闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鈴木たつおさんを都知事に」弁護士3氏が推薦のお願い

私たちの友・鈴木たつおを都知事に!
推薦のお願い


 2014年1月13日

弁護士
葉山岳夫(第二東京弁護士会)
高山俊吉(東京弁護士会)
森川文人(第二東京弁護士会)

 取り急ぎ、私たちの友人弁護士、鈴木達夫さんのご推薦をお願いします。
 金権腐敗の都政を体現した猪瀬前知事は、すべての都民の怒りで打倒されました。今回の都知事選は、その根っこを絶ち切る闘いです。
 今や安倍政権は、秘密保護法制定強行をはじめ改憲と戦争に突き進んでいます。
 放射能汚染に苦しむ福島切り捨てと原発再稼働と輸出。民営化・外注化のうえに派遣法をさらに改悪して全労働者の非正規職化を企(たくら)み、過労死するまで働かなければ生きられない低賃金の「地獄」を強制しようとしています。大増税も目前です。
 そのうえで、オリンピックというのです。一体だれの利益になるのでしょうか。労働基準法が適用されない「特区」新設や地域高層化などで、都民とりわけ労働者と高齢者の日々の暮らしは押しつぶされます。そもそも、「原発事故はコントロール」「汚染水は完全にブロック」の大うそに立った招致決定なのです。
 私たちの共通の友人・鈴木達夫さん(第二東京弁護士会)は、刑事被告人の防御権・労働者の権利と戦争反対の課題に長年取り組んできた弁護士です。今回の都知事選立候補者の政策と顔ぶれを見つつ、「99%」の都民の生きる権利のため、日本の戦後史のこの分岐点に、NHKディレクターから反戦活動家そして弁護士にとこれまでの人生の一切を賭けて、彼が立候補の決意に至りました。
 鈴木たつおを都知事に! 生きる権利を鈴木たつおとともに! 多くのみなさんの推薦を心からお願いします。

 鈴木氏の略歴
1940年 東京生まれ
59年 東京都立新宿高校 卒業。東京大学理科Ⅰ類入学
64年 工学部土木工学科 都市計画コース卒業
 日本放送協会(NH 
 K)に番組制作担当デ ィレクターとして入局。長崎局に赴任
67年 日放労(NHK労 組)長崎分会委員長
68年 米原子力空母エン タープライズ佐世保寄港阻止闘争
 NHKの東京配転命令 に反対する百日間闘争の末、起訴され休職に
69年 全国反戦青年委員 会代表世話人(※1)
82年 15年間の裁判闘争 の末にNHKを解雇される
88年 司法試験合格
91年 弁護士登録(第二 東京弁護士会)

〈弁護士会での主な委員会活動〉
・日弁連刑事弁護センター委員
・第二東京弁護士会刑事弁護委員会委員長
・同会憲法委員会委員
・同会綱紀委員会委員

〈現在受任中の主な訴訟事件、弁護団〉
○国鉄千葉動力車労働組合顧問弁護団(※2)
・動労総連合・強制出向無効確認訴訟
・対国鉄労組(国労)組合員資格確認訴訟
・東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会・地位確認訴訟
○法政大学学生弾圧裁判弁護団(※3)
○星野文昭さん再審弁護団(※4)

〈運動団体〉
○「憲法と人権の日弁連をめざす会」事務局(※5)
○「すべての原発いますぐなくそう!全国会議(な全)」呼びかけ人(※6)
○「国鉄分割・民営化に反対し、1047名の解雇撤回闘争を支援する全国運動(国鉄闘争全国運動)」呼びかけ人(※7)

(※1)反戦青年委員会
 青年労働者の組織。1965年にベトナム戦争反対と日韓条約批准阻止を掲げて結成され、全学連とともに70年安保闘争の中心勢力であった。最盛時には全国に約500の県反戦・地区反戦組織が存在した。

(※2)国鉄千葉動力車労働組合(動労千葉)
JR東日本千葉支社の運転士や検査・修繕部門の労働者を中心にした労働組合。1960~70年代の反合理化闘争を先頭で闘い、動労本部による暴力的抑圧に抗するたたかいを経て、79年に分離・独立。85~86年、国鉄分割・民営化に労働組合の中で唯一絶対反対を掲げて2度のストライキに決起、大量解雇者を出しながら職場拠点を維持し、JR体制下での合理化・外注化と対決して解雇撤回闘争を続けている。解雇撤回・JR復帰を求める訴訟では12年6・29 東京地裁判決、13年9・25東京高裁判決で、国鉄分割・民営化時に重大な不当労働行為が行われた事実を認めさせた。

(※3)法政大学学生弾圧裁判 警察と法政大当局による2006年3月14日以来延べ125人の不当逮捕、33人の起訴と退学・無期停学を含む13人の不当処分という学生弾圧に抗して法大生による大学解放運動が広がり、戦前治安維持法とともに猛威をふるった暴力行為等処罰法弾圧に対する裁判闘争や処分撤回訴訟が続けられている。

(※4)星野文昭さん再審 1971年11月14日の安保沖縄・渋谷闘争時の機動隊員「殺害実行犯」としてデッチあげられ、無実の無期懲役囚としてすでに39年獄中にある。再審のたたかいが進められ、検察が隠し持つ全証拠開示の運動が広がっている。

(※5)憲法と人権の日弁連をめざす会(めざす会) 1999年10月、弁護士有志によって結成された。「司法改革」の名による刑事司法と弁護士制度の改悪に反対し、改憲による人権侵害と戦争国家への道を阻止することを目的として活動を続けている。2008年2月の日弁連会長選では「司法改革」を推進する候補者の9400票に対し7000票(得票率43%)にまで迫った。また、2009年5月に施行されたものの辞退者が8割に達し大破産している裁判員制度の廃止を求めている。

(※6)すべての原発いますぐなくそう!全国会議(な全) 2011年3・11福島第一原発事故後、原発再稼働に反対し全原発の即時廃炉を求めて、同年8月5日に広島で旗揚げ。福島、長崎、福岡、京都、新潟、青森、大阪はじめ全国各地で結成が続いている。

(※7)国鉄分割・民営化に反対し、1047名の解雇撤回闘争を支援する全国運動(国鉄闘争全国運動) 2010年4月9日、政府・与野党、国労や建交労などによる政治和解(4・9政治和解)によって国鉄1047名解雇撤回闘争の闘争終結が図られたことに反対して、「国鉄闘争の火を消すな」を合言葉に動労千葉を中心に同年6月に結成された。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。