闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三里塚空港反対同盟事務局次長 萩原進さんの訴え!

萩原進さん

 衆院選で自民党が圧勝し維新の会が議席を伸ばした。だがこれで右翼的反動的勢力が社会を思いどおり支配することができるのか。実際には民衆は既成政党すべてに失望している。
 昨年は反原発闘争が霞が関・永田町一帯を席巻し、全国に拡大した。さらに沖縄米軍基地、増税、憲法などの課題をめぐり、民衆と支配層との激突は避けられない。
 そして今、成田空港自体が大きな火種となっている。経営はますます危機に陥り、実際に稼ぎをあげているのは本来の旅客営業ではなく、テナントなどの副収入。さらに、顔色を変えて格安航空(LCC)の誘致にいそしんでいる。LCCのために飛行時間制限を緩和しろ、24時間空港にしろなどと叫んでいる。極限的コスト削減のために労働者の賃金を下げ、安全も無視し、その先に待つのは先のトンネル事故と同じ大惨事だ。そうした中で軍事空港としての性格もますます浮き彫りにならざるを得ない。
 三里塚は、今この情勢の中で闘う人びとすべての共通の課題だ。動労千葉を先頭とする労働運動と連帯しながら、改憲阻止、反原発、沖縄の闘いと結合することで、三里塚はすべての闘いの勝利の保証となる。自民党はTPPについてごまかしていたが、結局は推進し、農民を切り捨て、労働者の首切りや非正規化を進めることは目に見えている。すがるものがなくて自民に票を投じた人びとも、そのときに必ず変わることを確信し、市東さんの農地決戦への決起を訴えよう。
 裁判闘争の陣形をさらに強固にして毎回の法廷を真剣勝負として闘い、同時に三里塚現地において「来るなら来い」という気概で態勢を整えなければならない。そして3・24全国集会の大結集へと上りつめよう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。