闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『団結ニュース』第72号!

 昨日(3/7)、千葉労組交流センター自治体労働者部会の仲間が習志野市役所前で『団結ニュース』第72号を配布したので紹介します。


3・14動労千葉総決起集会に集まろう!
動労千葉スト突入
違法企業CTSへの出向は無効だ!

■動労千葉が春闘第一波ストに突入!
 3月1日、JR東日本からJR千葉鉄道サービス(CTS)幕張運転車両所へ強制出向に出された動労千葉組合員がストライキに突入しました。
 動労千葉は、3月16日のJR東日本ダイヤ改定に合わせて、来週にも第二波ストライキに突入します。
 今回のストライキの最大の焦点は、①昨年10月1日にJR東日本が強行した車両の検査修繕業務のCTSへの外注化絶対反対であり、②3・16ダイヤ改定による久留里線のワンマン運転化に反対するストライキです。
 車両の検査修繕業務の外注化やワンマン運転化は、車両運行の安全を脅かす重大な問題です。動労千葉の春闘ストライキを支持し、ともに闘おう。3月14日に行われる動労千葉総決起集会に参加することを訴えます!

■偽装請負という違法行為のデタラメ外注化
 昨年10月1日に強行された車両の検査修繕業務のCTSへの外注化は全くデタラメなものです。
 JR東日本から業務委託されたCTSは、車両の清掃を行う会社で、車両を検査したり故障を直す能力は全くありません。そのため、JR東日本で車両の検査や修繕を行っていた労働者をCTSへ強制出向させることが外注化と一体で昨年10月1日に強行されました。CTSへの業務委託とは名ばかりで、偽装請負という違法行為であり、狙いは出向⇒転籍による非正規職化です。

■36協定なき時間外労働を強制するCTS
 JR東日本からCTS幕張運転車両所に強制出向に出された労働者は、動労千葉組合員を事業所の職場代表として選出し、CTSに対して36協定の協議を求めました。
 しかし、CTSは36協定の協議すら拒否し、36協定が締結されない状態での違法な超過勤務や休日出勤を命令し続けてきたのです。
 これに現場で働く労働者の怒りが爆発し、動労千葉は、この問題で千葉労働基準監督署に告発しました。
 2月21日、千葉労働基準監督署がCTS幕張運転車両所に立ち入り調査を行い、36協定が締結されないで時間外労働を行わせていることは労働基準法違反として、CTSに対して是正勧告を行いました。
 ところが・・・・。

■36協定権を奪うために事業所を廃止
 CTSは違法行為を続けてきたことを謝罪せず、「3月1日をもって、CTS幕張運転車両所を廃止し、CTS幕張事業所へ統合する」と言い出したのです。
 昨年10月1日の外注化と強制出向からたった5カ月。CTS幕張運転車両所という出向先が廃止されるならば、直ちに出向を取りやめ、JR東日本に戻すべきです。
 労働基準法違反という違法行為を行っていたCTSという違法企業への出向など撤回されるべきです。
 ところが、CTSは幕張事業所(※車両の清掃を行っている)に、出向先を変えるというのです。
 CTS幕張運転車両所を廃止することで、職場代表を出していた動労千葉から36協定権を奪うことが狙いです。
 CTS幕張事業所に出向させれば、清掃労働者と一緒になることで、動労千葉が36協定を結ぶ相手にならなくなる、ということです。これこそ、団結権の否定であり、労働基準法違反です。CTSは違法に違法を重ねる違法会社であり、ブラック企業そのものです。

■「関係ない」と居直るJR東日本こそ最悪
 この問題についてJR東日本は「CTSの違法行為はJR東日本とは関係ない」という態度です。CTSに強制出向させられている労働者は、JR東日本の社員です。自分の社員が出向先で違法行為をやられていて、「出向先の違法行為は関係ない」と言えるでしょうか。
 そもそも、CTSは「JR千葉鉄道サービス」であり、JR東日本のグループ企業です。違法行為を行うCTSに業務委託(偽装請負!)を行っているJR東日本の責任こそが問われなければなりません。

■過労死ラインを超える残業が強制されている!
 動労千葉のストライキは、外注化と非正規職化に反対し、出向者をJR東日本に戻すことを求めた闘いです。
 今回直接のきっかけになったのは、36協定です。本来、労働時間の原則は一日8時間であり、36協定を結ぶことで例外的に超過勤務・休日出勤が許可されます。36協定を結ばないで超過勤務や休日出勤を命じる行為は労働基準法違反という法律違反です。
 JR東日本は、CTSに業務を委託することで、8時間労働を解体し、36協定なき超過勤務・休日出勤を自由にやらせようとしたのです。これこそ、外注化によるコスト削減=労働強化・賃金削減の攻撃です。
 8時間労働をめぐる問題は、JRだけの問題ではありません。私たち自治体労働者も、時間外労働が強制されたり、不払い残業(サービス残業)が強制されています。多くの企業が36協定を悪用して、超長時間の時間外労働を強制しています。東証一部上場の売り上げ上位100社の7割が、過労死ラインとされる月80時間を超える時間外労働を社員にやらせています。資本は、労働者を過労死するまで働かせ、うつ病に追い込み、自殺にかりたてています。こんなことは絶対に許せません!

■労働者はモノではない! 人間だ!
 動労千葉のストライキは、労働基準法すら守らず、労働者を自由にコキ使おうとするJR資本に対する怒りの闘いです。それは、今や全労働者が直面している長時間労働、低賃金、労働強化、使い捨て労働といった、労働者の生存をかけた闘いそのものです。
 本来、動労千葉のような闘いが全職場で闘われて当然です。労働者はモノではない! 人間だ!
 私たち自治体労働者にとっても、退職金最大400万円削減や7・8%賃金カットが襲いかかっています。  職場から怒りの声を上げよう! そのためにも闘う労働組合を職場からつくりだそう。
 動労千葉のストライキを支持し、ともに闘おう!
 3・14動労千葉総決起集会に集まり、動労千葉とともに自分の職場から、怒りの声をあげていこう!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。