闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11・3労働者集会の発言⑱ 元国労釧路闘争団・横田厚さん

11・3労働者集会の発言⑱

 元国労釧路闘争団・横田厚さん

 JR北海道は石勝線での特急列車トンネル内火災事故以来、爆発的に事故が連続しています。JR北海道はどんな計画を立てても黒字にはならないので、必然的に経費を節減するわけです。民営形態でJR北海道は成り立たないのです。
 安全は当局を追及し闘うことによってしか守られません。労働組合の使命は、闘争を背景に安全を追求することです。しかしマスコミは「安全は使用者も労働者もない」と本質を隠しています。
 JR東日本から次長、課長級クラス10名ほどがJR北海道に派遣され、安全運行体制づくりに着手すると報じられました。マイナス20度の現場に入り、鼻水を垂らしながら雪かきをやってみるがいい。氷に覆われた列車を検査・修繕してみるがいい。それでもJR北海道は安全を確保し民営会社としてやっていけると言うなら、やってみるがいい。
 国鉄闘争全国運動に敬意を表し、地域で粘り強く闘い続ける決意です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。