闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃下げのんだ4役に怒り

自治体労働者 加藤 湊 

 自治体現場の階級闘争は、4・26全国ストライキ闘争から巨大なうねりが始まっています。私の職場でも自分の想像を超えた闘いが起こり、全国的な労働者階級の決起を実感しています。
 私は4・26を組合の執行委員として迎えました。ストライキ指令が各単組役員まで伝わったのは26日直前で、時間がなく組合としての取り組みが決まらない中で、私は青年女性部役員に7・8%賃下げ反対のビラ配りを提起しました。
 提起するまでは「みんな面倒くさがって嫌な顔するかな?」と思っていましたが、みんなの反応は「前の賃下げの時も朝ビラをまいたよ。朝まいて終わりではなく、受け取れなかった人にも渡るように全員に配布しよう」など、役員全員が賛成してくれました。組合の執行委員長にも提起して賛同を受け、当日はほとんどの執行委員と青年女性部役員がチラシまきに決起しました。
 その後の5月の統一行動では若い人を中心に学習会を行い、7月実施を福島県全体の闘いで延期させてきました。
 8月に入り、ついに当局から組合執行部に給与削減の提案がされました。説明の後で質問・意見表明の場があり、執行委員からは質問がいろいろ出ました。しかし「反対」という明確な意見はなく、最後の方に私だけが「入って間もない若い人は、1人暮らしだとかつかつで、残業代をもらってやっと生活を成り立たせています。子育て世代でも共働きじゃないと生活できません。そんな状況の中で私は、今回の削減を納得して同意することはできません」と意見を言いました。その場は委員長が「組合員の意見を集約して後日回答する」と当局に言って終了しました。
 その後すぐ組合事務所に場所を移し臨時執行委員会が開催されました。提案前の執行委員の雰囲気は「提案されたら受けるしかない」という感じでした。しかしその執行委員会では、多くの執行委員が「組合として今回の提案に同意することはできない」「どうせ同意しなくたって強行される。組合員は誰も同意してないのに執行委員が同意できないだろう」という意見でした。私は執行委員長に「あの場で『反対』と言ったのは加藤君だけだった。すまなかった」と言われました。
 しかし1週間後に開かれた全体集会での組合4役の説明は、前の会議がなかったかのような正反対のものになっていました。「反対して押し切られる前例をつくると今後当局に相手にされなくなる」「まわりの自治体が受け入れているのにうちだけ反対はできない」「組合としては反対だが今回の対応については執行部に一任してほしい」と提起され、参加した組合員に絶望を与え承認されました。私は職場の仲間に絶対反対の方針になると説明しており、驚きと失望と体制内路線への怒りでいっぱいでした。
 その後の執行委員会では当局への提出文が提示され「組合としては受け入れられない。しかし情勢を見ると削減の対応に理解を示す」というような内容で、賛成多数で当局へ提出されました。
 4・26以降の行動は、今までの組合のあり方を変化させたと思います。自治体労働者の労働条件は毎年のように切り下げられています。組合員の我慢もすでに限界のところにきています。
 今回の闘いで示されたのは、労使協力路線がすでに破綻しており、執行部が組合員に依拠し階級的団結を固めて闘えば、想像を超える闘いが巻き起こるということだと思います。
 この地平から福島の地で労働者階級に依拠した自治体労働者の階級的な闘いを、青年労働者を軸にかちとっていきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。