闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12・18動労千葉総決起集会が行われました!

12・18動労千葉総決起集会
12・18動労千葉総決起集会が大結集でかちとられました。

 昨年10月1日に、車両の検査修繕業務や構内運転業務が千葉鉄道サービス(CTS)に外注化された以降も、動労千葉は外注化絶対反対で闘いぬいています。その中で、CTSのブラック企業としのて実態が次々と明らかになっています。
 一つは、JR東日本からCTSに発注された全般清掃について、実際には全般清掃が行われていない列車についても全般清掃を実施したとして、「完了」の印をおして報告されていることが明らかとなりました。しかも、全般清掃をやるべき列車の8割がやってもいないのに、全般清掃をやったことになっているというのです。やってもいない全般清掃をやったことにして、JRからの委託料をもらっているということは、完全な不正行為です。重要なことは、もしこれが車両の検査修繕業務でやられたらどうなるのか、ということです。車両の検査修繕業務について、やってもいないのに、やったことになったら、それこそ鉄道輸送の安全は崩壊し、事故に直結します。乗務員や乗客の命に係わる大問題です。CTSというブラック企業に、車両の検査修繕業務を外注化すること自体が間違っているのです。
 いまひとつは、CTSで清掃業務を行っていた動労千葉組合員のKさんが、過酷な勤務実態の中で、過労死した問題です。清掃業務では、一回の勤務で4~5万歩も歩いていることが明らかとなり、泊まり勤務は夕食をちゃんととる時間もありません。
 まさに、CTSは労働者には低賃金で過酷な労働を強制しながら、全般清掃をやっていなくてもやったことにして、金もうけしている極悪企業です。
 総決起集会では、JR東日本とCTSに対する激しい怒りが爆発し、ブラック企業=CTSをぶっ潰す決意が述べられました。
 また、JR貨物の年末手当が1・3ヶ月の超低額で、JR東日本(3・11か月分)との格差は広がるばかりです。JR貨物は、黒字決算するために、労働者の賃金を引き下げています。まさに、国鉄分割・民営化の大破綻の実態です。
 さらに、ライフサイクルによって、運転士が駅にたらいまわしにされていることについても、青年部長・北嶋君を来年2月1日に必ず奪還することを確認しました。
 動労千葉は、2014年をまたずに、2014年決戦体制に突入しました。動労千葉とともに闘う労働組合を職場からつくりだすために闘おう!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。