闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「解雇撤回闘争は労働運動ではない」という千葉労連本部!

 動労千葉の物販をお願いして、千葉県の労働組合をまわっています。動労千葉が「解雇撤回・JR復帰」を求めている裁判では、採用差別は不当労働行為であると認めさせる地平を勝ち取っています。「解雇撤回・JR復帰」まであと一歩まできました。そこで今回の物販まわりは、「全労連系だから無理だろう」というレッテルを張らずに、労働組合なら解雇撤回闘争を支援するだろう、という思いで行っています。

 まず、日教組から分裂した全教千葉教職員組合に行きました。物販をお願いすると、「うちは出来ないなあ。3階に行ってみて」という反応。そこで同じ建物の3階にある千葉労連(千葉県労働組合連合会)を訪問。
 部屋の中に入ると、座っている人たちが一斉に私を見ます。なぜか緊張した雰囲気。静まり返る部屋。
 すると、初老のおじさんが立ち上がり、私のところへ。おじさんは、「あんた、よく来れたなあ」「ここがどこだかわかってんのか」。いきなりのケンカごし。私は「物販のお願いにきたんですけど」と言うと、「ここの敷居をまたぐなよ」とおじさん。ん? 千葉労連ではなく、どこかの組事務所と間違えたか? いや千葉労連のはずだ・・・。
 「千葉労連は、物販はダメですか?」と私。「ここに来んじゃねえよ」と部屋から私を追い出しながら言う、その筋っぽいおじさん。
 「お互い、労働運動の前進のために頑張りましょう」と私。
 すると、おじさんは「あんたらのは、労働運動だと思っていない」と。え~!!! 解雇撤回を求めて闘うのが労働運動ではないって!!! 動労千葉が国鉄分割・民営化に反対してストライキで闘い、不当に解雇され、その解雇撤回を求めて闘うことは労働運動ではないの!!! 千葉労連の労働運動ってなんだぁ??? 
 
 この発言を聞いて思い出した。習志野市労連執行部が、「動労千葉の労働運動は受け入れることも支持することもできません」とビラで書いたことを。ああ同じことか。
 動労千葉は国鉄1047名解雇撤回闘争を闘い、外注化・非正規職化阻止をストライキで闘っている。千葉労連や習志野市労連は、こうした動労千葉労働運動を受け入れないし、支持もしないし、労働運動だとも思っていない、ということだ。
 もう一つ思い出した。今年の春、デッチ上げ弾圧で懲戒解雇されそうになった習志野市の職員に対して、組合員であるにも関わらず懲戒解雇阻止を闘わなかった習志野市労連。これに対して、支援する会・習志野は懲戒処分反対の嘆願書を集めて、懲戒解雇を阻止した。
 支援する会・習志野は、習志野市労連のような組合員を大切にしない労働運動の現状を変えるために結成したのであった。今こそ、この原点に返ろう。
 千葉労連や習志野市労連は、本部の人たちは動労千葉の労働運動を全否定するが、一般の組合員は日々職場で闘っている労働者。必ずや、動労千葉の素晴らしい闘いは通じるはず。腐った組合幹部は、青年労働者の怒りで必ず打倒されるだろう。今後も、連合系や全労連系の労働組合にも、動労千葉物販のお願いに行こうと思います。
 ちなみに、政治和解を拒否して闘う4人の国労闘争団員の物販もお願いしています!  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。