闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法大生無罪判決の祝勝会に参加しました!

 7月21日(土)、法大「暴処法」弾圧無罪判決の祝勝会に参加しました。

祝勝会3
無罪判決を受けた法大生・恩田君
大爆笑の前全学連委員長の織田君も無罪!

 2009年、法政大学の正門前にあった看板が何者かに破壊された「事件」で、法大当局と警視庁公安部が結託して、暴力行為等処罰法をもって法大生などをデッチ上げ逮捕・起訴した事件で、無罪判決が下されました。この大勝利を祝う「祝勝会」が開かれました。
 そもそも、破壊された看板は、学費が払えず退学となった学生の名前をあげて、「入校禁止」を通告する人権侵害の看板で、法大生の怒りの的になっていました。
 この看板が破壊されるや、法大当局と警視庁公安部が結託して、法大生などを大量逮捕し、逮捕された学生の友人などを検察庁に拉致して、深夜まで強権的な取り調べを行い、事件のデッチ上げが策動されたのです。暴力行為等処罰法という戦前の治安維持法と並ぶ、労働運動や学生運動を弾圧するための法律を持ち出し、共謀して破壊行為を行った事件をデッチ上げ、法大学生運動の破壊を策動しました。
 しかし今回、防犯カメラでの「犯人特定」もできず、デッチ上げ証人の証言も「信用できない」となり、共謀も不成立など、法大当局と警視庁公安部の全面敗北となったのです。
 刑事事件では、起訴されたら99%が有罪となる中で、今回の無罪判決は画期的な勝利です。


祝勝会7
無罪になった法大生・増井君から、星野文昭さんのつれあいの星野暁子さんに「無罪」のバトンタッチ

 闘えば勝てる!
 学生の素晴らしい闘いに続こう!
 次は、星野文昭さんの再審をかちとり、無罪をかちとろう! 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。