闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪瀬直樹が徳洲会から5000万円の「お・も・て・な・し」

 東京都知事である猪瀬直樹が、知事選前の昨年11月、公職選挙法違反事件で東京地検特捜部の捜査を受けている医療法人「徳洲会」グループから現金5千万円を受け取っていたことが明らかになった。猪瀬は昨年11月に、新右翼団体「一水会」代表の木村とともに、徳洲会グループ創始者の徳田虎雄を訪ねて一億円の資金提供を要請し、徳田毅衆院議員が「とりあえず5000万円」として、猪瀬に渡したという。
 しかし、都知事選後に公表された猪瀬の選挙運動費用収支報告書には、一切記載がなかった。
 何のための金か?
 仮に、選挙運動費用として資金提供を受けていた場合、公職選挙法に基づく選挙運動費用収支報告書の虚偽記載にあたる。
 猪瀬は、「個人として借りた」などと言い逃れしようとしている。しかし、5000万円をあわてて返済したのは、徳洲会グループが今年9月17日に公職選挙法違反容疑で特捜部などの強制捜査を受けた直後である。
 5000万円もの大金が動いていることは、何らかの利益誘導が行われているだろう。
 昨日の猪瀬の記者会見は、完全にグラグラ状態。東京オリンピックを誘致した東京都知事が金にまみれた実に汚い奴だったことは完全に明らかになった。東京オリンピック誘致も相当な大金が動いているのは間違いない。まさに、日本帝国主義の破滅的事態、新自由主義の崩壊、資本家には支配能力がないことを示している。
 猪瀬よ! 「徳洲会から5000万円の『お・も・て・な・し』を受けました」ではすまないぞ!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。