闘います」


動労千葉争議団
解雇撤回の決意を語る動労千葉争議団


動労千葉の長田書記長
「外注化の最大の問題は、人件費削減。違法なことも、労働組合が従っているからまかり通っている。動労千葉は、『違法だ!』と言って闘っている。労働者が職場から闘えば、外注化は止められる。検査修繕は、JRにのみ、技術がある。外注化する会社には技術はない。JRは『9月30日までは技術はない。10月1日からは、JRからの出向で技術、経験がある』と言っている。これを偽装請負と言わずして、何というのか。法的根拠なんか何もない。JRで問題ないと判断したから問題ない、と言っているだけ。動労千葉はどう闘うか。偽装請負や出向について、考えられることは何でも会社に突き付ける。いつでも、ストライキに突入できる体制をとる。強制出向差し止め訴訟を闘う。核心は組織拡大。東労組のデタラメ、ペテンを暴露する。東労組は、『出向でも労働条件は守られる』『一時金が増額する』と言っている。しかし、委託会社の労働条件にJRが介入したら偽装請負で、労働条件が守られるなんて、JRも言っていない。一時金の増額について、JR自体が『誰がそんなことを言っているのか、こちらが聞きたい』と言っている。今、外注化を止めるしかない。10・1外注化阻止へ闘おう」

団結ガンバロウ
団結ガンバロー
動労千葉とともに、外注化阻止・非正規職撤廃へ、闘おう!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。