闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田首相に「明日への責任」を語る資格は全くない!

 昨日(10/29)、臨時国会が開かれ、衆議院で野田首相の所信表明演説が行われました。そこで、野田首相は「明日への責任」を乱発しました。
 しかし、野田首相に「明日への責任」を語る資格は全くありません。福島の子どもたちに被曝を強制し、子どもたちから未来を奪っているのは野田首相ではありませんか。原発事故も収束していないのに、「事故収束宣言」をだして原発を再稼働させ、消費大増税を強行し、沖縄にオスプレイを配備するのを認めたのも野田首相です。野田首相のやっていることは、労働者人民から未来を奪うことそのものです。
 野田首相の言う「明日への責任」は、資本家階級の利益のために、資本家の代表としての政治家として言っているだけです。こんなものに、労働者人民の未来はありません。
 労働者人民の未来は、労働者人民の闘いによって切り開くしかありません。闘う労働運動を職場からつくりだし、団結して政治家・官僚・資本家どもをぶっ飛ばす以外にありません。
 11・4全国労働者総決起集会こそ、労働者の団結した力こそが社会を変え、歴史をつくりだす唯一の力だと確信がもてる集会です。11・4集会の大結集で、野田、安倍、橋下、石原などを全部ぶっ飛ばし、労働者人民の未来を切り開こう!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。