闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第一原発元作業員が労基署に申し立て!

 本日(11/1)の『東京新聞』に重要な記事が出ています。

 「高線量下の作業違法」
 福島第一元作業員 労基署に申し立て

 東京電力福島第一原発事故の収束作業で、東電と作業を請け負った関電工(東京都港区)が、高い放射線量の中で被ばくを最小限に抑えるよう必要な措置をせず、作業を続けさせたのは労働安全衛生法違反に当たるとして、福島県いわき市の元作業員男性(46)が、両者を同県富岡労働基準監督署に申し立てた。

 東電と元請を訴え

 いわき市の下請け会社に所属していた男性は、事故が発生して間もない昨年3月24日、3号機タービン建屋内で、電源ケーブルを設置する作業に従事した。
 男性によると、事前の説明では、作業に危険はない程度の線量と聞いていたが、実際には、建屋地下には大量の高濃度汚染水がたまり、線量も高かった。東電社員らの別の作業班は、3号機地下で毎時400ミリシーベルトの放射線量を計測したため、撤退した。しかし、男性グループは作業継続を指示された。
 男性は危険を感じ、汚染水につかる作業は拒否したが、40分~1時間ほどで11ミリシーベルト超を被ばくした。男性を含む6人の作業員のうち、脚が汚染水につかった3人の被ばく線量は、この1回の作業で173~180ミリシーベルトに上った。これは通常の被ばく線量限度「5年間で100ミリシーベルト」の2倍近くに当たる値だった。
 男性の弁護団は、同じ場所で別の作業班が高線量の危険を避けるため撤退したのに、関電工が作業を継続させ、作業員を危険にさらしたのは違法だとして、関電工に対する処罰を求めた。
 発注者の東電に対しては、関電工の違法行為を止めなかったなどとして、線量管理や放射線防護のあり方を是正するよう求めた。
 男性は「一つ間違えば命に関わった。末端の作業員は危険手当もろくにもらわず、被ばくしながら命懸けで作業をしている。東電や元請け会社の責任は重い」と訴えた。

 男性は被ばく線量が高くなり、翌月から他県の発電所などを転々とさせられた。地元の仕事を希望したが、ないと言われて事実上解雇された。
 「現場の状況が違った時点で撤退すべきだった。命懸けで作業をしても、被ばく線量が増えれば、補償もなく解雇される。末端の作業員を使い捨てにする東電や元請け会社は許せない」と憤った。



 命懸けで働く原発労働者が声をあげられる状況をつくるためにも、闘う労働運動を全国でつくりだすことが必要です。11・4全国労働者総決起集会は、原発で働いていたときに労働組合を結成して闘った労働者が発言します。全原発廃炉にむけて、闘う労働運動を再生させよう。11・4集会への大結集を訴えます!
 正午~、東京・日比谷野外音楽堂
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。