闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働者の団結した力で安倍超反動政権を倒そう!

 自民党の安倍が衆参両本会議で首相に指名された。本日中にも安倍内閣が発足する。

 先の衆議院選挙での民主党の壊滅的惨敗は、民主党・野田政権に対する労働者人民の怒りの爆発であった。自民党の「大勝」は、「民意」などでは全くない。自民党は、09年に行われた総選挙よりも得票数を減らしており、自民党が4割の得票で8割の議席を得たのは、小選挙区制度という選挙制度の「手品」によってつくりだされたのだ。
 2011年3・11以来、労働者人民は反原発闘争への巨万の決起の中で、国家や議会の真の正体をつかんでいった。「国家や議会は、労働者人民の命を守らない」「国家や議会は、労働者人民を支配する道具だ」・・・こういった意識が膨大に生み出されていった。
 そして、「支配階級のどの成員が議会で人民を代表し、踏みにじるべきかを、数年に一度きめる」(マルクス著『フランスの内乱』)というブルジョア議会選挙の本質を闘いの中でつかんでいった。
 したがって、今回の衆議院選挙では、59・32%と、戦後最低の投票率を記録した。
 これは、ネガな話では全くなく、議会や政治家などに期待や幻想を持つのではなく、むしろ議会や政治家を拒否し、労働者の団結した力こそが社会を変革する唯一の力であることを巨万の層がつかみとっていく過程が本格的に始まったこととして積極的にとらえることが必要だ。
 実際、反原発を掲げて闘った山本太郎さんには短期間の選挙戦にも関わらず、石原伸晃を追い詰める7万票超が集まった。このことは、首相官邸前の20万人決起や福島の怒りと結びついて、100万人の巨大な反原発闘争が爆発していく力をもっていることを完全に示した。

 したがって、本日誕生する安倍政権は、労働者人民の激しい怒りと闘いとの激しい緊張関係にある政権である。
 衆議院の圧倒的議席数ほどの安定的な基盤などは全くなく、本質的に脆弱な政権だ。
 特に、世界大恐慌の爆発と3・11大震災・原発大事故に規定された超危機的な政権だ。
 安倍政権は、戦争・改憲、日米安保強化、排外主義とナショナリズム、原発推進・再稼働、消費大増税の実施、首切り・大失業、民営化・外注化・非正規職化、TPP推進、道州制などの攻撃を労働者人民にしかけてくる。
 だがこうした反動的政策は、労働者人民の怒りをさらに爆発させ、階級闘争の内乱的な発展をさらに促進させることになるのだ。
 また、安倍が掲げる「景気対策」などは絶対に破綻する。安倍は大規模な公共事業や「お札を刷りまくれ!」という破滅的なインフレ政策を絶叫しているが、こんなことで資本主義の復活など絶対にない。世界大恐慌の爆発は、これから本格化していく。市場に大量の資金を投入したところで、過剰資本・過剰生産力の状態である現在、設備投資には絶対に向かわない。
 結局、縮小する市場をめぐって、アメリカ、日本、EU、中国などが奪い合う帝国主義間・大国間の激突がいっそう激化することになる。国際的なコスト削減競争=労働者の賃金を引き下げて国際競争に勝とうとする動きが激烈化していく。
 もはや、資本主義・帝国主義は歴史的生命力を完全に失った。資本主義・帝国主義のもとで、これ以上人類社会が発展するどころか、逆に資本の延命(金もうけ!)のために、人類社会をも破滅させるような事態へと突き進んでいこうとしている(その象徴が原発だ!)。
 今こそ、「労働者の団結した闘いこそが社会を変え、歴史を変える」という「労働者の解放は、労働者自身の闘いによってかちとられる」という闘いを職場・生産点で闘い、闘う労働運動と労働者の党をつくりだすことにこそ、労働者の生きる未来がある。
 外注化阻止・非正規職撤廃、反原発闘争をさらに爆発させ、本日誕生する安倍超反動政権を打倒し、労働者が主人公の新しい社会をつくりだすために、ともに闘おう!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。