闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23640→12955→6953 

23640→12955→6953ってなんでしょうか?

北海道で働く国鉄(JR)職員の人数の変動です。

1986年11月  北海道の国鉄職員は2万3640人
1987年4月1日 JR北海道発足時1万2955人
2013年現在   JR北海道の社員6953人


 1987年4月1日のJR北海道発足の時、国鉄分割・民営化に反対した国労や全動労の組合員4700人がJR不採用となり、国鉄清算事業団雇用対策支所(現代の追い出し部屋)に送られました。
 1990年、国鉄清算事業団から解雇された1047名のうち、453人の国労闘争団員と64人の全動労争議団員が北海道です。

 保線など、現場を熟知し、誇りを持って鉄道業務を行ってきた労働者が大量に首を切られたのが国鉄分割・民営化です。
 JR北海道だけでの経営など成り立つはずもなく、JR北海道発足後も大量の人員削減や外注化によって、安全は完全に崩壊しました。
 これに協力してきたのが、国鉄分割・民営化の先兵となったファシスト労働組合=JR総連です。

 闘いなくして安全なし! 労働組合が闘ってこそ、鉄道の安全は守られます。
 国鉄分割・民営化が破たんし、JR体制の崩壊が明らかになった今こそ、闘う労働組合を甦らせることにすべてがかかっています。
 闘う労働組合を全国の職場でつくりだすために、11・3全国労働者総決起集会に大結集しよう!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。