闘う労働運動を職場からつくりだそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島からの訴え!(74)

※3・11反原発福島行動14の発言から

福島大学の学生

 福島大学で原発反対を叫ぶことは容易なことではありません。これまでに何度か教授から呼び出しを受け、「過激派団体と付き合うのをやめろ」と言われました。大学から両親へ「過激派とのつながりを切るように説得してほしい」という連絡をしてきたこともありました。福大当局や教授は、口では「原発反対」を語りながらも、学生が主体的に原発反対を訴え行動することを阻止したいと思っているのです。
 福大当局は反原発の企画のための教室貸し出しの申請をすべて不許可にし、「反原発をかたった過激派団体の勧誘に注意」という看板を大学構内に設置しました。副学長も務めた清水修二が学生弾圧に積極的に加担してきました。彼は現在、県民健康管理調査検討委員会の副座長として放射能の安全キャンペーンを進めています。大学教授が学生を弾圧し、国の原発推進政策に加担することは本当に許せません。
 学生が団結して立ち上がり、大学を変えていくために闘うことが求められています。一人ひとりの力は小さくても、それは団結することでとても大きなものになります。「大学の主人公は学生だ。学生は当局や教授の言いなりではない」と信じ、大学と社会を変えるために闘いましょう。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
動労千葉を支援する会・習志野  国鉄分割・民営化で解雇された動労千葉組合員の解雇撤回をかちとるために、2010年9月、千葉県習志野市で働く公務員労働者を中心に結成。①動労千葉争議団を支援するための物資販売、②宮城や福島などの被災地支援、③職場で労働者が胸を張って働けるように闘っています。          職場新聞『風雲』を発行。

dcnarashino

Author:dcnarashino

連絡先
意見、質問、賛同、批判、内部告発、連絡を取りたい方などのメールをお待ちしています。 dcnarashino@yahoo.co.jp
最新記事
月別アーカイブ
お知らせ
カテゴリ
リンク
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。