闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三里塚反対同盟事務局次長 萩原進さんの訴え!

反対同盟事務局次長 萩原 進さん

 反対同盟は新年旗開きで市東さん農地決戦に全力で突入することを宣言した。市東さん自身も腹を固めている。
 空港公団=NAAは市東さんには地代を地主に運ばせておきながら、15年間も土地の買収を隠し、農業委員会にも届けず、突如マスコミにリークして市東さんを裁判に訴えた。農地法は戦後、農民が血と汗と涙でかちとったものだ。その農地法を逆手にとって、土地を明け渡せと迫っている。そのために書類の偽造、署名の偽造まで行った。しかも畑の位置特定も間違っている。
 本来こんな違法・脱法に満ちた訴訟はとっくの昔に棄却されて当然だが、空港問題だとそれがまかり通る。そして市東さんを追い出すために、家のすぐ脇に第3誘導路を造った。こんなやりたい放題のデタラメを許しておいていいのか!
 そんな形でやるしかないところに敵は追いつめられている。羽田の国際化と相まって成田の没落は進んでおり、日本の表玄関などという位置から完全にずり落ちた。ショッピングセンターとしての収益を空港本来の収益に匹敵する大きさにしたいと、社長自ら述べている。こんな空港に公共性などひとカケラもない。
 NAAは、天神峰の隣に位置する取香部落の半分を駐機場と特殊車両の置き場所にするために、土地の買収に入った。金に糸目を付けず空港の形を整えようとしているが、そうでもしなければもたない危機なのだ。そんなものを造って、あるいは格安航空を呼び込み、30万回飛べますと言い張ったところで、世界的大不況の中で展望はまったくない。
 そして何より市東さんが空港廃港まで闘うと決意を表している。確かに三里塚裁判は国策裁判だが、国策だからと、なんでも力ずくで押し通すようなことを今ここで粉砕しよう。絶対に反動判決を出すことを許さない! そのために何をしたらいいのか、一人ひとりが真剣に考えてほしい。
 マスコミは三里塚をなかなか取り上げようとしないが、だったら取り上げざるをえない状況をつくる。年頭の記者会見で私は3・24に1500人集めると宣言した。大変だけどこれをなんとしても集めきろうじゃないか。そして3・27最終弁論にも、2・18を上回る人数で、裁判所を十重二十重に包囲しよう。反動判決を出したら大変なことになるぞという意志をたたきつけよう。同時に、現地での攻撃を迎え撃つ態勢を構築しよう。
 福島、沖縄と連帯し、動労千葉との労農連帯を一層強固に、三里塚は生きるための権利をかけて最先頭で闘う。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。