闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11・4労働者集会へのアピール(4) 国労秋田闘争団 小玉忠憲さん

国労秋田闘争団 小玉忠憲さん

 JR東日本による外注化絶対阻止のために、現在私はつれあいとともに、国労秋田闘争団のゼッケンを着け、解雇撤回と外注化阻止のノボリを立て、毎月2~3回はJR秋田総合車両センタ-門前に立ち、「日刊動労千葉」「動労水戸機関紙」「外注化阻止ニュ-ス」と「原発反対デモ」「共に闘う国労の会」のビラを重ねて配布し続けています。今では、徒歩で通勤する国労、JR東労組、JR東日本ユニオン、下請け労働者、管理職らのうち、ごく一部の職制と組合ダラ幹を除き、実に90%以上が毎回受け取る事態が生まれています。ある人は大事そうにカバンに入れ、ある人はじっと読みながら構内に入り、ある人は「おはよう! 頑張っているね」と声をかけてくれる。国鉄分割・民営化でJR不採用になり不当解雇されてから25年、ビラを配布していて労働者同士でこんなに明るく呼吸できる光景は久しぶりで、実に元気が出ます。

 私も参加する「原発反対・秋田デモ実行委員会」に結集する仲間たちは、9月2日に駅前一周デモの第7弾を40人の結集で打ち抜き、11月11日の「100万人行動」に連帯する行動の準備を開始しています。「原発反対! 野田を倒せ!」の声は原発のない秋田でも地に満ち満ちています。
 7月19日の鉄道運輸機構控訴審は、動労千葉の6・29判決を受け、JR東海会長・葛西らを証人として採用するか否かの大攻防でした。「ここで証人採用しなければ審理不尽の非難は免れない」という弁護団の徹底追及に耐えきれず、裁判長は「これから合議する」と裏に回ってみたものの、「合議の結果却下する。これで結審。判決は10月11日」と一方的に決定し、傍聴者のごうごうたる非難の中で逃亡しました。国家とJR資本は追いつめられています。
 この間の最大の攻防点は、「本州3社は1万人の定員割れ」「やむなく全員採用」の方針だったにもかかわらず、いつ、どこで、誰が、どうやって「不採用基準」を策定し、私を採用名簿から削除したのかでした。敵階級は25年にわたりこの点を必死に隠し続けてきました。7628名のJR不採用-1047名不当解雇の中でも、本州不採用-解雇問題こそ、JR総連カクマルと結託した最も悪辣(あくらつ)な国家的不当労働行為であり、国鉄分割・民営化の不正義性を白日のもとにさらすものだからです。この問題を追及し暴くことは、1047名解雇撤回闘争の圧倒的正義性を全面的に示し、国鉄労働運動を再びよみがえらせることに直結します。
 動労千葉の渾身(こんしん)の奮闘と国鉄闘争全国運動の力で、「名簿不記載基準が策定されなければ、原告らは採用候補者名簿に記載され、その結果、JR東日本に採用されたはず」(6・29判決)と認定させたことは、ついに切り開いた画期的・歴史的事態です。したがって私は10・11判決がどのようなものになろうとも、この切り開かれた地平に立ち、断固として不当労働行為責任を徹底追及し、不当解雇撤回闘争を勝利するまで闘い抜く決意です。
 すべての闘う労働者のみなさん! 国鉄分割・民営化-新自由主義との闘いはけっして過去の問題ではありません。青年労働者が置かれている非正規・派遣労働などの過酷な現実との闘いそのものです。動労千葉・動労水戸の血の出るような外注化絶対阻止闘争と国鉄1047名解雇撤回闘争は、青年の未来を切り開く闘いそのものです。そして「原発を今すぐなくせ!」という全人民の闘いの軸をなす闘いです。
 今こそ「新自由主義と闘う労働組合の全国ネットワ-ク」をつくり出そう! 11月4日の全国労働者集会に総結集されることを心から訴えます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。